今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックを受付中

フェブラリーステークスから宝塚記念までの
G1レース12戦と地方交流G1レース数戦の配信になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率215.8%

2013年の7月28日から今年の2月19日まで
42ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.2%


2月19日
東京11R 勝負レース フェブラリーステークス 3連複2140円
調教抜群鉄板軸馬ベストウォーリアが2着
デキ落ちの“危険馬”ノンコノユメ、サウンドトゥルーは“完全消し”

東京9R ヒヤシンスステークス 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬エピカリスが1着
デキ落ちの“危険馬”モンサンレガーメは“完全消し”

2月18日
東京11R 勝負レース ダイヤモンドステークス 3連複1870円
調教抜群鉄板軸馬カフジプリンスが3着
事前公開の“激アツ馬”ラブラドライトが2着

2月11日
東京11R 勝負レース クイーンカップ 3連複1170円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤミヤビが1着

東京9R テレビ山梨杯 3連複2410円
調教抜群鉄板軸馬バンゴールが1着

2月4日
東京11R 初音ステークス 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ミエノサクシードが3着

東京10R 箱根特別 3連複1270円
調教抜群鉄板軸馬ステイブラビッシモが3着

京都10R エルフィンステークス 3連複790円
調教抜群鉄板軸馬サロニカが1着


今週は勝負レース重賞のダイヤモンドステークス、
フェブラリーステークスは取れたが京都牝馬ステークスは僅差で外し、
小倉大賞典は何の見せ場もなく外してしまいました。

土曜日の京都牝馬ステークスは的中させたかったです。
鉄板軸馬レッツゴードンキが突き抜けて、
事前公開していた軸候補のワンスインナムーンが2着だったが、
事前公開の“激アツ馬”エスティタートが競り負けて4着になってしまい、
スナッチマインドは買い目から切っていたので紐抜けになりました。
勢いはエスティタートの方が一番あり3着ならば、
3連複31720円が的中していたので悔しい結果になってしまいました。

来週はNHKマイルカップの前哨戦のアーリントンカップ、
高松宮記念の重要なステップレースの阪急杯、
新設されたG1大阪杯を占う重要な前哨戦の中山記念です。

アーリントンカップはNHKマイルカップの重要な前哨戦です。

ミッキーアイル、コパノリチャード、ジャスタウェイがこのレースを勝ち、
その後に飛躍したのでNHKマイルカップのトライアルではないが、
3歳の登竜門的なレースです。

今年の3歳牡馬クラシックは素質が高い馬が多くいるが、
マイル路線は混沌としていて抜けた馬がいません。

シンザン記念、きさらぎ賞が2レースとも道悪の馬場になり、
着順から力関係を見抜くのは不可能なので、
アーリントンカップ、ニュージーランドトロフィーが終わらないと、
マイル路線の力関係が見えてきません。

ペルシアンナイト、キョウヘイ、ディバインコードの実績が上位だが、
飛び抜けた存在ではなく出走馬に大きな差はないので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

阪急杯は高松宮記念の重要なステップレースだが、
今年はシュウジ以外は低調なメンツになりました。

高松宮記念は必ず阪急杯の出走組が結果をだしているので、
G1実績馬が毎年多く出走するが今年はG1馬がいません。

最近の重賞で結果をだしているのはシュウジしかいなくて、
少頭数になりそうなので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見極めて勝負しましょう。

中山記念はG1に昇格した大阪杯、ドバイを目標にしている、
一線級の中距離馬が揃いアツイ戦いになりそうです。

リアルスティール、アンビシャスは昨年も出走して、
ドゥラメンテに負けてしまったが3着、2着と好走しました。

天敵のドゥラメンテがいないので今年は有力だが、
牝馬だが強烈な末脚があるヴィブロス、ヌーヴォレコルト、
徐々に力をつけてきたツクバアズマオー、ネオリアリズムなど、
骨っぽいメンツが揃ったのでリアルスティール、アンビシャスの2強が、
取りこぼすケースが十分ありえます。

ほとんどが目標が先にあり余裕残しで出走してくるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

アーリントンカップの有力馬の調教分析はヴゼットジョリー、キョウヘイ、
ジョーストリクトリ、ディバインコード、レッドアンシェルの5頭

阪急杯の有力馬の調教分析はヒルノデイバロー、ブラヴィッシモ、
ミッキーラブソング、ムーンクレスト、ロサギガンティアの5頭

中山記念の有力馬の調教分析はアンビシャス、ヴィブロス、
ツクバアズマオー、ヌーヴォレコルト、ネオリアリズム、ロゴタイプの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月19日の23時以降に確認して下さい。

アーリントンカップ、阪急杯、中山記念の有力馬の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月23日の18時になります。

アーリントンカップの有力馬ペルシアンナイト、
阪急杯の有力馬シュウジ、
中山記念の有力馬リアルスティールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックを受付中

フェブラリーステークスから宝塚記念までの
G1レース12戦と地方交流G1レース数戦の配信になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レースの成績 回収率255.5%

2013年の7月28日から今年の2月12日まで
42ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.5%


2月11日
東京11R 勝負レース クイーンカップ 3連複1170円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤミヤビが1着

東京9R テレビ山梨杯 3連複2410円
調教抜群鉄板軸馬バンゴールが1着

2月4日
東京11R 初音ステークス 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ミエノサクシードが3着

東京10R 箱根特別 3連複1270円
調教抜群鉄板軸馬ステイブラビッシモが3着

京都10R エルフィンステークス 3連複790円
調教抜群鉄板軸馬サロニカが1着

1月28日
中京12R 鞍ヶ池特別 3連複2200円
調教抜群鉄板軸馬オンザロックスが1着

1月21日
京都12R 3連複8250円
調教抜群鉄板軸馬ティーエスクライが3着

中京12R 西尾特別 3連複3170円
調教抜群鉄板軸馬アオイプリンセスが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”3番人気カマクラは“完全消し”


春のG1レースパックを受付中

フェブラリーステークスから宝塚記念までの
G1レース12戦と地方交流G1レース数戦の配信になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


土曜日はクイーンカップの的中を含めて2レースの的中だったが、
日曜日の共同通信杯は紐抜けで東京10Rは“激アツ馬”が走ったが縦目になり、
的中を逃してしまいました。

来週はヴィクトリアマイル、高松宮記念の前哨戦の京都牝馬ステークス、
春天皇賞を目標にしているステイヤーが激突するダイヤモンドステークス、
冬の小倉の名物レースの小倉大賞典、
今年のJRAのG1レース初戦のフェブラリーステークスです。

G1レースがある週に4レースも重賞をやるのは勘弁して欲しいが、
一切の手抜きをしないで有力馬の調教分析をやります。

京都牝馬ステークスは昨年から開催時期が2月3週目に変更され、
京都1600mから1400mに距離が短縮されました。

来週に同じ1400mの阪急杯があるがシュウジ、
3月4日のオーシャンステークスにメラグラーナ、ネロが出走予定で、
高松宮記念のステップレースに一線級の牡馬の出走が多いので、
京都牝馬ステークスを1400mに距離短縮した事は大正解です。

今年はフレッシュな上り馬が多いメンツになったので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

ダイヤモンドステークスは昨年のステイヤーズステークスの上位組に、
2年前、3年前の覇者で昨年も2着のフェイムゲーム、
フレッシュな4歳のカフジプリンスが激突します。

3000m以上で崩れたのは春天皇賞だけのアルバートが人気になるが、
ハンデは57.5k以上が確実でたぶん58kになりそうで、
馬体重が470k前後で大きい馬ではないので相手より斤量との戦いになりそうです。

アルバートで鉄板と見ていない横一線のメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

小倉大賞典は今年で51回目になる冬の小倉の名物レースです。

登録馬が発表されていないがマイネルハニー、フルーキー、ベルーフ、
ストロングタイタン、クラリティスカイ、マルターズアポジーが出走予定です。

ハナに行きたい馬や先行馬が多く一筋縄ではいかないメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

今年のフェブラリーステークスは混戦のメンツになりました。

実績の最上位のサウンドトゥルーは川崎記念で同斤量の57kだったのに、
オープン勝ちがないオールブラッシュに3馬身も遅れて負けてしまい、
東京大賞典でも初のナイター競馬だったアポロケンタッキーに負けてしまい、
昨年の最優秀ダート馬らしくない競馬が続いています。

実力馬のノンコノユメ、コパノリッキーもサウンドトゥルーと同じで、
結果がだせず不調が続いているので根岸ステークスを快勝したカフジテイク、
昨年の覇者のモーニンが押しだされて人気になりそうです。

カフジテイクはダート1600mの出走が昨年の武蔵野ステークスしかないが、
前が有利な流れで追い込んで3着に上がったのでベストは1400mだが、
前走の内容を見ると1600mでも大丈夫でしょう。

しかし、前走で癖を掴んだ福永騎手が落馬で乗れなくなり、
乗り替わるのはマイナスで最近のフェブラリーステークスは、
昔のようなハイペースになる事が少なく先行有利な展開なので、
追い込み脚質の人気を信用する事はできません。

昨年の勝ち馬モーニンも最近の成績が悪く休み明けのぶっつけで、
実力馬がすべて近走が不振でデキ一つで着順が替わるくらいのメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

京都牝馬ステークスの有力馬の調教分析はウリウリ、ナックビーナス、
ムーンエクスプレス、レッツゴードンキ、ワンスインナムーンの5頭

ダイヤモンドステークスの有力馬の調教分析はカフジプリンス、ジャングルクルーズ、
ファタモルガーナ、フェイムゲーム、プレストウィックの5頭

小倉大賞典の有力馬の調教分析はクラリティスカイ、、ストロングタイタン、
パドルウィール、フルーキー、ベルーフ、マルターズアポジーの6頭

フェブラリーステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、カフジテイク、
ゴールドドリーム、サウンドトゥルー、ノンコノユメ、ベストウォーリア、モーニンの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月12日の23時以降に確認して下さい。

京都牝馬ステークス、ダイヤモンドステークス、小倉大賞典、
フェブラリーステークスの有力馬の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月16日の18時になります。

京都牝馬ステークスの有力馬アルビアーノ、
ダイヤモンドステークスの有力馬アルバート、
小倉大賞典の有力馬マイネルハニー、
フェブラリーステークスの有力馬コパノリッキーの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックの早割りを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念までG1レース12戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

早割りの受け付けは2月5日から2月10日までになり、
2月13日以降の料金は通常になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レースの成績 回収率296.4%

2013年の7月28日から今年の2月5日まで
42ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.9%


2月4日
東京11R 初音ステークス 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ミエノサクシードが3着

東京10R 箱根特別 3連複1270円
調教抜群鉄板軸馬ステイブラビッシモが3着

京都10R エルフィンステークス 3連複790円
調教抜群鉄板軸馬サロニカが1着

1月28日
中京12R 鞍ヶ池特別 3連複2200円
調教抜群鉄板軸馬オンザロックスが1着

1月21日
京都12R 3連複8250円
調教抜群鉄板軸馬ティーエスクライが3着

中京12R 西尾特別 3連複3170円
調教抜群鉄板軸馬アオイプリンセスが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”3番人気カマクラは“完全消し”

1月17日
京都11R 勝負レース 日経新春杯 3連複1330円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーロケットが1着
事前公開の“危険な人気馬”レッドエルディストは“完全消し”

1月14日
中京11R 勝負レース 愛知杯 3連複20920円
調教抜群鉄板軸馬クインズミラーグロが3着
事前公開の“激アツ馬”10番人気サンソヴールが2着
事前公開の“危険な人気馬”クリノラホールは“完全消し”


今週は土曜日は3戦全勝だったが日曜日はダメダメで
東京10Rで最低人気が1着にきて紐抜けになり、
勝負レースのきさらぎ賞では軸馬スズカメジャーが、
スタート後すぐに落馬してしまう散々な目に遭ってしまいました。

春のG1レースパックの早割りを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念までG1レース12戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

早割りの受け付けは2月5日から2月10日までになり、
2月13日以降の料金は通常になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み

来週は桜花賞の重要なステップレースのクイーンカップ、
伝統ある中距離重賞の京都記念、
3歳牡馬クラシックを占う重要なステップレースの共同通信杯です。

最近のクイーンカップは牝馬クラシックの登竜門になっています。

最近ではメジャーエンブレムが2着に5馬身差をつけ圧勝して、
桜花賞は4着に負けてしまったがNHKマイルカップを勝ち、
2着だったがミッキークイーンはオークス、秋華賞を勝って2冠馬になりました。

その他にもヴィルシーナ、ホエールキャプチャもこのレースで結果をだし、
その後に大活躍しているのでトライアルレースではないが、
今年の牝馬クラシックを占う重要な重賞なのです。

昨年のメジャーエンブレムのような飛び抜けた人気馬はいないが、
レーヌミノル、フローレスマジック、アドマイヤミヤビ、アエロリット、
ハナレイムーンなどクラシック路線に入ってくる素質が高い馬が出走します。

レーヌミノル、フローレスマジック、アエロリットは、
持ち賞金があり桜花賞の出走は確定していているが、
アドマイヤミヤビは今のままでは抽選待ちになる可能性が濃厚で、
ハナレイムーン、シンボリバーグは1勝馬なので、
このレースの出走の抽選を突破して賞金も加算する必要があり、
有力馬の中で厳しい立場です。

今年は例年より出走馬のレベルが高いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

京都記念は今年で110回目になる伝統ある重賞です。

昨年の京都記念の出走馬のレベルは低かったが、
2年前は負けてしまったがハープスター、キズナが出走して、
3年前も負けてしまったがジェンティルドンナが出走して盛り上がったが、
今年は超大物のダービー馬マカヒキが出走します。

ダービーで負かしたサトノダイヤモンドが菊花賞、有馬記念を勝ち、
マカヒキの存在が薄くなったのでムーア騎手に騎乗を依頼したのだろうが、
2月に短期免許で海外の一流騎手が来日するのは異例です。

春の目標は大阪杯、宝塚記念なので京都記念は余裕残しだろうが、
ムーア騎手に頼んでいるくらいなのでそこそこのデキで出走するでしょう。

絶対能力の高さで80%くらいのデキでもマカヒキが勝ちそうだが、
ハープスター、キズナ、ジェンティルドンナが馬券圏内から外れたので、
マカヒキで大丈夫という先入観を排除して、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

共同通信杯は牡馬クラシック路線を占う重要なステップレースです。

以前の共同通信杯は単なる3歳重賞だったが2012年から重要性が増して、
2012年の1着ゴールドシップ、2着ディープブリランテ、
2014年の1着イスラボニータが同年のクラシックを制して、
2015年の1着リアルスティールは皐月賞、菊花賞で2着、
2着ドゥラメンテは皐月賞、ダービーを勝ち2冠馬になり、
昨年の1着ディーマジェスティが皐月賞を勝ったので、
共同通信杯の存在意義が年々高くなりました。

今年の共同通信杯にもスワーヴリチャード、ムーヴザワールド、
エアウィンザーなど底を見せていない好素質馬が出走します。

現在はレイデオロ、サトノアレスがクラシックの有力候補だが、
最近の流れだとここで結果をだせばクラシック路線で活躍するのは確実です。

スワーヴリチャード、ムーヴザワールドの能力が抜けているが、
他にも好素質馬がいるので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけて勝負しましょう。

クイーンカップの有力馬の調教分析はアエロリット、アドマイヤミヤビ、
シンボリバーグ、スズカゼ、ハナレイムーン、フローレスマジックの6頭、

京都記念の有力馬の調教分析はガリバルディ、サトノクラウン、
スマートレイアー、ミッキーロケット、ヤマカツライデンの5頭、

共同通信杯の有力馬の調教分析はアサギリジョー、エアウィンザー、
エトルディーニュ、タイセイスターリー、チャロネグロ、ムーヴザワールドの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月5日の23時以降に確認して下さい。

クイーンカップ、京都記念、共同通信杯の有力馬の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月9日の18時になります。

クイーンカップの有力馬レーヌミノル、
京都記念の有力馬マカヒキ、
共同通信杯の有力馬スワーヴリチャードの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レースの成績 回収率341.3%

2013年の7月28日から今年の1月29日まで
42ヶ月間の勝負レースの成績 回収率111.2%


1月28日
中京12R 鞍ヶ池特別 3連複2200円
調教抜群鉄板軸馬オンザロックスが1着

1月21日
京都12R 3連複8250円
調教抜群鉄板軸馬ティーエスクライが3着

中京12R 西尾特別 3連複3170円
調教抜群鉄板軸馬アオイプリンセスが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”3番人気カマクラは“完全消し”

1月17日
京都11R 勝負レース 日経新春杯 3連複1330円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーロケットが1着
事前公開の“危険な人気馬”レッドエルディストは“完全消し”

1月14日
中京11R 勝負レース 愛知杯 3連複20920円
調教抜群鉄板軸馬クインズミラーグロが3着
事前公開の“激アツ馬”10番人気サンソヴールが2着
事前公開の“危険な人気馬”クリノラホールは“完全消し”

1月8日
中山11R 勝負レース フェアリーステークス 3連複34060円
調教抜群鉄板軸馬アエロリットが2着

中山10R サンライズステークス 3連複2890円
調教抜群鉄板軸馬ワンスインナムーンが1着
デキ落ちのアルマエルナトは“完全消し”


今週は勝負レースのシルクロードステークス、根岸ステークスを外し、
土曜日の中京12Rの的中だけになってしまいました。

来週は3歳クラシックの登竜門的なレースのきさらぎ賞、
安田記念を目指すマイラーが集結した東京新聞杯です。

きさらぎ賞はトライアルレースではないが、
今年のクラシックを占う重要なステップレースです。

昨年の勝ち馬サトノダイヤモンドは最優秀3歳牡馬に選出され、
2015年の勝ち馬ルージュバックはオークスで2着、
2012年の勝ち馬ワールドエースは皐月賞で2着になり、
ルージュバックは牝馬だが春のクラシック路線で結果をだしています。

今年の牡馬クラシックはマカヒキ、サトノダイヤモンドがいた昨年より劣るが、
レイデオロ、サトノアレスを筆頭に第2グループの層が厚く、
その第2グループの中にいるサトノアーサーがきさらぎ賞に出走します。

来週の共同通信杯に同じ第2グループにいるスワーヴリチャード、
ムーヴザワールド、タイセイスターリー、エアウィンザーが出走する予定だが、
きさらぎ賞でサトノアーサーが圧勝すればクラシック有力候補に浮上するでしょう。

しかし、サトノアーサーが戦ってきた相手がかなり弱く、
ダンビュライト、プラチナヴォイス、スズカメジャーといった、
骨っぽいメンツが揃ったのでサトノアーサーで鉄板と決めつけず、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

東京新聞杯は安田記念を目標にしているマイラーが揃いました。

東京新聞杯の次のマイル重賞が4月1日のダービー卿までないので、
多くのマイラーが登録してくると思っていたが14頭の登録しかなく、
フルゲート割れになりました。

京都金杯を勝ったエアスピネル、2着のブラックスピネル、
重賞を3勝しているヤングマンパワー、
オープン特別を連勝して勢いがでてきたマイネルアウラート、
まだ底を見せていないロイカバード、プロディガルサンが激突するので、
登録頭数は少ないが出走馬のレベルはそこそこ高いです。

実力馬、上り馬が激突するアツイ戦いになるので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見極めて勝負しましょう。

きさらぎ賞の有力馬の調教分析はアメリカズカップ、スズカメジャー、
タガノアシュラ、ダンビュライト、プラチナヴォイスの5頭

東京新聞杯の有力馬の調教分析はダッシングブレイズ、ブラックスピネル、
ブラックムーン、マイネルアウラート、ヤングマンパワー、ロイカバードの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月29日の23時以降に確認して下さい。

きさらぎ賞、東京新聞杯の有力馬の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月2日の18時になります。

きさらぎ賞の有力馬サトノアーサー、
東京新聞杯の有力馬エアスピネルの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レースの成績 回収率417.1%

2013年の7月28日から今年の1月22日まで
42ヶ月間の勝負レースの成績 回収率111.7%


1月21日
京都12R 3連複8250円
調教抜群鉄板軸馬ティーエスクライが3着

中京12R 西尾特別 3連複3170円
調教抜群鉄板軸馬アオイプリンセスが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”3番人気カマクラは“完全消し”

1月17日
京都11R 勝負レース 日経新春杯 3連複1330円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーロケットが1着
事前公開の“危険な人気馬”レッドエルディストは“完全消し”

1月14日
中京11R 勝負レース 愛知杯 3連複20920円
調教抜群鉄板軸馬クインズミラーグロが3着
事前公開の“激アツ馬”10番人気サンソヴールが2着
事前公開の“危険な人気馬”クリノラホールは“完全消し”

1月8日
中山11R 勝負レース フェアリーステークス 3連複34060円
調教抜群鉄板軸馬アエロリットが2着

中山10R サンライズステークス 3連複2890円
調教抜群鉄板軸馬ワンスインナムーンが1着
デキ落ちのアルマエルナトは“完全消し”

12月25日
中山9R 勝負レース ホープフルステークス 3連複3600円
調教抜群鉄板軸馬レイデオロが1着
事前公開の“激アツ馬”マイネルスフェーンが2着


土曜日に3連複8250円、3170円を的中させ、
トータルではプラス回収率だったが東海ステークス、AJCCを、
紐抜けで外してしまったので勝った気分がしません。

東海ステークスが痛恨で鉄板軸馬グレンツェントが楽に抜けだし、
2着モルトベーネは直前の調教が良く2頭目の相手に入れていました。

ここまでは完璧だったが問題は大外から最速上りで追い込んできた、
カゼノコが惜しくも届かず5着だった事でカゼノコは、
会員様に事前公開した“激アツ馬”でもし3着になり馬券対象になれば、
3連複163940円の16万馬券が的中できていたのです。


ゴール線がもう少し先にあればカゼノコは3着だったので、
3着との差はハナ、クビの僅差だったが大きな差になってしまいました。

久しぶりの大きな配当の的中が目の前まできていたので悔しいが、
今年の勝負レース重賞の回収率は417.1%と高い数字で、
今は調教分析がしっかりできているので近々に大きな配当が取れるでしょう。

来週は高松宮記念のステップレースのシルクロードステークス、
フェブラリーステークスのステップレースの根岸ステークスです。

シルクロードステークスは高松宮記念の重要な前哨戦だが、
今年は低レベルのメンツになりました。

2011年~2014年までシルクロードステークスの連対馬が、
高松宮記念で必ず馬券圏内にきていたので重要な前哨戦だったが、
2015年、2016年はレベルが低くシルクロード組は通用しなくて、
今年も前2年と同等くらいの低レベルです。

ビッグアーサーは直行でミッキーアイル、シュウジは阪急杯、
メラグラーナはオーシャンステークスから高松宮記念なので、
シルクロードステークスで好走しても本番では伏兵扱いになるでしょう。

前走を圧勝したネロ、昨年の勝ち馬ダンスディレクター、
上り馬のセイウンコウセイ、ソルヴェイグ、ブランボヌールなどがいるが、
一長一短の横一線で大きな差はないので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

根岸ステークスはフェブラリーステークスの重要なステップレースです。

今週に同じ前哨戦の東海ステークスがありグレンツェントが勝ち、
フェブラリーステークスの有力馬に浮上しました。

根岸ステークスにもフェブラリーステークスで人気になりそうな、
ベストウォーリア、ノボバカラといった強豪がいて、
まだ底を見せていない4歳のベストマッチョ、
初のG1だったチャンピオンズカップで好走したカフジテイク、
急激に力をつけてきたニシケンモノノフなどが出走するので、
アツイ戦いになるでしょう。

東海ステークスと同じで優先出走権や賞金を加算して、
フェブラリーステークスに出走したい馬と叩き台の馬が混在しているので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

シルクロードステークスの有力馬の調教分析はセイウンコウセイ、セカンドテーブル、
ソルヴェイグ、ネロ、ブランボヌール、ローレルベローチェの6頭

根岸ステークスの有力馬の調教分析はカフジテイク、コーリンベリー、
タールタン、ニシケンモノノフ、ノボバカラ、ベストマッチョの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月22日の23時以降に確認して下さい。

シルクロードステークス、根岸ステークスの有力馬の危険な人気馬、激アツ馬の、
事前公開は1月26日の18時になります。

シルクロードステークスの有力馬ダンスディレクター、
根岸ステークスの有力馬ベストウォーリアの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
プロフィール

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR