今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の9月14日までの
13ヶ月間の勝負レースの成績 回収率139.6%


9月14日
新潟12R 3連複36000円
調教抜群鉄板軸馬がコスモエルデストが1着
相手筆頭の“激アツ馬”10番人気エスユーハリケーンが2着
デキが良く相手2頭目の11番人気ケルシャンスが3着

9月6日
小倉12R 3連複990円
調教抜群鉄板軸馬エーシンエポナが3着

8月31日
新潟11R 勝負レース 新潟2歳ステークス 3連複4780円
調教抜群鉄板軸馬ミュゼスルタンが1着
事前公開の“激アツ馬”ニシノラッシュが3着

札幌11R 勝負レース キーンランドカップ 3連複4610円
調教抜群鉄板軸馬ローブティサージュが1着
事前公開の“危険な人気馬”フォーエバーマークは“完全消し”

8月30日
小倉11R 釜山ステークス 3連複4710円
調教抜群鉄板軸馬がキングヒーローが1着

今週はセントウルステークスを直前の買い目変更で外してしまい、
京成杯オータムハンデは縦目になるという情けない結果になったが、
新潟12Rで相手筆頭の“激アツ馬”エスユーハリケーンが2着になり
3連複36000円を本線で的中させました。
相手2頭目だったケルシャンスが降着になる恐れがあったが、
そのままで確定してくれたので助かりました。

セントウルステークスは情けない提供をしてしまいスミマセンでした。
当初の軸はリトルゲルダだったが同じく軸候補だったマヤノリュウジンが、
馬体重を10kも絞ってきたので馬体重発表後に、
軸をリトルゲルダからマヤノリュウジンに替えてしまいました。
結果はご存知の通りでリトルゲルダが1着でマヤノリュウジンは5着でした。
軸候補はこの2頭しかいなかったのに裏目を引いてしまいました。
マヤノリュウジンは内枠だったので前に行って直線半ばで外にだし、
差してくる展開を想定していたがまさかの最後方でした。
極端な脚質転換をしたのでもう前に行けなくなったのでしょう。
買い目を直前に変更して外してしまいスミマセンでした。

京成杯オータムハンデは悔しい結果になりました。
事前公開していた“激アツ馬”ミトラが3着にきて、
同じくデキが良く2頭目の相手にしたブレイズアトレイルが2着だったが、
軸馬サトノギャラントが5着だったので縦目になってしまいました。
レース後に北村騎手が最初から内に入れる事は考えていたと言っているが、
馬場がかなり荒れてどの馬も内を開けて走っているのに、
北村騎手はなぜ最内という選択をしたのか理解できません。
普段通りに勝負所で外にだす競馬をして欲しかったです。

来週は秋華賞トライアルのローズステークス、
菊花賞トライアルのセントライト記念です。
クラシックのトライアルが始まるとアッという間に有馬記念なので、
より一層気を引き締めて予想していく所存でいます。

ローズステークスは好メンツが揃いました。
今年のオークス馬ヌーヴォレコルト、牝馬相手ならば確実に上位にくるレッドリヴェール、
オークスは馬体重減が響いて凡走したが能力上位のサングレアルが、
故障なく夏を過ごして激突するのでアツイ戦いになるでしょう。
ローズステークスに出走してきた春の実績馬は好成績をだしているが、
過去5年中の4年で夏場を使われ力をつけてきた馬が、
馬券の対象になっているのでアドマイヤアロマ、アドマイヤシーマ、
ヒルノマテーラ、リラヴァティ、レッドオリヴィアなどの、
春のクラシック不参戦馬にも注目しなければなりません。
賞金が足りている実績馬は万全のデキで出走しないはずなので、
中間の調教からデキが上昇している馬を見つけて勝負しましょう。

セントライト記念もローズステークスと同様に豪華なメンツになりました。
ダービー馬ワンアンドオンリーは28日の神戸新聞杯から始動するが、
ダービー2着イスラボニータ、3着マイネルフロスト、5着トゥザワールド、
ラジオNIKKEI賞の2着クラリティシチーが出走します。
今年の最大の上り馬ヴォルシェーブ、サトノアラジンは神戸新聞杯に出走するが、
ワールドインパクト、エアアンセム、ハギノハイブリッドといった実力馬に、
サトノフェラーリ、デルカイザー、ステファノス、ラングレーといった、
伸びシロがある好素質馬が激突するのでアツイ戦いになるでしょう。
イスラボニータは菊花賞でなく中距離路線を選択し天皇賞秋が最大目標です。
強豪揃いの古馬が相手になるので、
ここは叩き台ではなくメイチに近い状態で出走してくるはずです。
普通に走ればイスラボニータが最有力候補だが、
2年続けて春のクラシック不参戦馬が2頭も馬券対象にきているので、
春の実績は重要視しないでデキが良い馬、悪い馬を見極めて勝負しましょう。

ローズステークスの有力馬の調教分析はサングレアル、ディルガ、
ヌーヴォレコルト、ヒルノマテーラ、ブランネージュの5頭、
セントライト記念の有力馬の調教分析はイスラボニータ、エアアンセム、
クラリティシチー、マイネルフロスト、ワールドインパクトの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日9月14日の23時以降に確認して下さい。

ローズステークスの有力馬レッドリヴェール、
セントライト記念の有力馬トゥザワールドの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

ローズステークス、セントライト記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は9月18日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR