今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込み

7月28日から6月29日までの11ヶ月間の勝負レースの成績
121戦32勝 回収率153.1%


今週は的中がありませんでした。
相手筆頭の“激アツ馬”が2頭も馬券圏内にきたのに、
2レースとも軸が飛び相手決着になり他にも紐抜けが2レースもあり、
カスっていたが的中がなくスミマセンでした。

勝負レースだった大沼ステークスは軸クリソライトが大敗しました。
クリソライトは直前の調教とレース結果が直結する馬で、
今回は良い調教ができていたので不動の軸にしたが、
スタートから最後まで流れに乗れない大敗でした。
小回りは昨年の金沢のJBC以来だったがその時はデキが最悪で、
会員様には“完全消し”で提供したが本来は自在性があるので、
小回りは問題ないと見ていました。
結果を見る限り小回りが合わなかったとしか敗因が判りません。

宝塚記念は軸ウインバリアシオンが7着になり外れました。
ウインバリアシオンは鉄板と言えるような調教はしていなくて、
押し出されただけだったがやはりデキが万全ではなかったのでしょう。
ジェンティルドンナ、ゴールドシップも調教に不安を抱えていて、
会員様には今年は鉄板と言える軸がいないと伝えていました。
消去法でいくとマイナス材料が一番少なかったウインバリアシオンを、
軸にするしかなくデキが万全ではないと見ていたゴールドシップが楽勝したので、
今年の宝塚記念は調教の良し悪しで的中するのは無理でした。
この悔しさは7月9日のジャパンダートダービーで爆発させ、
的中させて鬱憤を吹き飛ばしてみせます。

来週はサマースプリント2戦目のCBC賞、
秋の飛躍を目指す3歳馬が激突するラジオNIKKEI賞です。

CBC賞はサマースプリント2戦目だが、
実績上位馬が先週の函館スプリントステークスに出走したので、
手薄なメンツになりました。
昨年はマジンプロスパー、ハクサンムーンという実績馬がいたが、
今年は1年以内に重賞を勝った4歳以上が不在で、
今年のフィリーズレビューを勝った3歳ベルカントくらいしかいない、
オープン特別に毛が生えたくらいの低調なレベルです。
入った馬番で着順が大きく替わりそうなメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

ラジオNIKKEI賞は春のクラシック路線に乗れなかった馬や、
NHKマイルカップで結果がだせなかった馬が揃いました。
昔は残念ダービー賞と言われていた伝統あるレースだが、
今年はダービーに出走した馬が不在なので、
出走馬のレベルは高くなく傑出した馬はいません。
同じメンツで走れば毎回着順が替わりそうなので、
デキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

CBC賞の有力馬の調教分析はエピセアローム、トーホウアマポーラ、
ニンジャ、マヤノリュウジン、リアルヴィーナスの5頭、
ラジオNIKKEI賞の有力馬の調教分析はウインマーレライ、クラリティシチー、
ピオネロ、ミヤビジャスパー、ラリングクライの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日6月29日の23時以降に確認して下さい。

CBC賞の有力馬ベルカントの調教分析、
ラジオNIKKEI賞の有力馬ショウナンワダチの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

CBC賞、ラジオNIKKEI賞の危険な人気馬、激アツ馬の会員様への、
事前公開は7月3日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR