今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


★ホームページアドレス、ブログアドレスが変更になりました。
パソコン版 http://t-analysis.net/
携帯版 http://t-analysis.net/mobile/index.html


春のG1レースパック、重賞レースパック受付中
入会希望問い合わせ http://t-analysis.net/mobile/order.html


過去4ヶ月の勝負レースの成績
均等買い回収率155.3%


2011年G1レースの成績
23戦12勝 均等買い回収率463.2%
G1レース鉄板軸馬の複勝率73.9%


2011年勝負レース重賞の成績
119戦42勝 均等買い回収率179.4%
重賞レース鉄板軸馬の複勝率56.3%


最近の的中レース


2月26日
阪神11R 勝負レース 阪急杯 5160円
調教抜群鉄板軸馬サンカルロが3着
事前公開の“激アツ馬”マジンプロスパーが1着快勝


2月25日
阪神11R 勝負レース アーリントンカップ 4480円
調教抜群鉄板軸馬オリービンが2着

2月12日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 640円
調教抜群鉄板軸馬スピルバーグが3着


東京10R 勝負レース 雲雀ステークス 4040円
調教抜群鉄板軸馬シルクウェッジが2着
デキ急上昇の相手2番目ピースピースが3着
事前公開の“危険な人気馬”ミカエルビスティーは“完全消し”で惨敗


2月5日
東京9R テレビ山梨杯 3連複1350円
調教抜群鉄板軸馬フルアクセルが3着
デキ落ちの“危険な人気馬”4番人気サトノオーは“完全消し”で惨敗


2月4日
京都9R 斑鳩ステークス 3連複1600円
調教抜群鉄板軸馬ルナキッズが1着


1月29日
京都11R 勝負レース 京都牝馬ステークス 3連複2270円
調教抜群鉄板軸馬ショウリュウムーンが2着


1月15日
中山11R 勝負レース 京成杯 3連複1640円
調教抜群鉄板軸馬ベストディールが1着
事前公開の“危険な人気馬”レッドシャンクスは8着
4番人気のアーデントは
“完全消し”


京都9R 勝負レース 山科ステークス 3連複2710円
調教抜群の鉄板軸馬フィールドシャインが2着
事前公開の“激アツ馬”7番人気シゲルソウウンが1着
事前公開の“危険な人気馬”ガンドックは15着最下位



今週は土曜日の勝負レースだったアーリントンカップ、
日曜日の勝負レースだった阪急杯の的中でした。


アーリントンカップは調教抜群鉄板軸馬だったオリービンが、
デキの良さを活かして2着になり的中できました。
1番人気だったダローネガは惨敗しましたがやはりデキが悪かったのでしょう。
メルマガでダローネガの調教分析を完全公開しましたが、
中間にピリッとした調教を1度もやっていませんでした。
1番人気でしたが中間の動きを見る限り“危険な人気馬”だったのです。
一方のオリービンは今までと調教のパターンを替えてきてトラック調教を増やしていました。
タフな阪神なのでこのトラック調教は、
良い方向にでると見て軸にしましたが正解でした。


阪急杯は会員の皆様に事前公開していた“激アツ馬”マジンプロスパーが楽勝して、
調教抜群の鉄板軸馬サンカルロが3着になり的中しました。
マジンプロスパーの4番人気には驚きました。
8番人気くらいだろうと思っていて、
会員の皆様に木曜日に公開しましたが当日はまさかの4番人気でした。
オープン実績がまったく無いのに4番人気なので嫌な感じがしていたが、
やはりデキがかなり良かったのか早め先頭で押し切る横綱競馬をしました。
“激アツ馬”が馬券に絡んだのに配当が安くなってしまったのが不満ですが、
事前にデキの良さを完璧に見抜いた的中になったので喜ばしい事です。


今週は勝負レースの重賞を2鞍的中させたが痛恨のレースが他にありまだまだです。
日曜日の阪神10R伊丹ステークスで相手筆頭の“激アツ馬”扱いのタナトスが2着になったが、
鉄板軸馬グラッツィアが凡走してしまい縦目で3連複を外してしまいました。
グラッツィア、ナリタシルクロードの軸馬の2者選択を迷ってしまい、
また裏目を引いてしまいました。
肝心の所でまた裏目を引いてしまいスミマセンでした。


軸馬の選択ミスはあったが“激アツ馬”、鉄板軸馬が勝負レースの重賞で結果をだしてくれたので、
ようやく当方のエンジンがかかってきた感じがします。
会員の皆様は来週も期待してお待ち下さい。


来週は土曜日に桜花賞トライアルのチューリップ賞、
高松宮記念ステップのオーシャンステークス、
日曜日にリニューアルされた中京で中日新聞杯、
中山で皐月賞トライアルの弥生賞が行われます。


チューリップ賞は2歳女王のジョワドヴィーヴルが出走します。
フェアリーステークスでトーセンベニザクラ、
シンザン記念でジェンティルドンナ、
クイーンカップでヴィルシーナが勝ち桜花賞戦線に名乗りを上げました。
しかし、3頭ともインパクトのある勝ち方ではなかったので、
ジョワドヴィーヴルを脅かすほどの馬はまだ出現していないのが現状です。
今年のチューリップ賞で好配当を狙うのは無謀だと見ているので、
このレースでは勝負しないつもりです。
ジョワドヴィーヴル、ジェンティルドンナの調教分析はするので参考にして下さい。


オーシャンステークスは高松宮記念のトライアルではないが重要な前哨戦です。
当初は昨年の短距離王者カレンチャンは高松宮記念へ直行の予定だったが、
デキが良いのか急遽参戦してきました。
戻ってから調教はやっているので走れるデキにはなっているが、
メイチの仕上げではないので取りこぼす事が絶対にないとは言えません。
賞金が不足している馬はメイチの仕上げをしてくるはずなので、
そういう馬を中間の調教から見つけだして勝負しましょう。


中日新聞杯は2月4日の小倉大賞典の再戦のようなレースになりました。
その小倉大賞典は小回りだったが今回はリニューアルされた中京で、
直線が412mもあり急坂もあるのでコース設定が小倉と全然違います。
小倉大賞典とまったく違う舞台なのでそのレースの上位組を信用しないで、
出走馬のデキの良し悪しをしっかりと見極めて勝負しましょう。


弥生賞は今年の皐月賞を占う重要なレースです。
年末のラジオNIKKEI杯で共同通信杯を圧勝したゴールドシップを負かしたアダムスピーク、
京成杯を快勝したベストディール、
500万だが強い勝ち方をしたフェノーメノ、ジョングルール
実力があるアーデント、トリップが出走するのでアツイ戦いになるでしょう。
今年の皐月賞出走のボーダーラインが例年より高く1200万では抽選になりそうなので、
賞金不足の馬はどうしてもここで権利を取りたいはずです。
中間の調教から出走馬の本気度、デキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。



会員様限定の弥生賞の有力馬の一週前時点の調教分析は、
アダムスピーク、アーデント、フェノーメノの3頭、
オーシャンステークスの有力馬の一週前時点の調教分析は、
エーシンヴァーゴウ、エーシンダックマン、カレンチャンの3頭、
中日新聞杯の有力馬の一週前時点の調教分析は、
コスモファントム、ダノンスパシーバ、ダノンバラードの3頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は、
今日2月26日の22時以降にご覧になって下さい。


弥生賞、オーシャンS、中日新聞杯の有力馬の一週前時点の調教分析は、

今日26日の22時以降にパスワードからログインして閲覧してください コチラからログイン


重賞レースパック会員様は ⇒ コチラからログイン


弥生賞、中日新聞杯、オーシャンステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は3月1日の18時になります。


弥生賞の有力馬ベストディール、
オーシャンSの有力馬ダッシャーゴーゴー、
中日新聞杯の有力馬エーシンジーラインの一週前時点の調教分析は少々お待ち下さい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR