今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月27日までの9ヶ月間の勝負レースの成績
102戦30勝 回収率180.5%

2014年の成績 回収率100.0%


4月27日
京都11R 勝負レース マイラーズカップ 3連複1310円
調教抜群鉄板軸馬フィエロが2着

4月19日
福島12R 医王寺特別 3連複7650円
調教抜群鉄板軸馬がブライトチェリーが1着

4月13日
阪神11R 勝負レース 桜花賞 3連複1310円
調教抜群鉄板軸馬ハープスターが1着

4月6日
阪神9R 鳴門ステークス 3連複11300円
調教抜群鉄板軸馬フミノファルコンが1着
“危険な人気馬”シゲルスダチは“完全消し”

3月23日
中山11R 勝負レース スプリングステークス 3連複1890円
調教抜群鉄板軸馬アジアエクスプレスが2着

3月22日
阪神10R なにわステークス 3連複6050円
調教抜群鉄板軸馬ダノンレジェンドが1着
相手筆頭“激アツ馬”シゲルスダチが3着

3月21日
中京12R 刈谷特別 3連複19110円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーマンデーが3着
相手筆頭“激アツ馬”タガノレオーネが2着

中山10R 下総ステークス 3連複2780円
調教抜群鉄板軸馬キクノソルが3着

今週はマイラーズカップの的中のみでした。

26日の勝負レースの福島牝馬ステークスは、
軸レイカーラが伸び切れず7着に敗れてしまいました。
逃げ馬が揃っていたのでハイペースになり、
デキが良いレイカーラの差しが決まると思っていたが、
前半4F48.0秒のスローの差し馬の出番がない展開になってしまいました。
ケイアイエレガント、フィルパトロールから大きく離されていた、
3番手のセキショウががっちり後続を抑えてしまったのが、
前残りになってしまった最大の要因です。
ヴィクトリアマイルの優先出走権がかかったレースだったので、
もっと激しいレースを見たかったです。

27日のマイラーズカップは軸フィエロが2着にきて的中できたが、
安い配当になってしまいまったく嬉しくありません。
このレースはワールドエースの強さだけが際立っていました。
初のマイル戦だったが手綱を押さなくても楽に好位に行け、
早め先頭から押し切ってしまう大楽勝でした。
上り3Fはフィエロと同じ33.2秒だったが、
ワールドエースの方が伸びているように見えたので、
現時点でフィエロよりワールドエースの方が二枚は上回っています。
ゴール後にシュタルケ騎手が下馬していたので、
また故障したのかと思ったが無事にクールダウンしたので脚元に異常はなかったのでしょう。
ジャスタウェイが安田記念に出走してくるのか未定だが、
ワールドエースが完全復活したのでジャスタウェイが出走してきても良い競馬ができるでしょう。

フローラステークスは軸マジックタイムが6着に敗れてしまいました。
後藤騎手から杉原騎手に乗り替わった時点で70%は不的中を覚悟しました。
杉原騎手はテン乗りではなかったが中間の調教で一度も乗っていなかったので、
急な乗り替わりで結果をだせというのは酷です。

来週はダービートライアルの青葉賞、
古馬最強ステイヤー決定戦の春天皇賞です。

青葉賞は去年と同じで低レベルのメンツになりました。
去年は重賞、オープン勝ちがいなくて1勝馬が5頭もいたが、
今年は重賞勝ちがあるのはマイネルフロストしかいません。
まだ底を見せていないラングレー、ワールドインパクトといった、
ディープ産駒がいるが強い相手と戦っていないので人気ほどの信頼はありません。
今年は実力が拮抗した一長一短のメンツだと見ているので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

春天皇賞は豪華なメンツになりました。
エピファネイアが出走しなかった事が残念だが、
現在の長距離実績馬が勢ぞろいしたのでアツイ戦いになるでしょう。
注目馬は強い古馬との対戦が初めてになるキズナです。
末脚だけならばジャスタウェイと同じ強烈なものがあるが、
春天皇賞は鋭い切れる脚が不要のレースなので、
キズナに合っている舞台ではありません。
かなり昔になるが1992年でメジロマックイーンと人気を2分した、
トウカイテイオーと同じような感じがしています。
キズナはトウカイテイオーと同じで芝2500m以上の出走がなく、
人気先行気味で春天皇賞に出走したが5着に負けてしまいました。
今週の京都はかなり高速馬場で後方からの追い込みが決まったのは、
27日の京都12Rのマイル戦だけでした。
このレースは前が遅くスローだったのでタツストロングの差しが決まったが、
最近の春天皇賞はスローにはなっていないので、
よほどの速い流れにならない限りキズナの追い込みは決まらないでしょう。
ゴールドシップも路盤が固い京都は苦手で、
ウインバリアシオンは岩田騎手が乗れない事がかなりの痛手で、
フェノーメノは1週前調教を見る限り昨年のデキにはなっていないので、
現時点で人気馬の中で信用できる馬は1頭もいません。
最近の春天皇賞は大きく荒れていて今年の人気馬は信用できないので、
実績は気にしないで中間の調教からデキの良い馬を見つけて勝負しましょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はシャンパーニュ、ピオネロ、
マイネルフロスト、ヤマノウィザード、ワールドインパクトの5頭、
春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤラクティ、ウインバリアシオン、
キズナ、デスペラード、バンデ、フェノーメノの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月27日の23時以降に確認して下さい。

青葉賞の有力馬ラングレーの調教分析、
春天皇賞の有力馬ゴールドシップの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

青葉賞、春天皇賞の危険な人気馬、激アツ馬の会員様への、
事前公開は5月1日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR