今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月30日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
92戦28勝 回収率197.3%

2014年の成績 回収率101.2%


3月23日
中山11R 勝負レース スプリングステークス 3連複1890円
調教抜群鉄板軸馬アジアエクスプレスが2着

3月22日
阪神10R なにわステークス 3連複6050円
調教抜群鉄板軸馬ダノンレジェンドが1着
相手筆頭“激アツ馬”シゲルスダチが3着

3月21日
中京12R 刈谷特別 3連複19110円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーマンデーが3着
相手筆頭“激アツ馬”タガノレオーネが2着

中山10R 下総ステークス 3連複2780円
調教抜群鉄板軸馬キクノソルが3着

3月16日
阪神10R 播磨ステークス 3連複4150円
調教抜群鉄板軸馬アンリヴィールドが3着

3月15日
中京10R フローラルウォーク賞 3連複30950円
調教抜群鉄板軸馬ダノンマッキンレーが3着

先週は回収率221.0% 先々週は回収率390.0%と好調だったが、
今週は一転して的中なしになってしまいスミマセンでした。

不幸の始まりは土曜日の中京11Rでした。
相手筆頭の“激アツ馬”トウシンイーグルが1着で、
鉄板軸馬タイセイドリームが2着だったが、
相手に入れていたプランスペスカがハナ差負けの4着になり万馬券を外してしまいました。
プランスペスカが残ったように見え最近多い同着かなと思っていたが4着でした。
プランスペスカが3着ならば3連複13780円が取れていたので、
着差はハナだったがハナ以上に大きな差になってしまいました。

毎日杯はスミマセンでした。
会員様に買い目を開示した時は軸はステファノスだったが、
馬体重がまた6kも減ってしまい馬体重減を嫌い、
馬体重発表後に軸をラングレーに変更してしまいました。
変更しないでそのままの買い目でいっていれば、
3連複6050円が取れていたので情けないです。
簡単に取れているレースを外してしまいスミマセンでした。

日経賞は軸ウインバリアシオンが快勝して、
2頭目の相手だった10番人気のホッコーブレーヴが2着だったが、
3着のラストインパクトが消しだったので外してしまいました。
ラストインパクトの直前の調教は良かったが、
前走後の馬場入りが遅く本数が不足していたので消してしまいました。

マーチステークスは鉄板軸馬エーシンゴールドが、
ゴール前で脚が上がってしまい3着にも残れず外してしまいました。
前半4F48.4秒、後半4F50.5秒のハイペースだったのに、
4角先頭からの粘り込みをしたので最後は脚が止まってしまいました。
もう少しじっくり行って坂の途中で抜けだす競馬をして欲しかったです。

高松宮記念はかなりの雨が降り道悪になってしまいました。
ある程度の雨で重馬場ならば会員様に事前公開していた通りで、
ストレイトガールを軸にするつもりだったが予想もしていなかったほどの道悪になり、
ストレイトガールの道悪適性が判らなかったので、
事前公開した“激アツ馬”マヤノリュウジンを軸にして提供しました。
マヤノリュウジンは少しだけ見せ場は作ってくれたが最後は脚が完全に止まってしまいました。
もう少し脚をためて差しに回れば上の着順にきていたでしょうが、
最後の止まり方を見る限りこのような馬場は合わなかったのでしょう。
デキの良し悪し関係なく道悪適性の有無が重要になってしまう、
残念なG1レースになってしまいました。

来週は安田記念のステップレースのダービー卿CT、
春天皇賞、安田記念のステップレースの大阪杯です。

大阪杯は4歳最強馬キズナ、エピファネイア、
G1レース3勝の最強牝馬メイショウマンボ、
阪神2000mの鬼のショウナンマイティが激突します。
まだ未定だがキズナ、メイショウマンボは春天皇賞が目標で、
エピファネイアは4月27日の香港のクイーンエリザベスの予定です。
3頭ともメイチの仕上げでなく余裕残しで出走してくるが、
この3頭が激突するのは最初で最後かもしれないのでアツイ戦いになるでしょう。
ショウナンマイティを含めて上位4頭の能力、実力が突出しているので、
荒れる可能性は低いと見ています。
登録頭数が11頭しかいなくて少頭数が確実なので大阪杯で好配当を狙う事はできません。
大阪杯は勝負レースにせず提供はしませんが、
有力馬の調教分析はしているので勝負する会員様は参考にして下さい。


ダービー卿CTは春マイル王決定戦の安田記念を目指すメンツが揃いました。
昨年のマイルCSは初マイル戦のトーセンラーが楽勝してしまい、
今年の京都金杯で初マイル戦のエキストラエンドが勝ち、
東京新聞杯で57kを背負っていた6歳牝馬ホエールキャプチャが楽勝しました。
初マイル馬や高齢牝馬に簡単に負けてしまうほど最近のマイラーは弱く、
このダービー卿CTも一長一短の弱メンツになりました。
デキ一つで着順が大きく変わるメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

大阪杯の有力馬の調教分析はカレンミロティック、キズナ、
ショウナンマイティ、ビートブラック、メイショウマンボの5頭、
ダービー卿CTの有力馬の調教分析はカレンブラックヒル、ダイワファルコン、
トリップ、マウントシャスタ、レッドアリオンの5頭、です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月30日の23時以降に確認して下さい。

大阪杯の有力馬エピファネイアの調教分析、
ダービー卿CTの有力馬コディーノの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

勝負レース、ダービー卿CTの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は4月3日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR