今週の勝負レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月23日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
88戦28勝 回収率206.4%

2014年の成績 回収率105.2%

先週の回収率221.0% 2週前の回収率390.0%


今週は皐月賞の最終便の毎日杯、春天皇賞のステップレースの日経賞、
ダートハンデ戦のマーチステークス、今年のG1第2戦の高松宮記念です。

毎日杯は皐月賞の最終チャンスだが賞金の加算できても本番まで中2週になるので、
無理しないでNHKマイルカップ、ダービーに切り替える馬がいるでしょう。
昨年はキズナという絶対軸馬がいたが今年はバリバリのオープン馬がいません。
ラングレー、ステファノス、アズマシャトル、
エイシンブルズアイ、マイネルフロスト、アドマイヤヤングが人気になるが、
絶対的な強さはなく相手なりにしか走れないので絶対視できません。
今年は実力が拮抗しているので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

日経賞は春天皇賞の重要なステップレースです。
先週の阪神大賞典でゴールドシップが楽勝したが、
相手が弱く勝っただけなので完全復活と言うのは早計で、
長距離路線は混沌としていて絶対王者がいないと言っていいでしょう。
昨年の春天皇賞を勝ったフェノーメノが暫定王者だが、
オルフェーヴルのような相手を圧倒する強さはなく故障明けで、
キズナがオルフェーヴルに似た強さを持ち合わせているが、
長距離レースが未出走で走ってみないと判りません。
暫定王者のフェノーメノ、復活したウインバリアシオン、オーシャンブルー、
上り馬アドマイヤフライト、ラストインパクトが激突するアツイ戦いになるので、
各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マーチステークスはアツイ戦いになりそうです。
超一流のダート馬はドバイ、重賞常連は19日のダイオライト記念、
今日の名古屋大賞典に出走したのでマーチステークスは手薄になりました。
ほとんどが重賞実績がない馬だがジェベルムーサ、エーシンゴールド、
ソロル、クリソライトといった成長著しいフレッシュな4歳が出走するので、
次世代のダート王を決める第一歩のレースだと見ています。
勢いがある上り馬が多いので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

高松宮記念は確たる軸馬がいない難解なレースです。
昨年末に絶対王者ロードカナロアが引退して、
ナンバー2のハクサンムーンがすんなり王者につくと思われていたが、
前哨戦だったオーシャンステークスで、
勝ち馬スマートオリオンから0.9秒遅れの13着に惨敗してしまい、
短距離路線の雲行きが怪しくなってきました。
大混戦に拍車をかけているのは逃げ馬が多くどの馬も人気になる事です。
テンのダッシュ力はハクサンムーン、レディオブオペラが抜けているが、
スピードが乗った時の二の脚はコパノリチャードが速くて、
ストレイトガール、スマートオリオンの先行力も一級品です。
ハクサンムーンは番手からでも競馬ができるが、
レディオブオペラ、コパノリチャードはハナに行ってこそなので、
逃げ馬が入った枠番が大きく影響するが先行が激化するのは確実です。
展開は差し馬に向きそうだが確実に伸びてくるだろうと言える、
差し、追い込み馬がいないので更に難解にさせています。
今年は過去の実績、展開、脚質はあまり気にしないで、
シンプルにデキが急上昇している馬、下降している馬を、
中間の調教から見極めて勝負した方が良さそうです。

2週前に中京で3連複3連複30950円、先週も中京で3連複19110円を的中させ、
2週前の回収率は390.0%で先週が221.0%と、
調教分析競馬のデキがグングン上昇しています。

特に中京が好調なので今週のG1高松宮記念が楽しみになりました。
今のデキがあれば高松宮記念でも良い結果がでてくれるはずなので、
会員様は期待してお待ちください。

毎日杯の有力馬の調教分析はステファノス、
ピークトラム、マイネルフロスト、ラングレーの4頭、
日経賞の有力馬の調教分析はアドマイヤフライト、オーシャンブルー、
サクラアルディート、フェノーメノ、ラストインパクトの5頭、
マーチステークスの有力馬の調教分析はエーシンゴールド、
グランドシチー、クリソライト、ソロルの4頭、
高松宮記念の有力馬の調教分析はコパノリチャード、スマートオリオン、、
ハクサンムーン、リアルインパクト、レッドオーヴァル、レディオブオペラの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月26日の23時以降に確認して下さい。

毎日杯の有力馬エイシンブルズアイの調教分析、
日経賞の有力馬ウインバリアシオンの調教分析、
マーチステークスの有力馬ジェベルムーサの調教分析、
高松宮記念の有力馬ストレイトガールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

毎日杯、日経賞、マーチステークス、高松宮記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日3月27日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR