今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月9日までの7ヶ月間の勝負レースの成績
82戦27勝 回収率220.4%

2014年の勝負レースの成績 回収率108.7%


3月9日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複1470円
調教抜群鉄板軸馬アデイインザライフが3着

3月8日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複1860円
調教抜群鉄板軸馬リラヴァティが3着

2月24日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複740円
調教抜群鉄板軸馬イスラボニータが1着

2月16日
京都11R 勝負レース 京都記念 3連複7420円
調教抜群鉄板軸馬トーセンラーが2着

小倉10R 背振山特別 3連複9670円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤラインが3着
相手筆頭“激アツ馬”ナスノシベリウスが1着

今週の的中は勝負レースだったチューリップ賞、弥生賞でした。

チューリップ賞は鉄板軸馬リラヴァティが3着に逃げ粘り的中できました。
前半4F47.3秒、後半4F47.0秒の差し馬向きの流れを、
リラヴァティは逃げ残ったので能力の高さは見せつけたが、
それ以上にハープスターの末脚に驚かされました。
2週連続でピリッとした走りができていなかったので、
ハープスターは軸にはできなかったが、
鞭が一発も入らない持ったままで大楽勝しました。
80%ほどのデキでこのようなパフォーマンスをだしたので、
万全のデキで本気で走れば今の3歳牝馬で負かせる馬はいないでしょう。
桜花賞はほぼハープスターで決まってしまったので、
2着、3着にきそうな人気薄馬を見つけることに専念しましょう。

オーシャンステークスは軸馬レオンビスティーが12着に大敗しました。
断然人気だったハクサンムーンはやはりデキが悪かったのか、
13着に沈んでしまい大波乱になってしまったが、
ノーマークだったスノードラゴンが2着でレッドスパーダが3着にきたので、
このレースをデキの良し悪しで取るのは無理でした。

弥生賞は鉄板軸馬アデイインザライフが3着になり的中できました。
前半5F61.2秒、後半5F60.2秒のスローペースになったので、
アデイインザライフは好位の内から競馬をしました。
いつもと違いスタートからだして行ったので最後は脚が上がってしまったが、
3着を確保したのは大きく皐月賞の権利を取る事ができました。
トゥザワールド、ワンアンドオンリーには完敗だったが、
皐月賞は弥生賞と違いバンドワゴンという逃げ馬がいて、
流れが速くなるのは確実なのでアデイインザライフの巻き返しが期待できます。
現時点でイスラボニータ、トゥザワールド、ワンアンドオンリー、
トーセンスターダム、バンドワゴンが皐月賞の有力馬だが、
混戦が続いていると見ているので今年の3歳牡馬戦線はかなり楽しみです。

来週は中距離ハンデ戦の中日新聞杯、
桜花賞のトライアルレースのフィリーズレビュー、
ヴィクトリアマイルのステップレースの中山牝馬ステークスです。

中日新聞杯はローカルハンデ戦だが豪華なメンツになりました。
ローカル小回りと違い直線が長く急坂があり、
阪神と似たタフなコースなのでここで好結果をだせば、
宝塚記念の伏兵馬に浮上するでしょう。
実績上位はアンコイルド、フラガラッハだが、
レッドレイヴン、カルドブレッサ、ラブリーデイ、
ラキシスも侮れないので人気は割れそうです。
中間の調教から各馬のデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

フィリーズレビューは桜花賞の重要なステップレースです。
今週のチューリップ賞でハープスターが圧勝したので、
桜花賞は一強ムードになってしまったが、
フェブラリーステークスでコパノリッキーが勝ってしまうのが競馬なので、
このレースに出走する馬はまだ諦めていないでしょう。
実績上位はホウライアキコ、ベルカントだが、
2戦2勝の負けなしの外車エスメラルディーナ、
2連勝中のデニムアンドルビーの妹のヤマノフェアリー、
紅梅ステークスを完勝したアドマイヤビジンが出走するので、
チューリップ賞より数段レベルが高いレースになります。
実力が接近しているメンツだと見ているので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

中山牝馬ステークスはヴィクトリアマイルの前哨戦です。
このレースで引退する馬が何頭かいるが、
ほとんどはヴィクトリアマイルを最大の目標にしているはずです。
昨年の京成杯AHで牡馬を一蹴したエクセラントカーヴ、
昨秋は崩れたが能力は4歳トップクラスのエバーブロッサム、
決め手は牝馬屈指のアロマティコ、
引退レースになるが充実期のノーブルジュエリーが激突するのでアツイ戦いになるでしょう。
人気が割れる難解なハンデ戦なので各馬の中間の調教をしっかり分析して、
デキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

中日新聞杯の有力馬の調教分析はアンコイルド、エックスマーク、
フラガラッハ、ラキシス、ラブリーデイの5頭、
フィリーズレビューの有力馬の調教分析はアドマイヤビジン、エスメラルディーナ、
ベルカント、ヤマノフェアリー、リアルビーナスの5頭、
中山牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアロマティコ、エバーブロッサム、
トーセンベニザクラ、ノーブルジュエリー、ミッドサマーフェアの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月9日の23時以降に確認して下さい。

中日新聞杯の有力馬レッドレイヴンの調教分析、
フィリーズレビューの有力馬ホウライアキコの調教分析、
中山牝馬ステークスの有力馬エクセラントカーヴの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

中日新聞杯、フィリーズレビュー、中山牝馬Sの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は3月13日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR