今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月2日までの7ヶ月間の勝負レースの成績
79戦25勝 回収率229.0%

2014年の勝負レースの成績 回収率114.0%


今週は的中レースがなくスミマセン。
ハナ差で万馬券を外してしまい、
相手筆頭の激アツ馬が2頭も結果をだしたのに軸馬が飛んでしまい、
縦目で好配当が取れなかったのが2レースもあり、
何をやっても噛み合わない結果になってしまいました。

アーリントンカップは勝負レースでなく提供しなかったが、
ミッキーアイルが完勝して3歳マイル王にまた近づきました。
しかし、今回もソラを使う癖が解消されていなかったので、
NHKマイルカップは鉄板とは言えません。

阪急杯は軸馬ガルボが直線半ばで失速してしまい外してしまいました。
コパノリチャードが前半3F33.8秒、5F56.1秒という、
ハイペースで逃げていたのをガルボは2番手から追いかけました。
ペースは速かったが楽に逃げていたのでガルボは4角手前から追いだし、
交わしにいくが道中で脚を使ってしまったので最後は止まってしまいました。
ガルボは馬券の対象から外れてしまったが、
2着、3着狙いでなくコパノリチャードを負かしにいく競馬をしたので、
この結果は仕方ないでしょう。

中山記念は鉄板と言えるような調教をしている馬はいませんと、
会員様に事前に伝えました。
90%ほどのデキだが道悪が得意なトウケイヘイローを軸にしたが、
まさかの出遅れで縦目になってしまいました。
出遅れてしまったのは仕方ないがその後が問題で以前のように差しに回っていれば、
どのような結果になっていたか判りません。
途中から強引にハナに行って欲しくなかったです。

来週は高松宮記念のステップレースのオーシャンステークス、
桜花賞のトライアルレースのチューリップ賞、
皐月賞のトライアルレースの弥生賞です。

オーシャンステークスは高松宮記念の前哨戦です。
絶対王者ロードカナロアが引退して覇権争いが激化しているが、
暫定王者のハクサンムーンがオーシャンステークスに出走します。
シルクロードステークスを勝ったストレイトガールという新星が現れ、
今日の阪急杯でコパノリチャードが完勝して、
リアルインパクトが短距離路線に参戦してきたが、
スピード、パワーともにハクサンムーンが二枚は上回っているので、
新王者に一番近い位置にいるのはハクサンムーンだと見ています。
しかし、今回は放牧から戻ってきてからの調教が緩く、
明らかに叩き台仕様でデキに疑問があるので、
中間の調教からデキが上昇している馬をみつけて勝負しましょう。

チューリップ賞は桜花賞のトライアルレースです。
昨年の阪神JFでレッドリヴェールに僅差で負けてしまったが、
クラシック最有力のハープスターが出走します。
先日のクイーンカップでフォーエバーモアが楽勝して、
デニムアンドルビーの妹ヤマノフェアリーという新星が現れ、
2歳女王レッドリヴェールは桜花賞直行で、
ホウライアキコは来週のフィリーズレビューに出走するが、
3歳牝馬で潜在能力の高さはハープスターが1番だと見ています。
しかし、急激に力をつけてくる馬が突然に現れる時期なので、
ハープスターが桜花賞、オークスの2冠を制するとは思っていません。
1週前のハープスターの調教が悪かったので、
中間の調教からデキが上昇している馬を見つけだして勝負しましょう。

弥生賞は皐月賞を占う重要な前哨戦です。
年明けまで3歳牡馬路線は群雄割拠だったが、
トーセンスターダムが負けなしの3連勝できさらぎ賞を制して、
イスラボニータが共同通信杯を楽勝してこの2頭が頭一つ抜けだしました。
京成杯を完勝したプレイアンドリアルが故障したので現時点の皐月賞の有力候補は、
トーセンスターダム、イスラボニータと言っていいでしょう。
しかし、トーセンスターダムはエンジンのかかりが遅くて、
イスラボニータはストライドが大きく小回りの中山向きではないので、
2頭とも東京競馬場のダービーが最大目標のはずです。
皐月賞に限れば3歳牡馬路線はまだ混戦が続いているので、
弥生賞、スプリングステークスが終わらないと勢力図が見えてきません。
現時点で大関の位置にいるワンアンドオンリー、キングズオブザサン、トゥザワールド、
関脇のイタリアンネオ、サトノロブロイ、アデイインザライフが激突するが、
どの馬も覇権争いに加わりたいのでメイチの仕上げをして出走してくるでしょう。
中間の調教からデキが良い馬、落ちている馬をしっかり見極めて勝負しましょう。

オーシャンステークスの有力馬の調教分析はアースソニック、アフォード、
スギノエンデバー、リアルインパクト、レオンビスティーの5頭、
チューリップ賞の有力馬の調教分析はシャイニーガール、
ヌーヴォレコルト、マラムデール、リラヴァティの4頭、
弥生賞の有力馬の調教分析はアデイインザライフ、イタリアンネオ、
キングズオブザサン、サトノロブロイ、ワンアンドオンリーの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月2日の23時以降に確認して下さい。

オーシャンステークスの有力馬ハクサンムーンの調教分析、
チューリップ賞の有力馬ハープスターの調教分析、
弥生賞の有力馬トゥザワールドの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

オーシャンステークス、チューリップ賞、弥生賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は3月6日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR