今週の結果

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
フェブラリーステークスから宝塚記念までのG1レース、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から7ヶ月間の勝負レースの成績
74戦25勝 回収率245.2%

2014年の勝負レースの成績 回収率152.8%


2月16日
京都11R 勝負レース 京都記念 3連複7420円
調教抜群鉄板軸馬トーセンラーが2着

小倉10R 背振山特別 3連複9670円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤラインが3着
相手筆頭“激アツ馬”ナスノシベリウスが1着

2月15日
小倉12R 大牟田特別 3連複1100円
調教抜群鉄板軸馬バクシンテイオーが1着

2月9日
小倉12R 日田特別 3連複1320円
調教抜群鉄板軸馬レネットグルーヴが2着

2月8日
京都11R すばるステークス 勝負レース 3連複24830円
調教抜群鉄板軸馬ベストウォーリアが1着
事前公開の“激アツ馬”14番人気タイセイファントムが3着

今週の慌ただしい4日間がようやく終わりましたが結果は3勝でした。
調教をやり直したり関西馬の輸送が普段より時間がかかり、
輸送熱で回避する馬が続出するなど関係者は大変な4日間だったが、
私も疲れ果てました。

来週も3日間開催になるが当初から決まっていて、
週中の雪予報もなくなったので今週は問題なく調教が行われるでしょう。
しかし、来月3月の中旬に恐怖の3日間があります。
土日月の3日間とは違い3月21日から金土日の開催です。
金曜日に中山でフラワーカップがあるが、
関西馬が出走する場合は火曜日に調教をしなければならないのです。
競争馬は敏感なので普段と違う調教をするとリズムを崩してしまいます。
3月21日は金曜日の祭日なのでJRAは試験的に開催を決めたのでしょうが、
喜ぶのはJRAだけで関係者は怒り心頭だと思います。

話が逸れたので結果に戻します。
16日は小倉10Rで相手筆頭の“激アツ馬”ナスノシベリウスが1着になり、
軸アドマイヤラインが際どいハナ差を制して3連複9670円を的中させ、
勝負レースの京都記念は鉄板軸馬トーセンラーが2着になり3連複7420円を的中させました。
トーセンラー、アンコイルド、ラキシス、デスペラードの4頭は、
馬体重が10k以上増えていてジェンティルドンナも8k増えていました。
パドックの周回を見て馬体が緩そうだなと思えたのは、
ジェンティルドンナとラキシスでした。
ラキシスは明け4歳の成長時期なのであまり問題視しなかったが、
ジェンティルドンナは明らかに緩い仕上げでした。
パドック派でない自分でもデキは悪いと見えたが結果は大惨敗でした。
直前調教でラスト1Fの伸びが悪かったので少し不安材料があると、
2月12日のブログに書きましたがやはりデキが悪かったのでしょう。
次はドバイ遠征の予定だが巻き返しは厳しいと見ているので、
このまま引退させてあげて欲しいです。

17日の東京新聞杯は軸サトノギャラントが5着になり不的中でした。
事前公開していた“激アツ馬”リルダヴァルが輸送熱で回避しました。
会員様に外枠に入って欲しくないと伝えましたがまさかの大外枠だったので、
出走していても良い結果がでなかったかもしれません。
サトノギャラントは出遅れ癖がある馬だったが、
それを補えるデキにあると見たので軸にしました。
やはり今回も出遅れてしまい最速の上りを駆使するが届きませんでした。
重馬場だったのに1分33秒2という高速時計になったのも痛手でした。
時計が遅ければ多少の出遅れは挽回できるが、
このような速い時計だと前が止まらないので致命傷になってしまいます。
サトノギャラントの能力はG1級だと見ているが、
ゲート難をクリアしない限りG1レースでは通用しないでしょう。

18日のクイーンカップは軸フォーエバーモアが楽勝したが、
ニシノアカツキを消してしまったので紐抜けになりました。
このレースに鉄板と言えるような調教をしている馬はいないと会員様に事前に伝えていました。
フォーエバーモアも完璧なデキではなかったが、
18日は内枠が有利な馬場だったので万全ではないが軸にしました。
問題は事前公開していた“激アツ馬”ツクバアスナロが故障して、
直前に取り消しになった事です。
前日のリルダヴァルは輸送にかなり時間がかかっての取り消しなので納得だが、
ツクバアスナロは返し馬か周回の時に故障したので悔しいです。
デキはかなり良かったはずなので出走して欲しかったです。

今週の勝負レース重賞は京都記念を的中させ3戦1勝でした。
事前公開していた“激アツ馬”リルダヴァル、ツクバアスナロが、
2頭ともまさかの取り消しで消化不良だった、
東京新聞杯とクイーンカップは外したが回収率はプラスになりました。
10日ほど前から入念に調教を分析してようやく見つけた“激アツ馬”なのに、
出走もできない結果になってしまい残念でした。

今週の勝負レース重賞はレース前にケチがついてしまったがプラスになり、
先週の勝負レースのすばるステークスで3連複24830円を的中させ良い流れが来つつあります。
来週はG1フェブラリーステークスを含めて4重賞あるが、
今年の勝負レースの回収率が152.8%と上昇中なので、
会員様に良い結果が届ける事ができると思います。

来週も代替開催があり3日間になるが24日の月曜日は無料で会員様に配信します。

ダイヤモンドステークスの有力馬の調教分析はタニノエポレット、
ファイヤー、フェイムゲーム、ラブラドライトの4頭、
小倉大賞典の有力馬の調教分析はアロマティコ、カフナ、
カルドブレッサ、ブレイズアトレイル、ラブイズブーシェの5頭、
フェブラリーステークスの有力馬の調教分析はゴールスキー、ニホンピロアワーズ、
ブライトライン、ベストウォーリア、ベルシャザール、ワンダーアキュートの6頭、
共同通信杯の有力馬の調教分析はガリバルディ、サトノアラジン、
ショウナンワダチ、ピオネロ、ローハイドの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

ダイヤモンドステークスの有力馬アドマイヤバラードの調教分析、
小倉大賞典の有力馬ラストインパクトの調教分析、
フェブラリーステークスの有力馬ホッコータルマエの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

ダイヤモンドS、小倉大賞典、フェブラリーステークス、共同通信杯の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は2月20日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR