今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの早割りを始めました。
今月末にG1初戦のフェブラリーステークスが行われますが、
昨秋と同じで早割りの受け付けを開始します。
昨秋のG1パック早割りを利用された数人の方から、
問い合わせがあったので始める事にしました。
早割りの受け付けは人数制限を設けましたが残り僅かになりました。
フェブラリーステークスから宝塚記念までのG1レース、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック早割り、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から6ヶ月間の勝負レースの成績
70戦23勝 回収率226.6%


2月1日
東京12R 3連複4600円
調教抜群鉄板軸馬ケンブリッジサンが2着

東京10R クロッカスステークス 3連複2720円
調教抜群鉄板軸馬ツィンクルソードが3着

京都9R 梅花賞 3連複1290円
調教抜群鉄板軸馬ヤマノウィザードが1着

今週の的中は土曜日の3鞍でした。
土曜日が3戦全勝だったので日曜日も続けたかったが、
紐抜けを2つもやってしまい良い流れを断ち切ってしまいました。

シルクロードステークスは鉄板軸馬ストレイトガールが楽勝したが、
リトルゲルダが買えずに外してしまいました。
抜けた人気のレディオブオペラはやはりデキが落ちていました。
会員様に事前公開で初時計が遅くて前後に疲れがでてしまい、
直前のラスト1Fの時計が遅いのでデキに疑問があると公開しました。
レース当日は馬体重が14kも減ってしまったが、
やはり前走後に疲れがでたのが影響したのでしょう。
レディオブオペラを絶対に軸にはできず、
逆にデキが急上昇していたのはストレイトガールでした。
調教を強化していたのに当日は馬体重が6kも増えていたので、
以前と違い強い調教に耐える事ができる馬体に完成したのでしょう。
ケチのつけようがない大楽勝だったがリトルゲルダは買える材料が皆無でした。
先行馬が少なく内枠で53kで前が開くという、
最高の流れになったので走ったとしか好走の理由が浮かびません。

根岸ステークスは軸アドマイヤロイヤルが馬券の対象から外れてしまいました。
道中は中団の内を走っていて直線に向いて外にだすだけだったが、
ゴールスキーに外から被されてしまい外にだせず脚を余してしまい
まともに追ったのはゴールの手前だけになってしまいました。
ゴールスキーのベリーとアドマイヤロイヤルの四位の腕の差がモロにでました。
先週の京都牝馬ステークスの“激アツ馬”ミッドサマーフェアは、
外にださなくてもいい所で外にだし脚を余して4着で、
このレースは最後まで外にだせず脚を余して負けてしまったので、
四位騎手と相性が悪すぎるとしか言いようがありません。

来週は3歳牡馬クラシックの登竜門的なレースのきさらぎ賞、
安田記念を目指す有力マイラーが集結した東京新聞杯です。

きさらぎ賞はクラシックを占う重要なレースです。
昨年の1着タマモベストプレイは3冠すべてでそこそこ走り、
2012年のワールドエースは皐月賞2着、
2011年のトーセンラーは菊花賞で3着、
2010年のネオヴァンドームは活躍できなかったが、
2009年のリーチザクラウンはダービーで2着と、
きさらぎ賞を勝てば明るい未来が待っているのです。
今年はクラシックを賑わす大物トーセンスターダム、バンドワゴンが出走します。
当初はトゥザワールド、ガリバルディが出走する予定だったが、
大物2頭が出走するのでトゥザワールドは先週の若駒ステークスに回り、
ガリバルディは共同通信杯に回る事になりました。
新馬戦が好内容だったサトノルパンが登録してきたが、
放牧から戻ったのが1月31日なので明らかに急仕上げで、
ダノンアンビシャスは8日のゆりかもめ賞にも登録していて、
サトノフェラーリは登録だけなので今年は8頭くらいの少頭数が濃厚です。
トーセンスターダム、バンドワゴンが強力で、
この2頭以外と他馬の差がかなりあるので波乱は起こらないでしょう。
少頭数で勝負する事はできないのできさらぎ賞は重賞だが会員様に提供しません。
有力馬の調教分析はやっているので勝負したい会員様は参考にして下さい。

東京新聞杯は安田記念と同じ舞台なので有力マイラーが集結しました。
安田記念まで東京競馬場のマイル重賞は東京新聞杯しかないので、
どの馬もここで高いパフォーマンスをだしアドバンテージを取りたいはずです。
実績はダノンシャーク、ショウナンマイティが上位だが、
まだ底を見せていないコディーノ、東京マイル全勝のサトノギャラント、
京都金杯を快勝してマイル適性の高さをだしたエクストラエンド、
東京マイルがベストのクラレントが出走するのでアツイい戦いになるでしょう。
飛び抜けた馬はいないが高いレベルの馬が多いので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

きさらぎ賞の有力馬の調教分析はエイシンエルヴィン、サトノルパン、
ダノンアンビシャス、トーセンスターダムの4頭、
東京新聞杯の有力馬の調教分析はエキストラエンド、クラレント、
コディーノ、サトノギャラント、ショウナンマイティ、
ホエールキャプチャ、レッドスパーダの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月2日の23時以降に確認して下さい。

きさらぎ賞の有力馬バンドワゴンの調教分析、
東京新聞杯の有力馬ダノンシャークの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

東京新聞杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月6日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR