今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの早割りを始めました。
1か月後に今年のG1初戦のフェブラリーステークスが行われますが、
昨秋と同じで早割りの受け付けを開始します。
フェブラリーステークスから宝塚記念までのG1レース、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
すでに昨秋のG1パック早割りを利用された数人の方から、
問い合わせがあったので1か月前の今週から始める事にしました。
早割りの受け付けは人数制限を設けて先着10名とします。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

春のG1パック早割り、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から6ヶ月間の勝負レースの成績
68戦23勝 回収率233.5%


1月25日
中山9R 初霞賞 3連複2940円
調教抜群鉄板軸馬フルヒロボーイが1着

1月19日
京都11R 勝負レース 日経新春杯 3連複1380円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤフライトが2着
事前公開の“危険な人気馬”ラウイズブーシェは“完全消し”

今週の的中は25日の中山9Rの1レースでした。
今週も“激アツ馬”が走ったのに縦目で外してしまいスミマセンでした。

京都牝馬ステークスは鉄板軸馬ウリウリが圧勝したが
3着ノーブルジュエリーが紐抜けになり不的中になりました。
事前公開していた“激アツ馬”ミッドサマーフェアが差してきたが
ノーブルジュエリーにクビ差届かず競り負けてしまいました。
後方からの外差しが好きな四位騎手が不安だと会員様に事前に伝えましたが、
恐れていた通りの競馬をやってくれました。
4角入口までウリウリの隣にいたのに直線に向くと、
なぜか30mくらい横にワープして大外にだしてしまいました。
ドナウブルーとノーブルジュエリーの間に突っ込めるスペースがあったのに、
ワープしてまで大外にだした四位騎手のミスです。
こういう事がありえるかもしれないと予知はしていたが、
本当にやってしまう四位騎手に失望しました。

東海ステークスは軸ニホンピロアワーズが楽勝したが、
3着マイネルバイカが紐抜けしてしまい不的中になりました。
坂を上がった所で会員様に事前公開していた軸候補ニホンピロアワーズ、
グランドシチー、サトノプリンシパルの3頭で決まりそうだったが、
サトノプリンシパルが失速してマイネルバイカが3着に上がりました。
マイネルバイカの調教は悪くなかったが、
強調できる点が少なく相手に入れる事ができませんでした。

AJCCは軸ケイアイチョウサンが見せ場もなく馬群に沈んでしまいました。
道中はいつもより前目の位置取りをしていたが、
流れが速くなった3~4角中間点でも横山騎手はまったく追わず、
馬場が良い外にださず内に突っ込んでいきました。
3着フェイムゲームが3~4角中間点から動いてケイアイチョウサンを交わしたが、
その時に一緒に動いて外にだしていれば違う結果になっていたはずです。
デキはデビュー以来最高だったので、
このようなやる気のない競馬は見たくなかったです。

来週は高松宮記念のステップレースのシルクロードステークス。
フェブラリーステークスのステップレースの根岸ステークスです。

シルクロードステークスは高松宮記念のステップレースです。
短距離絶対王者のロードカナロアが引退して、
高松宮記念2着のドリームバレンチノはダートに矛先を変更したので、
芝短距離路線はハクサンムーンが押し出されてトップに君臨します。
しかし、昔から短距離路線で逃げ馬が天下を取ったのは、
2009年のローレルゲレイロだけで短命政権でした。
暫定王者のハクサンムーンに迫ろうとしているレディオブオペラ、
ストレイトガールという新星が現れたので今年の短距離路線は面白くなりました。
2頭とも昨年に500万下を2戦目で卒業してその後は1000万、1600万、
オープン特別を一発でクリアしてまったく同じ過程を辿ってきました。
別々の路線でこのような上り馬がでてくる事が稀にあるが、
同じ短距離で一度も対決する事なく上り馬が2頭も現れるのは過去にないでしょう。
今の勢いがあればどちらかが一気に頂点に立つかもしれないが、
ハクサンムーンとの差はまだまだあるので道程は険しいです。
シルクロードステークスはこの2頭に注目しなければならないが、
プレイズエターナル、レオンビスティーといった、
力をつけてきた馬が出走するので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

根岸ステークスはフェブラリーステークスのステップレースです。
東海ステークスを圧勝したニホンピロアワーズは未定だが、
フェブラリーステークスにはホッコータルマエ、ベルシャザール、
ワンダーアキュートの3強が出走します。
ホッコータルマエが現ダート最強馬だがマイル適性に疑問があり、
ベルシャザールは大型馬の休み明けでドバイへの叩き台で、
ワンダーアキュートは8歳なのでマイルのスピード競馬は厳しいでしょう。
ダート中距離では厳しいがブライトライン、ドリームバレンチノといった新星は、
東京ダートマイルならば3強を負かせると考えているはずです。
他にもアドマイヤロイヤル、エーシントップといったマイルがベストの馬がいるので、
前哨戦の根岸ステークスはかなりアツイ戦いになるでしょう。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

シルクロードステークスの有力馬の調教分析はプレイズエターナル、
マジンプロスパー、レオンビスティー、レディオブオペラの4頭、
根岸ステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤロイヤル、エーシントップ、
ゴールスキー、シルクフォーチュン、スノードラゴン、ドリームバレンチノの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月26日の23時以降に確認して下さい。

シルクロードステークスの有力馬ストレイトガールの調教分析、
根岸ステークスの有力馬ブライトラインの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

シルクロードステークス、根岸ステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月30日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR