今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から6ヶ月間の勝負レースの成績
65戦23勝 回収率244.7%


1月19日
京都11R 勝負レース 日経新春杯 3連複1380円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤフライトが2着
事前公開の“危険な人気馬”ラウイズブーシェは“完全消し”

今週の的中は日経新春杯だけでした。
6鞍中で3頭も相手筆頭の“激アツ馬”が結果をだしているのに、
軸馬が出遅れたり謎の後方待機で馬券を外してしまいスミマセンでした。

京成杯は軸馬エアアンセムが大敗してしまい外してしまいました。
スタート後の1歩目が遅くてダッシュがつかず1角を回る時に挟まれてしまい、
また位置取りが後方になり最悪の前半になりました。
4角入口でも前が詰まってしまい坂の途中でも前が詰まってしまい、
最後は後藤騎手は追うのを止めて流してしまいました。
内にいた馬はゴチャつきスムーズに外々を回った3頭が上位にきたので、
枠番の有利不利がでてしまいました。
プレイアンドリアルは朝日杯の時の方が調教が良かったので消してしまいました。
道中は内にササり気味だったがラストの伸びは上々でした。
馬体重が絞れたのが良かったのでしょうが、
能力の高さを再認識させれれる結果になってしまいました。

日経新春杯は鉄板軸馬アドマイヤフライトが2着になり、
事前公開していた“危険な人気馬”ラブイズブーシェを消して、
的中させたが順当な結果になってしまいました。
2、3番手から先行して抜けだす競馬をすると見ていたが、
福永騎手は最初から行く気がなかったのか中団の外に控えてしまいました。
スイッチが入ってからの伸びは上々だったが、
サトノノブレスが楽な逃げをしていたので捕まえる事ができませんでした。
しかし、上り3Fは最速だったのでデキの良さは証明してくれました。
まだレース数が少なく伸びシロはあるので、
今後も順調ならば中距離では大崩れはしないでしょう。

来週から土日開催に戻り通常通りに水曜日に調教が行われます。
木曜日調教が続いていたのでようやく落ち着いて調教分析ができそうです。
来週は京都牝馬ステークス、東海ステークス、AJCCです。

京都牝馬ステークスはヴィクトリアマイルを目指す有力馬が揃いました。
メイショウマンボが昨年の2冠を制して新女傑に君臨して、
今春は大阪杯、ヴィクトリアマイル、宝塚記念を予定しています。
能力は間違いなくトップだがヴィクトリアマイルは、
久しぶりのマイルになりスピードはないので絶対視はできません。
マイルならばメイショウマンボを負かせると目論んでいる馬が多数出走するので、
デキが上昇している馬、下降している馬を、
中間の調教からしっかり見極めて勝負しましょう。

東海ステークスはフェブラリーステークスのステップレースです。
昨年まではG1の前哨戦を勝っても賞金不足で除外になるケースがあったが、
今年からG1の規定が変更になり前哨戦の1着馬に優先出走権が与えられます。
東海ステークスの出走馬の中でどうしても勝ちたいのは今のままでは賞金不足の、
4歳ケイアイレオーネ、サトノプリンシパル、上り馬フリートストリートです。
出走が確定しているほとんどのは賞金が足りているので、
余裕残しで出走してくるでしょうが、
1着を取りにくる馬はメイチの仕上げをしてくるので、
デキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

AJCCは今週の日経新春杯と違い中距離実績馬が揃いました。
昨年末に最強馬オルフェーヴルが引退したので中距離路線は混沌となりました。
キズナは春天皇賞に出走するが距離に不安があり、
フェノーメノは日経賞で復帰するが故障明けで、
エピファネイア、ジャスタウェイは回避が決定で、
ゴールドシップ、ウインバリアシオンは走ってみないと判らないので、
今年の春天皇賞は実績不足の馬が目の色を変えて出走してくるはずです。
AJCCで結果をだせば一躍春天皇賞の有力候補になるので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

京都牝馬ステークスの有力馬の1週前時点の調教分析はウリウリ、ゴールデンナンバー、
ノボリディアーナ、プリンセスジャック、ローブティサージュの5頭、
東海ステークスの有力馬の1週前時点の調教分析はグランドシチー、グレープブランデー、
ケイアイレオーネ、サトノプリンシパル、ナムタタイタンの5頭、
AJCCの有力馬の1週前時点の調教分析はケイアイチョウサン、ダービーフィズ、
ダノンバラード、トゥザグローリー、レッドレイヴンの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月19日の23時以降に確認して下さい。

京都牝馬ステークスの有力馬ドナウブルーの調教分析、
東海ステークスの有力馬ヴェルデグリーンの調教分析、
AJCCの有力馬二ホンピロアワーズの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

京都牝馬ステークス、東海ステークス、AJCCの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月23日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR