今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から5ヶ月間の勝負レースの成績
61戦22勝 回収率260.0%


1月6日
中山11R ジャニュアリーステークス 3連複4090円
調教抜群鉄板軸馬スノードラゴンが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”マルカバッケンは“完全消し”

京都10R 新春ステークス 3連複1370円
調教抜群鉄板軸馬シェルビーが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”オリービンは“完全消し”

中山10R サンライズステークス 3連複3440円
調教抜群鉄板軸馬レオンビスティーが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”ジャーエスペランサは“完全消し”

今週の的中は6日の3鞍でした。
初日の5日は東西金杯を外してまだ片目も開かない状況だったが、
6日は3戦3勝で両目がパッチリ開いてくれました。

中山金杯は軸ユニバーサルバンクが11着に大敗して外してしまいました。
馬体重発表前の軸はディサイファだったがプラス14kと馬体重が増えていたので、
軸をユニバーサルバンクに変更して最終の買い目にしました。
軸を替えずそのままディサイファにしていても、
2着のカルドブレッサが買い目になかったので外れていました。
カルドブレッサは1週前の動きは良かったが、
年明けに時計をだしてこなかったので消してしまいました。
軸ユニバーサルバンクのデキは良いと見ていたが、
4角を回った時点で脚がなくなり最後は流すだけの惨敗でした。
流れが落ち着いたステイヤーズステークスを走った後だったので、
速い流れに戸惑ったとしか敗因が判りません。

京都金杯は信用できる軸がいなかったので会員様に事前公開していた、
“激アツ馬”シャイニープリンスを軸にして提供しました。
先行馬が早々と失速したので直線半ばで押し出されて先頭に立ったが、
最後は決め手の差がでてしまい5着になってしまいました。
もう少し追い出しを遅らせていれば3着はあったかもしれないが、
1着のエクストラエンドが買い目になかったのでどうしようもありませんでした。
エクストラエンドのデキは悪くなくルメール騎乗だったが、
他にデキが良い馬がいたので恐かったが買い目から外してしまいました。

京都12Rが惜しかったです。
相手筆頭の“激アツ馬”タガノザイオンが3着だったが、
鉄板軸馬シンジュボシが4着で馬券の対象から外れてしまいました。
直線に向いた時は楽勝しそうな手応えだったがゴール前で失速してしまいました。

5日は惨敗だったが6日は3戦3勝と完璧な成績で汚名返上できました。
配当はたいした事なかったが3戦すべて“危険な人気馬”をバッサリ切り捨て、
“完全消し”で的中させたので意味のある的中だったと言えます。
中山11Rのジャニュアリーステークスは馬体重発表を待ってから提供する、
準勝負レースだったが鉄板軸馬スノードラゴンが楽勝しました。
デキが良かった7番人気トキノエクセレントを2頭目の相手に抜擢していたので、
配当は安かったが良い形で的中できたのは喜ばしい事です。

6日は重賞はなかったが3戦3勝で終わり来週の3日開催に良い形で入れます。
3日目の13日はすべての会員様に無料で提供します。
重賞フェアリーステークスがありますが、
このレースも無料になるので会員様は期待してお待ち下さい。


来週は3歳牡馬クラシックの登竜門的なレースのシンザン記念、
3歳牝馬マイル戦のフェアリーステークスです。

シンザン記念は昨年の朝日杯FSよりレベルが高いメンツになりました。
朝日杯FSに登録していたが抽選で除外になり、
前日のひいらぎ賞に出走して朝日杯より速い時計で勝ったミッキーアイル、
同じく朝日杯FSを除外になり翌週の千両賞を圧勝したモーリス、
朝日杯FSで不利な外枠だったが3着にきたウインフルブルームが出走します。
能力が高いサトノルパン、ステファノスが回避したのが残念だが、
決め手があるタガノグランパ、ビップレボルシオンが激突するのでアツイ戦いになります。
昨年の勝ち馬がエーシントップ、2年前の勝ち馬がジェンティルドンナ、
3年前の2着がオルフェーヴルで3着がマルセリーナなので、
このレースで結果をだせば明るい未来が待っています。
ここで賞金を加算して余裕を持ってクラシックに出走したいはずなので、
ほとんどの馬はメイチの仕上げをして出走してくるはずです。
中間の調教をきめ細かく分析してデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

フェアリーステークスはクラシックに縁がない3歳牝馬重賞です。
2009年からマイルになりクラシックの前哨戦になったがこのレースで結果をだし、
その後のクラシックで活躍したのはアプリコットフィズ、ジェルミナルしかいません。
阪神ジュベナイルFで惨敗したジェルミナル、ダンスファンタジア、
トーセンベニザクラがこのレースで巻き返しているので、
阪神ジュベナイルF組は注目しなければならないが、
今年は13着に大敗したスイートガーデンしかいません。
グリサージュが阪神JFでなく朝日杯FSに出走したが大敗だったので、
今年はかなり低レベルのメンツだと言っていいでしょう。
デキ一つで着順が大きく替わるので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

シンザン記念の有力馬の1週前時点の調教分析はウインフルブルーム、
タガノグランパ、ビップレボルシオン、モーリスの4頭、
フェアリーステークスの有力馬の1週前時点の調教分析はイントロダクション、
オメガハートロック、グリサージュ、ニシノミチシルベ、ムードスウィングスの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月6日の23時以降に確認して下さい。

シンザン記念の有力馬ミッキーアイルの調教分析、
フェアリーステークスの有力馬エクセレントビューの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

シンザン記念、フェアリーステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月9日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR