今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック G1レースを含む重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース G1レースを含む重賞+特別、平場で1日3レース提供

重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年勝負レース重賞の成績
125戦41戦 回収率213.4% 鉄板軸馬の複勝率54.4%

今年のG1レースの成績(交流G1の4戦含む) 回収率173.2%

7月28日から5ヶ月間の勝負レースの成績
54戦21勝 回収率291.4%


今週は中央競馬の最終週で土曜日にラジオNIKKEI杯2歳ステークス、
日曜日にグランプリレース有馬記念、月曜日に阪神カップが行われます。
中央開催は最終日の12月23日で終了するが29日に東京大賞典があるのでラス前になります。
有馬記念、阪神カップはともに非常に難しいレースですが、
極め細かく調教分析をし的中させてオーラスの29日の東京大賞典で大勝負するつもりです。
今年の指定交流G1レースは4戦4勝のパーフェクト的中なので会員様は期待してお待ち下さい。

ラジオNIKKEI杯2歳ステークスは来年のクラシックを賑わす、
好素質馬が激突するレースだが今年は質が落ちる顔ぶれになりました。
当初はトーセンスターダム、ピオネロ、トゥザワールドといった大物が、
出走する予定だったが来年を見据えて早々と休養に入ってしまいました。
例年より質が落ちるが前走の重賞で1番人気だったサトノアラジン、マイネルフロストが出走します。
2頭とも人気を裏切り5着に敗れてしまったので、
ここはメイチの仕上げをして名誉挽回を狙っているでしょう。
AKB48小嶋陽菜さんが命名したモンドシャルナ、萩ステークスを勝ったデリッツァリモーネ、
未勝利勝ち上がったばかりだが能力が高いシンガンも力差はないので、
レベルは高くはないがアツイ戦いになるでしょう。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

阪神カップは有馬記念の翌日に行われる今年の中央開催の締めの重賞です。
中1週で年明けの京都金杯に出走してくる馬が何頭かいるでしょうが、
ほとんどの馬はこのレースを使って春まで休養に入るはずです。
優勝賞金が6500万もあるので今年もG1級が多く出走します。
マイルチャンピオンシップ、スワンステークス出走組がほとんどだが、
馬場が軽いスピード重視の京都からタフな阪神に舞台が替わるので、
そのレースで上位にきた馬を素直に信用する事はできません。
昨年の阪神カップは1番人気のアドマイヤセプターを切って、
2着の14番人気だったガルボと1着のサンカルロは拾っていたが、
軸候補だったクラレント、ファイナルフォームの二者選択を誤り、
クラレントを軸にして3連複39050円を縦目で外す失態をしてしまいました。
今年も軸馬の選別がかなり重要なのでデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけて勝負するつもりです。

今年のグランプリ有馬記念は寂しい顔ぶれになりました。
夏前にはオルフェーヴル、キズナ、ゴールドシップ、フェノーメノの牡馬4強に、
牝馬最強ジェンティルドンナが加わり超豪華な顔ぶれになると思われていました。
秋前にフェノーメノが故障して全休する事になったが、
エピファネイアが神戸新聞杯、菊花賞を楽勝したので、
出走してくるとかなり面白い顔ぶれになるはずだったが、
キズナ、エピファネアイアの3歳G1馬がともに回避してしまい、
ジェンティルドンナも来年のドバイを目指すために回避して、
当初の予定から大物はオルフェーヴル、ゴールドシップだけになりました。
2戦連続で凡走しているゴールドシップの取捨が難しいです。
ゴールドシップの調教分析をブログに載せているが、
1週前時点では強調できる所がどこにもなく“完全消し”です。
その理由を明確に書いていますが買い材料がまったくないのです。
オルフェーヴルも2週連続でピリッとしなかったので2強のデキは本調子から程遠いと見ています。
有馬記念は思い切って人気薄を軸にするかもしれません。

勝負レース 有馬記念 3連複24290円
調教抜群鉄板軸馬オルフェーヴルが1着
事前公開の“激アツ馬”トゥザグローリーが3着
事前公開の“危険な人気馬”4番人気ヴィクトワールピサは“完全消し”

2年前の有馬記念は完璧に的中させました。
今年は昨年よりも数倍難しいのでドリーム馬券が的中できるよう、
調教を極め細かく分析して会員様の期待に応えます。

今年の勝負レース重賞の回収率は213.4%で、
G1レースは交流G1の4戦を入れて回収率は173.2%で、
7月28日から5ヶ月間の勝負レースは54戦21勝で回収率は291.4%です。

都合の良い時だけ購入金額を高くして回収率を上げたり、
軸馬が飛んでいるのにBOX買いで的中にして回収率を誤魔化すような、
不正はなく買い目をすべて均等買いした正真正銘の回収率です。

ラジオNIKKEI杯2歳Sの有力馬サトノアラジンの調教分析、
阪神カップの有力馬マジンプロスパーの調教分析、
有馬記念の有力馬ゴールドシップの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

ラジオNIKKEI杯2歳Sの有力馬の調教分析は、
シンガン、デリッツァリモーネ、マイネルフロスト、モンドシャルナの4頭、
阪神カップの有力馬の調教分析はクラレント、コパノリチャード、
サダムパテック、サンカルロ、ダイワマッジョーレの5頭、
有馬記念の有力馬の調教分析はウインバリアシオン、エイシンフラッシュ、
オルフェーヴル、カレンミロティック、デスペラード、トーセンジョーダンの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日12月18日の23時以降に確認して下さい。

ラジオNIKKEI杯2歳S、阪神カップ、有馬記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日12月19日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR