今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

秋のG1レースパック
有馬記念までのG1(ジャンプG1は省く) 4戦
交流G1レース1戦(東京大賞典)の計5戦を提供します。
G1レース1週前から有力馬の調教分析が閲覧できます。
レース数が減ったので料金が下がりました。

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

G1パック G1レースだけの提供
重賞パック G1レースを含む重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース Gレースを含む重賞+特別、平場で1日3レース提供

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

最近の的中レース

2013年勝負レース重賞の成績
117戦41勝 回収率228.4% 鉄板軸馬の複勝率55.6%

今年のG1レースの成績(交流G1の4戦含む) 回収率199.2%

7月28日から4ヶ月間の勝負レースの成績
46戦21勝 回収率420.2%


11月24日
京都10R 白菊賞 3連複1120円
調教抜群鉄板軸馬アルトゥーナが2着

11月23日
京都10R 花背特別 3連複5080円
調教抜群鉄板軸馬マイネルクロップが1着

11月17日
京都11R 勝負レース マイルCS 3連複2090円
調教抜群鉄板軸馬ダイワマジョーレが2着
事前公開の“危険な人気馬”カレンブラックヒル、
デキ落ちのグランプリボス、コパノリチャードは“完全消し”

11月9日
福島11R 福島放送賞 3連複3860円
調教抜群鉄板軸馬ハルカフジが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”3番人気ショウナンマオは“完全消し”

11月4日
金沢10R 勝負レース JBCクラシック 3連複550円 4点中1点目大本線
調教抜群鉄板軸馬ホッコータルマエが1着
デキ落ちのクリソライトは“完全消し”

金沢9R 勝負レース JBCスプリント 3連複2050円
調教抜群鉄板軸馬エスポワールシチーが1着
2番人気のタイセイレジェンドは軽視

11月3日
京都11R 勝負レース みやこステークス 3連複5000円
調教抜群鉄板軸馬ローマンレジェンドが3着
デキ落ちのケイアイレオーネは“完全消し”

今週は2レースの的中があったが2レースともたいした配当ではなく、
京阪杯、ジャパンカップが的中できずスミマセンでした。

土曜日は京都10Rの花背特別で3連複5080円を的中させたが、
勝負レースだった京阪杯は軸ハノハノがまったく伸びず外してしまいました。
アースソニック、アイラブリリは2頭とも調教は良かったが、
スギノエンデバーは好走時の調教パターンと違っていたのでノーマークでした。
このレースはデキの良し悪しよりも展開がずべてです。
アイラブリリの幸騎手がペースを落として逃げたのは好騎乗だったが、
後続馬の押し上げが最後までなく馬群がバラけたままで、
先行した3頭がそのままゴールする結果になってしまいました。
スタートが悪く後方からしか競馬ができないスギノエンデバーが、
3番手から競馬をするのを事前に予想するのは無理です。
デキの良し悪しよりも内しか伸びない馬場、流れが落ち着く事を、
優先して予想しなければ取れないレースでした。

日曜日は京都10Rの白菊賞を的中させたが低配当でした。
1番人気のダイワレジェンドの調教が良くなかったが3着に粘ってしまいました。
アースウィンドが3着ならば9160円だったので残念の一言です。
京都12Rのオータムプレミアムは鉄板軸馬ナリタスーパーワンが2着だったが、
さすがにアーリーデイズは拾えず紐抜けになりました。
オープンレースで単勝4万円台の人気薄がきたレースは過去にあるのでしょうか?
総流しでもしないと絶対に取れないレースでした。
ジャパンカップは軸エイシンフラッシュが誰も予想していなかった、
まさかの逃げをしてしまい外しました。
1角を回りきった所でもう的中を諦めてしまいました。
G1レースで人気馬がこういう競馬をしたのは、
自分の中では1998年のダービーのキングヘイロー以来で、
そのレースの軸がキングヘイローだったので悪夢が蘇ってしまいました。
何も言う事がないジャパンカップになってしまいました。

今週の成績を入れて今年の勝負レース重賞の回収率は228.4%で、
G1レースは交流G1の4戦を入れて回収率は199.2%で、
7月28日からの勝負レースは46戦21勝で回収率は420.2%になりました。
的中率45%で回収率420%も叩きだしている所は他にないでしょう。

都合の良い時だけ購入金額を高くして回収率を上げたり、
軸馬が飛んでいるのにBOX買いで的中にして回収率を誤魔化すような、
不正はなく買い目をすべて均等買いした正真正銘の回収率です。

競馬で勝つ秘訣はただ一つ“勝ち馬(組)に乗れ”です。

勝負レースの重賞は好調なので来週のステイヤーズステークス、
金鯱賞、ジャパンカップダートは期待してお待ち下さい。
調教分析は冴えているので良い提供をお届けできるはずです。

来週はマラソン重賞のステイヤーズステークス、
有馬記念の最終便の金鯱賞、ダート最強馬決定戦のジャパンカップダートが行われます。

ステイヤーズステークスは条件馬でも出走できる手薄な顔ぶれになりました。
昔はチャクラ、ダイタクバートラム、デルタブルースがこのレースを勝ち、
中2週で有馬記念に出走して穴人気になったが、
最近は結果をだしても有馬記念に出走する馬はいません。
今年も後先を考えず目先の賞金を取りにきた馬ばかりなので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

金鯱賞はステイヤーズステークスと違い、
ここで結果をだして中2週で有馬記念に出走しそうな実力馬が揃いました。
脚部不安で長期休み明けだったウインバリアシオンは、
ジャパンカップを回避してこのレースを叩いて有馬記念に照準を合わせています。
トゥザグローリー、オーシャンブルー、メイショウナルトもここで結果をだし、
得意な中山の有馬記念に出走したいと考えているはずです。
実力、能力が拮抗しているので中間の調教から、
出走馬の仕上がり具合をしっかり見極めて勝負しましょう。

ジャパンカップダートは2008年から阪神ダート1800mに替わったが、
来年からチャンピオンズカップという名に名称が変更になり、
中京ダート1800mで開催されます。
阪神で行われるジャパンカップダートの最終年だが、
過去最高の豪華な顔ぶれになったと言っていいでしょう。
今年のダートG1は3歳戦、牝馬限定、指定交流を含めて9戦行われたが、
川崎記念を勝ったハタノヴァンクールを除くG1勝ち馬がすべて揃いました。
それに加えて前哨戦の武蔵野ステークスを勝ったベルシャザール、
みやこステークスを勝ったブライトラインといった、
上がり馬がいるので今年はかなりアツイ戦いになります。
昨年のこのレースを圧勝したニホンピロアワーズの時代が続くと思われていたが、
今年は順調さを欠き前哨戦が使えず帝王賞からの直行になるので、
1番人気はホッコータルマエになるでしょう。
南部杯は休み明けで距離不足の1600mだったので2着に負けたが、
1800m以上でG1を含めて6勝しているので実績は最上位です。
ホッコータルマエに死角は少ないがJBCクラシックを、
スタートから出してハナを切った事に不安があります。
自然とハナに行ったのではなく幸騎手は手綱を押してハナに行ったのです。
今までハナを切った事がない馬が押して強引にハナに行かせたので、
引っ掛かり癖がでてしまう不安があるのです。
エスポワールシチー、ブライトライン、ニホンピロアワーズ、
ワンダーアキュート、インカンテーションといった同脚質の馬が多いので、
本番を見据えて脚を溜める競馬をやるべきだったのです。
ホッコータルマエの一強ではないと見ているので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を探しだして勝負しましょう。

ステイヤーズステークスの有力馬エックスマークの調教分析、
金鯱賞の有力馬ムスカテールの調教分析、
ジャパンカップダートの有力馬ホッコータルマエの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

ステイヤーズステークスの有力馬の1週前時点の調教分析は、
デスペラード、フェデラルホール、マイネルキッツ、ユニバーサルバンクの4頭、
金鯱賞の有力馬の1週前時点の調教分析はウインバリアシオン、オーシャンブルー、
カレンミロティック、メイショウナルト、ラブリーデイの5頭、
ジャパンカップダートの有力馬の1週前時点の調教分析はエスポワールシチー、ニホンピロアワーズ、
ブライトライン、ベルシャザール、ローマンレジェンド、ワンダーアキュートの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月24日の23時以降に確認して下さい。

ステイヤーズS、金鯱賞、ジャパンカップダートの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は11月28日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR