今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


2013年勝負レース重賞の成績
112戦40勝 回収率237.6% 鉄板軸馬の複勝率56.3%


7月28日から3ヶ月間半の勝負レースの成績
41戦20勝 回収率470.5%


11月9日
福島11R 福島放送賞 3連複3860円
調教抜群鉄板軸馬ハルカフジが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”3番人気ショウナンマオは
“完全消し”


11月4日
金沢10R 勝負レース JBCクラシック 3連複550円 4点中1点目大本線
調教抜群鉄板軸馬ホッコータルマエが1着
デキ落ちのクリソライトは“完全消し”

金沢9R 勝負レース JBCスプリント 3連複2050円
調教抜群鉄板軸馬エスポワールシチーが1着
2番人気のタイセイレジェンドは軽視


11月3日
京都11R 勝負レース みやこステークス 3連複5000円
調教抜群鉄板軸馬ローマンレジェンドが3着
デキ落ちのケイアイレオーネは
“完全消し”


11月2日
東京11R 勝負レース アルテミスステークス 3連複4340円
調教抜群鉄板軸馬マーブルカテドラルが1着
事前公開の“危険な人気馬”マイネグレヴィルは
“完全消し”


10月27日
東京11R 勝負レース 秋天皇賞 3連複1400円
調教抜群鉄板軸馬ジェンティルドンナが2着
事前公開の“危険な人気馬”ダノンバラードは
“完全消し”


東京10R 秋嶺ステークス 3連複770円
調教抜群鉄板軸馬ミヤジマッキーが3着

10月19日
新潟11R 妙高特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬ホワイトポピーが2着


10月14日
東京11R 勝負レース 府中牝馬ステークス 3連複11880円
調教抜群鉄板軸馬ホエールキャプチャが1着


10月13日
京都11R 勝負レース 秋華賞 3連複50030円
調教抜群鉄板軸馬スマートレイアーが2着
事前公開の“激アツ馬”15番人気リラコサージュが3着
4番人気エバーブロッサムは
“完全消し”


今週の的中は土曜日の福島11Rの1鞍のみでした。
事前公開の“激アツ馬”が結果をだしたのに的中できずスミマセンでした。


勝負レースだった京王杯2歳ステークスは、
鉄板軸軸ラブリープラネットが狙い通りの先行策で3着に粘ったが、
クインズハリジャンを軽視したので紐抜けになってしまい外してしまいました。
クインズハリジャンは最初は相手の最後の1頭に入れていました。
しかし、馬体重が14kも減ってしまったのでカラダレジェンドと入れ替えたが、
皮肉にもそのカラダレジェンドが1着になってしまいました。
クインズハリジャン、カラダレジェンドどちらか1頭だけしか、
相手に入れるつもりがなく2頭とも相手に入れる事ができませんでした。
断然人気のモーリスが飛び3連複が9800円も付いていたので、
これは取らなければならないレースでした。
相手選択ミスで外してしまいスミマセンでした。


ファンタジーステークスは軸馬グランシェリーが馬群に沈んでしまいました。
会員様に木曜日に事前公開していた“激アツ馬”モズハツコイが、
馬群を割ってグランシェリーと併せて差してきたので的中したと思ったが、
ゴールの20m手前で脚が完全に止まってしまいました。
休み明けだった事を承知で軸にしたがあの位置から伸びなかったので、
やはり休み明けの影響が多少は残っていたのかもしれません。


武蔵野ステークスは軸馬ゴールスキーが4着になり的中できませんでした。
大外枠に入ってしまい少し嫌な予感がしていたが馬群を割って差してくるタイプではないので、
長く芝が走れる大外は歓迎だと逆の発想をして軸馬にしました。
大外から最速の上がりを使い差してきたが道中が少し後ろすぎました。
デキは良かったはずなので勝ちにこだわる積極的な競馬をして欲しかったです。


エリザベス女王杯は軸馬ヴィルシーナが10着に大敗してしまい不的中でした。
会員様に木曜日に事前公開していた“激アツ馬”ラキシスが積極的な競馬をして、
2着だったがヴィルシーナもラキシスのような戦法をして欲しかったです。
馬主の大魔神佐々木が差す競馬を指示していたらしいが、
まさかメイショウマンボと同じ位置にいるとは思いもしなかったでしょう。
昨年より遅いペースでなぜ差しに回ったのか未だに理解できません。


今週は重賞が4レースありその内の2レースで会員様に事前公開していた、
“激アツ馬”が結果をだしたが的中レースがなくスミマセンでした。
エリザベス女王杯はヴィルシーナが差しに回ったので無理だったが、
京王杯2歳ステークスは的中させなければいけないレースでした。
しかし、“激アツ馬”のチョイスは正しかったので来週は好結果をだしてみせます。


来週は土曜日に2歳重賞の東京スポーツ杯2歳ステークス、
日曜日に福島でハンデ中距離の福島記念、
秋のマイル王決定戦のマイルチャンピオンシップが行われます。


東京スポーツ杯は来年の牡馬クラシックを占う重要なレースです。
2007年までは単なる2歳重賞だったが2008年以降は出世レースになり、
このレースを勝ったナカヤマフェスタは3歳時はパッとしなかったが、
4歳になり覚醒して宝塚記念を制してその後は凱旋門賞で2着になりました。
ローズキングダムは朝日杯FS、ジャパンカップを勝ち、
サダムパテックは4歳でマイルチャンピオンシップを勝ち、
ディープブリランテは3歳最高峰のダービーを勝ちました。
昨年の勝ち馬コディーノはパッとしない成績だが、
皐月賞、ダービー、秋天皇賞でそこそこの結果をだしたので、
このレースを勝てば明るい未来が保証されているのです。
今年は大物と言われる好素質馬が揃ったのでアツイ戦いになります。
実績だけならばイスラボニータが最上位だが新馬戦を圧勝したサトノアラジン、ラングレー、
2連勝中でレースセンスが高いウインマーレライ、爆発力は世代屈指のクラリティシチーが激突します。
どの馬も勝つ力は持ち合わせているので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。


福島記念は今週にオープン特別のアンドロメダステークスがあり、
11月30日に中京で金鯱賞、12月2週目に朝日チャレンジカップがあるので、
出走馬が少なく手薄になると思っていたが登録馬が18頭もいました。
条件馬が何頭かいるが14頭以上は出走するのでアツイ戦いになるでしょう。
傑出した主役が不在でデキ一つで大きく着順が変わるメンバーなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかりと見極めて勝負しましょう。


マイルチャンピオンシップはかなり低レベルになりました。
G1馬はカレンブラックヒル、グランプリボス、サダムパテック、
リアルインパクトだがその4頭の過去1年以内の成績が悪く、
グランプリボスが勝ったマイラーズカップの1勝しかありません。
すべて旬が過ぎていて勢いがなく過去の遺産になっているのです。
今年と同じような顔ぶれは2年前の2011年です。
その年の日本のG1馬はリアルインパクト、グランプリボス、

マルセリーナ、エーシンフォファードだったが、
旬だったのはリアルインパクトだけで他のG1馬は近走は不振でした。
その年はエイシンアポロンが軸馬で3連複38920円を的中させたが、
今年も同じような旬の馬がいない顔ぶれなのでデキ一つでどうにでもなるのです。
中間の調教からデキが急上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。


今週の成績を入れて今年の勝負レース重賞の回収率は237.6%で、
7月28日からの勝負レースは41戦20勝で回収率は470.5%になりました。
的中率48%で回収率470%も叩きだしている所は他にないでしょう。


都合の良い時だけ購入金額を高くして回収率を上げたり、
軸馬が飛んでいるのにBOX買いで的中にして回収率を誤魔化すような、
不正操作はなく買い目をすべて均等買いした正真正銘の偽りのない回収率です。


競馬で勝つ秘訣はただ一つ“勝ち馬(組)に乗れ”です。


勝負レースの重賞は好調なので、
来週の東京スポーツ杯2歳S、福島記念、マイルCSも期待してお待ち下さい。
当方の調教分析は冴えまくっているので良い提供をお届けできるはずです


東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬の1週前時点の調教分析は、
イスラボニータ、クラリティシチー、サトノアラジン、ラングレーの4頭、
福島記念の有力馬の1週前時点の調教分析は、
ダイワファルコン、ディサイファ、ミキノバンジョー、ラブイズブーシェの4頭、
マイルCSの有力馬の1週前時点の調教分析はグランプリボス、コパノリチャード、
サダムパテック、ダイワマッジョーレ、ダノンシャーク、トーセンラーの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月10日の23時以降に確認して下さい。


東京スポーツ杯2歳S、福島記念、マイルCSの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は11月14日の18時になります


秋のG1レースパックを受付中
スプリンターズステークスから有馬記念までのG1(ジャンプG1は省く) 6

交流G1レース1戦(東京大賞典)の計7戦を提供します。
G1レース1週前から有力馬の調教分析が閲覧できます。


秋のG1レースパック、重賞レースパック 問い合わせ


重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の、
毎週木曜日の18時に“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開
G1だけで勝負したい方はG1パック
G1を含む重賞だけで勝負したい方は重賞パック(お薦めコース)
G1を含む重賞だけでは物足らない方は通常コース


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


ホームページ http://t-analysis.net/


秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中 問い合わせ


東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬ウインマーレライの調教分析、
福島記念の有力馬マイネルラクリマの調教分析、
マイルCSの有力馬カレンブラックヒルの調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR