今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


2013年勝負レース重賞の成績
回収率105.0% 鉄板軸馬の複勝率53.3%


7月28日からの勝負レースの成績は19戦9勝 回収率120.2%


9月8日
阪神11R 勝負レース セントウルステークス 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ハクサンムーンが1着
事前公開の“危険な人気馬”サドンストームは
“完全消し”


9月7日
中山11R 紫苑ステークス 3連複7980円
調教抜群鉄板軸馬リボントリコロールが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”トーセンアルニカは
“完全消し”


阪神9R 南港特別 3連複9600円
調教抜群鉄板軸馬タイザンホクトが3着

9月1日
小倉11R 勝負レース 小倉2歳ステークス 3連複1280円
調教抜群鉄板軸馬ラブリープラネットが1着
事前公開の“危険な人気馬”マイネヴァリエンテは
“完全消し”


8月24日
函館11R 勝負レース エルムステークス 3連複1410円
調教抜群鉄板軸馬フリートストリートが1着


8月17日
小倉10R 3連複6810円
調教抜群鉄板軸馬ピエナアプローズが2着


8月13日
佐賀9R 勝負レース サマーチャンピオン 3連複9010円 6点買い
調教抜群鉄板軸馬ガンジスが2着
“危険な人気馬”ダイショウジェットは
“完全消し”


8月11日
新潟11R 勝負レース 関屋記念 3連複2620円
調教抜群鉄板軸馬ジャスタウェイが2着
事前公開していた“危険な人気馬”ミッキードリーム
5番人気フラガラッハは
“完全消し”


小倉11R 勝負レース 阿蘇ステークス 3連複5890円
調教抜群鉄板軸馬スタッドジェルランが2着
事前公開の“危険な人気馬”メテオロロジスト
デキ落ち4番人気タガノロックオンは
“完全消し”


今週の的中はありませんでした。
軸馬がハイペースなのに先行したりスローなのに後方ポツンをしたり、
人気薄が追い込んできたが4着で紐抜け、
軸馬がゴール前で交わされて4着などがあり散々な3日開催になりました。
情けない結果になってしまいスミマセンでした。


勝負レースだったローズステークスはレッドオーヴァルを軸にしたが、
先行してしまいまったく伸びず13着に大敗しました。
騎乗していた川田騎手が敗因がよくわからないと言っているが先行したのがすべてです。
前半4Fは46.3秒、5Fは58.2秒、6Fは1分10秒1という超々ハイペースでした。
次のレースの阪神12Rの芝1200mの時計が1分10秒2だったので、
ローズステークスは芝1200m戦より速い展開だったのです。
この速いペースを読めず追い込み馬を先行させた川田騎手の騎乗ミスです。
レース展開、道悪の上手い下手を完璧に読まないと的中できないレースでした。


代替競馬になったセントライト記念は軸馬ケイアイチョウサンが5着で外してしまいました。
レース前まで横山騎手がよくやる後方ポツンを不安視していたが、

その不安が見事に的中してしまいました。
前走のラジオNIKKEI賞のように前が流れていれば問題ないが、
このレースの前半5F通過は1分1秒7のスローでした。
このようなスローで後方ポツンをやる横山騎手はいったい何をしたかったのでしょうか?
私には理解できません。


来週は菊花賞トライアルレースの神戸新聞杯、秋天皇賞のステップレースのオールカマーです。


神戸新聞杯はエピファネイアの一本被りになりそうです。
天敵のキズナ、ロゴタイプがいないので現3歳で実績は最上位です。
ラジオNIKKEI杯以来の重賞勝ちのチャンスが訪れたが
乗り越えなければならない山があります。
それは上がり3Fだけの緩い展開になった時です。
ダービーは前半5F60.3秒で次の5Fが60.4秒という速い流れで、
皐月賞は前半5F58.0秒、後半5F60.0秒という前傾ラップだったが、

それでも引っ掛かってしまいました。
前半61.6秒、後半59.4秒というスローだった弥生賞は、
引っ掛かってしまい制御が利かず早め先頭に立ってしまい最後は失速しました。
ビュイック騎手がテン乗りだった事を割り引いてもこのレースの内容は最悪でした。
最近の神戸新聞杯は上がり3Fだけの超スローになるので、
引っ掛かり癖があるエピファネイアに合ったコース設定ではないのです。
夏を越して成長はあるので気性難は少しは解消されているでしょうが、
そう簡単には変わるものではないのでこのレースが今後を占う試金石になるでしょう。
人気通りの結果にならないと見ているので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


オールカマーは秋天皇賞を占う重要なステップレースです。
オルフェーブル、ゴールドシップは秋天皇賞に出走しないが
ジェンティルドンナ、フェノーメノが直行で
今年の最大の上がり馬トウケイヘイローも直行が決定しています。
3歳ロゴタイプ、コディーノは毎日王冠から秋天皇賞に向うので
今年の秋天皇賞は3歳~5歳の各世代のトップが集まる超豪華なメンバーになります。
オールカマーに出走してくる馬のほとんどは実績不足なので、
このレースで高いパフォーマンスをださないと本番では通用しません。
叩き台ではなくメイチの仕上げをして出走してくる馬が多いので、
デキが上昇している馬、下降している馬を中間の調教から見抜いて勝負しましょう。


今週は台風の影響で火曜日に代替競馬あったので調教日程が変更になります。
台風の被害が大きかったのは栗東です。
月曜日は坂路、トラックが閉鎖されて馬場入りが中止になりました。
坂路、CWトラックのチップのほとんどが雨で流されてしまい、
今日にチップを入れ替えしているみたいです。
明日は馬場入りできるでしょうが直前調教をする馬はほとんどいないはずなので、
水曜日にやっている調教分析は19日木曜日に行います。
毎週木曜日に会員様に事前公開も1日ズレて今週分は20日金曜日になりますす。


秋のG1レースパックを受付中
スプリンターズステークスから有馬記念までのG1(ジャンプG1は省く)11戦
交流G1レース4戦(JBC3戦、東京大賞典)の計15戦を提供します。
G1レース1週前から有力馬の調教分析が閲覧できます。


秋のG1レースパック、重賞レースパック 問い合わせ


神戸新聞杯の有力馬の1週前時点の調教分析は、
エピファネイア、ヒルノドンカルロ、マジェスティハーツ、ラストインパクトの4頭、
オールカマーの有力馬の1週前時点の調教分析はアスカクリチャン、オーシャンブルー、
ダイワファルコン、ムスカテール、メイショウナルトの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日9月17日の23時以降に確認して下さい。


神戸新聞杯、オールカマーの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は9月20日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


ホームページ http://t-analysis.net/


重賞レースパック受付中 問い合わせ


神戸新聞杯の有力馬タマモベストプレイの調教分析、
オールカマーの有力馬サトノアポロの調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR