今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


2013年勝負レース重賞の成績
回収率112.7% 鉄板軸馬の複勝率54.2%


7月28日からの勝負レースの成績は12戦7勝 回収率164.3%


8月24日
函館11R 勝負レース エルムステークス 3連複1410円
調教抜群鉄板軸馬フリートストリートが1着


8月17日
小倉10R 3連複6810円
調教抜群鉄板軸馬ピエナアプローズが2着


8月13日
佐賀9R 勝負レース サマーチャンピオン 3連複9010円 6点買い
調教抜群鉄板軸馬ガンジスが2着
“危険な人気馬”ダイショウジェットは
“完全消し”


8月10日
新潟11R 勝負レース 関屋記念 3連複2620円
調教抜群鉄板軸馬ジャスタウェイが2着
事前公開していた“危険な人気馬”ミッキードリーム
5番人気フラガラッハは
“完全消し”


小倉11R 勝負レース 阿蘇ステークス 3連複5890円
調教抜群鉄板軸馬スタッドジェルランが2着
事前公開の“危険な人気馬”メテオロロジスト
デキ落ち4番人気タガノロックオンは
“完全消し”


8月10日
新潟12R 3連複1640円
調教抜群鉄板軸馬コスモシャンハイが2着


8月4日
新潟11R 勝負レース レパードステークス 3連複1320円
調教抜群鉄板軸馬ケイアイレオーネが3着


小倉11R 勝負レース 小倉記念 3連複4180円
軸馬マイネルラクリマが3着



今週の的中は土曜日の勝負レースだったエルムステークスだけでした。
新潟2歳ステークスを外してしまったのが痛恨です。
相手馬の最後の1頭の選択で裏目を引いてしまいスミマセンでした。


エルムステークスは調教抜群の鉄板軸馬フリートストリートがレコード勝ちしました。
オープンに上がってから初めての重賞で別定戦という厳しい条件だったが、
会員様に事前に伝えている通りで中間の調教が抜群だったので軸は不動でした。
外枠に入ったので4角からマクって早め先頭から押し切るのをイメージしていたが、
逃げるエーシンモアエバーをマークして交わすだけの着差以上に強い競馬をしました。
4歳で11戦しかしていないのでまだ底がありそうです。
レコード駆けの反動がなく順調ならば秋のG1ダート戦線でも注目しなければなりません。


キーンランドカップは調教抜群の鉄板軸馬パドトロワが惨敗してしまいました。
3角付近で勝浦騎手の手綱がかなり動いていました。
パドトロワは外枠が得意で7、8枠に入った時の成績は(4.1.1.1)でした。
着外だったのはデキが悪かった2011年の函館スプリントステークスだけなので、
外枠に入ったから負けたのではありません。
前半3Fが34.9秒という500万下とほとんど同じような緩い流れで、
なぜパドトロワが付いていけなかったのか今でも判りません。


新潟2歳ステークスは痛恨の結果になってしまいました。
調教抜群の鉄板軸馬ハープスターが楽勝して、
会員様に事前公開していた“激アツ馬”ピークトラムが3着だったが、
2着のイスラボニータを消してしまったので外してしまいました。
会員様に事前公開していた“危険な人気馬”マイネグラティア、
ブログに公開したが直前調教で手前を何度も替えて走っていたイスラボニータ、
どちらかを消す事は前日から決めていました。
会員様に馬体重発表後に買い目を変更するかもしれませんと伝えましたが、
それはマイネグラティアとイスラボニータの馬体重を確認したかったからです。
マイネグラティアは420k台の小柄な牝馬なので馬体重減ならば消し、
イスラボニータは休み明けだったので馬体重減ならば消しにするつもりでいました。
馬体重はマイネグラティアが+6kでイスラボニータが-4kだったので、
イスラボニータを最後の1頭から消してしまったのです。
馬体重を気にしないで調教の本数が少なかったマイネグラティアを消すべきでした。
事前公開の“激アツ馬”ピークトラムが結果をだしたのに外してしまいスミマセンでした。


来週は2歳重賞の札幌2歳ステークス、小倉2歳ステークス、
今年のサマー2000の最終戦の新潟記念です。


札幌2歳ステークスは例年より小粒になりました。
昨年はコディーノ、ラウンドワールドがいたが今年はそういう大物はいません。
衝撃的なインパクトのある勝ち方をしたサトノアラジン、
コスモス賞で2着だったサトノフェラーリが回避したので、
函館デビュー以外のピオネロ、ハイアーレート、
牝馬のレッドリーヴェル、バウンスシャッセが勝算ありと見たのか出走します。
今年は能力差がほとんどないメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


小倉2歳ステークスも札幌2歳ステークスと同じで低調なメンツになりました。
日曜日は不良馬場だったのに1000万下で1分7秒7がでるくらい小倉の芝は高速だが、
今年はテンから飛ばして勝ち上がった一本調子の馬が揃ったので、
先行馬にはかなり厳しい展開になるでしょう。
デキの良し悪し一つで着順が大きく変わるくらいのメンツなので、
夏バテして下降している馬、デキが上昇している馬をしっかりと見極めて勝負しましょう。


新潟記念はサマー2000の最終戦になるが、
王者の資格があったマイネルラクリマが回避したので、
今年のチャンピオンは札幌記念を勝ったトウケイヘイローに決まってしまいました。
すべての馬が目標がなく出走する消化試合になったので、
各馬がどのようなモチベーションで出走するのかを見極めなければなりません。
ここをメイチの仕上げをしてレース後に休養させ秋のローカル重賞に備える馬、
馬主の要望でただ出走するだけの馬が混在しているはずです。
中間の調教から勝ちにきている馬、出走するだけの馬をしっかり見極めて勝負しましょう。


重賞レースパック受付中 問い合わせ


札幌2歳ステークスの有力馬の1週前時点の調教分析は、
ハイアーレート、バウンスシャッセ、ピオネロ、レッドリヴェールの4頭、
小倉2歳ステークスの有力馬の1週前時点の調教分析は、
ハッシュ、ベルカント、ベルルミエール、マイネヴァリエンテの4頭、
新潟記念の有力馬の1週前時点の調教分析は、
カルドブレッサ、ダコール、ニューダイナスティ、ブリッジクライムの4頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日8月25日の23時以降に確認して下さい。


札幌2歳ステークス、小倉2歳ステークス、新潟記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は8月29日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


ホームページ http://t-analysis.net/


重賞レースパック受付中 問い合わせ


札幌2歳ステークスの有力馬マイネルフロストの調教分析、
小倉2歳ステークスの有力馬ホウライアキコの調教分析、
新潟記念の有力馬トレイルブレイザーの調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR