今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


2013年勝負レース重賞の成績
回収率115.8% 鉄板軸馬の複勝率53.8%


7月28日からの勝負レースの成績は9戦6勝 回収率213.7%


8月17日
小倉10R 3連複6810円
調教抜群鉄板軸馬ピエナアプローズが2着


8月13日
佐賀9R 勝負レース サマーチャンピオン 3連複9010円 6点買い
調教抜群鉄板軸馬ガンジスが2着
“危険な人気馬”ダイショウジェットは
“完全消し”


8月10日
新潟11R 勝負レース 関屋記念 3連複2620円
調教抜群鉄板軸馬ジャスタウェイが2着
事前公開していた“危険な人気馬”ミッキードリーム
5番人気フラガラッハは
“完全消し”


小倉11R 勝負レース 阿蘇ステークス 3連複5890円
調教抜群鉄板軸馬スタッドジェルランが2着
事前公開の“危険な人気馬”メテオロロジスト
デキ落ち4番人気タガノロックオンは
“完全消し”


8月10日
新潟12R 3連複1640円
調教抜群鉄板軸馬コスモシャンハイが2着


8月4日
新潟11R 勝負レース レパードステークス 3連複1320円
調教抜群鉄板軸馬ケイアイレオーネが3着


小倉11R 勝負レース 小倉記念 3連複4180円
軸馬マイネルラクリマが3着



今週の的中は土曜日の小倉10R小郡特別の6810円だけになりました。
相手筆頭の激アツ馬が2頭結果をだしたのに良い成績がだせずスミマセンでした。


勝負レースだった札幌記念は事前公開していた“激アツ馬”アスカクリチャンが2着だったが、
軸馬レインボーダリアが大敗してしまい不的中でした。
大楽勝だったトウケイヘイローはレインボーダリアと同様に軸候補だったが、
時計がかかるタフな道悪が未経験という不安があったので、
調教が良かったレインボーダリアを軸にしました。
4角手前から上がっていった時のスピードの乗りは良かったが、
直線に向くとジリジリ伸びるだけで何もできずに終わってしまいました。
馬場がかなり悪かったエリザベス女王杯を勝っているので道悪は得意なはずだが、
京都のような軽い芝と違い洋芝の重い芝は合わなかったのかもしれません。
“激アツ馬”アスカクリチャンが結果をだしたのに不的中になってしまいスミマセンでした。


北九州記念は軸マイネルエテルネルが惨敗してしまい不的中でした。
このレースに鉄板と言えるような調教をしている馬はいませんでした。
軸候補はマイネルエテルネル、ニンジャの2頭で、
マイネルエテルネルを軸にして提供しましたが、
馬体重発表後に軸をニンジャに変更するかもしれませんと会員様に伝えました。
マイネルエテルネルは馬体重の増減はなかったがニンジャは4k減でした。
ニンジャが馬券の対象になっている時はすべて馬体重がプラスの時なので、
4k減った馬体重減を嫌い最初に提供した通りで軸はマイネルエテルネルで最終決定しましたが、
レースの結果はニンジャが2着でマイネルエテルネルは7着でした。
マイネルエテルネルは勝負所で前が詰まり柴田大が手綱を引いてしまう不利がありました。
高速決着のスプリント戦でこのような不利があると絶望的です。
ニンジャを軸にできなかった時点で駄目なレースでした。


今週の勝負レース重賞で的中ができずスミマセンでした。
しかし、7月28日からの勝負レースの成績は9戦6勝で回収率213.7%と好調です。
来週は重賞レースが3レースあるので全レース的中を目指し調教分析に没頭します。
勝負レースは好調なので会員様は期待してお待ち下さい。


来週はダート重賞のエルムステークス、
2013年のサマースプリント5戦目のキーンランドカップ、
新潟2歳マイル戦の新潟2歳ステークスです。


エルムステークスは15日に交流重賞ブリダーズゴールドカップがあったので、
重賞常連組の出走が少なくレベルは低調になりました。
エーシンモアエバー、グランドシチーといった実力馬がいるが、
ブライトライン、フリートストリート、ダノンゴールドといった、
4歳の上がり馬が古豪相手に通用するのかに注目が集まります。
現在のダート路線はホッコータルマエが一歩リードしていて、
グレープブランデー、ニホンピロアワーズが2番手だが、
クリソライト、インカンテーションといった強い3歳馬が出現したので混沌としてきました。
ブライトライン、フリートストリート、ダノンゴールドはまだ格下なので、
ここで賞金を加算しないと秋のJBCクラシック、ジャパンカップダートに出走できません。
エルムステークスは手薄なので上がり馬の4歳勢はここで賞金を稼ぎたいはずです。
ほとんどの馬が後先を考えずメイチの仕上げをして出走してくるはずなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


キーンランドカップはサマースプリント5戦目になります。
サマースプリント最終戦のセントウルステークスに絶対王者のロードカナロアが出走するので、
スプリント王者を狙っている馬はセントウルステークスでポイントを稼ぐのはほぼ絶望的です。
マジンプロスパーはスプリンターズステークスに直行なので権利が消滅し、
ハクサンムーンの動向がわからないがキーンランドカップが実質の王者決定戦になるでしょう。
チャンスがあるパドトロワ、フォーエバーマークはメイチの仕上げをしてくるはずですが、
古豪サンカルロ、上がり馬ストレイトガール、ファインチョイスが出走してきて、
馬場がかなり悪化したのでキーンランドカップは一筋縄ではいかないでしょう。
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。


新潟2歳ステークスは例年より出走馬のレベルは低いです。
前評判が高かったガリバルディ、オリハルコンが新馬戦を勝てなかったので、
将来が有望なのは8月5日の新馬戦を楽勝したサトノアラジンだけで、
他に先々が楽しみな2歳馬は出現していません。
イスラボニータ、ハープスター、ダウトレスが人気を集めそうだが、
このレベルならばデキ一つで負かせる馬はいるはずです。
今年は能力差がほとんどないのでデキの良し悪しが重要にになると見ています。
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を探しだして勝負しましょう。


重賞レースパック受付中 問い合わせ


エルムステークスの有力馬の1週前時点の調教分析は、
エーシンモアオバー、サイレントメロディ、ブライトライン、フリートストリートの4頭、
キーンランドカップの有力馬の1週前時点の調教分析は、
ストレイトガール、パドトロワ、ファインチョイス、フォーエバーマークの4頭、
新潟2歳ステークスの有力馬の1週前時点の調教分析は、
ダウトレス、ハープスター、デスティニーラブ、マイネグラティアの4頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日8月18日の23時以降に確認して下さい。


エルムステークス、キーンランドカップ、新潟2歳ステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は8月22日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


ホームページ http://t-analysis.net/


重賞レースパック受付中 問い合わせ


エルムステークスの有力馬ダノンゴールドの調教分析、
キーンランドカップの有力馬サンカルロの調教分析、
新潟2歳ステークスの有力馬イスラボニータの調教分析は少々お待ち下さい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR