今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


2013年勝負レース重賞の成績
回収率108.6% 鉄板軸馬の複勝率52.8%


7月14日
中京10R 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬がプレイズエターナルが3着
相手筆頭“激アツ馬”シェルエメールが2着


7月13日
福島11R 3連複2250円
調教抜群鉄板軸馬がディーエスコンドルが3着


中京11R 3連複810円
調教抜群鉄板軸馬がメイショウナルトが2着


7月10日
大井11R 勝負レース ジャパンダートダービー 3連複1680円
調教抜群鉄板軸馬クリソライトが1着
事前公開の“激アツ馬”ケイアイレオーネが3着
“危険な人気馬”ベストウォーリアは5着


7月6日
中京12R 3連複980円
調教抜群鉄板軸馬テンペルが1着


6月30日
中京11R 勝負レース CBC賞 3連複1980円
調教抜群鉄板軸馬サドンストームが3着


6月29日
中京11R 白川郷ステークス 3連複4780円
調教抜群鉄板軸馬スズカルーセントが2着


6月26日
大井11R 勝負レース 帝王賞 3連複960円
調教抜群鉄板軸馬ニホンピロアワーズが2着
ハタノヴァンクールは
“完全消し”



今週は的中レースがありませんでした。
土曜日に浜田省吾のファンクラブ限定のライブに行って、
パワーを充電してきたが良い結果をだす事ができずスミマセンでした。
去年の6月のさいたまスーパーアリーナの時も結果がだせなかったので、
浜省パワーが上手く活用されていないようです。
浜省のライブの事は水曜日に少し書かせてもらいます。


函館2歳ステークスは調教抜群の軸馬オールパーパスの脚がゴール前で止まってしまい、
トーセンシルエットに交わされハナ差で4着になり外してしまいました。
2着のプラチナティアラは直前調教が良く2番手の相手だったので、
ゴール前は余裕でレースを見ていたがまさかの不的中でした。
直前調教後に岩田が勝ちそうな気がするとV宣言に近いコメントをだしていたが、
レース後は距離はもう少し長い方がいいと思いますって何?
本音は言いづらいでしょうがレース後にこういうコメントは聞きたくなかったです。


中京記念は軸馬ランリョウオーが馬群に沈んでしまいました。
日曜日はランリョウオーの騎乗者浜中が絶好調のイケイケで、
このレース前まで6勝、2着1度、3着2度の複勝率は100%でした。
このような成績が加味されランリョウオーが1番人気になってしまい、
少し嫌な感じがしていましたが現実になってしまいました。
前走のフリーウェイステークスは1400mだったので先行して押し切ったが、
1600mは後ろまで下げて後方からの差しがほとんどでした。
馬場が悪い内枠だったので後方まで下げて大外からの差しを期待していたが、
先行馬の少し後ろの中団のままで内から流れ込んだだけでした。
人気を背負っていたので浜中は思い切った競馬ができなかったのでしょうが、
1600mだったので多少のコースロスがあっても本来の後方一気をして欲しかったです。


来週は牝馬重賞のクイーンステークス、
サマースプリント3戦目のアイビスサマーダッシュです。


クイーンステークスは3歳トップクラスがいないので少し寂しくなりました。
2010年はアプリコットフィズ、2011年はアヴェンチュラ、
2012年はアイムユアーズといった3歳トップクラスが出走して、
優勝しているが今年は3歳馬のトップクラスの登録がありません。
当初はローブティサージュ、パララサルーが出走予定だったが、
調整が遅れてしまい登録さえしなかったので4歳、5歳が有力になります。
今年は9頭立ての少頭数になりそうで上位と下位に大きな壁があるので、
クイーンステークスは重賞だが勝負レースにしないかもしれません。
有力馬の調教分析はしますが最終調教を見てから勝負レースにするかどうかを決めます。


アイビスサマーダッシュは快速馬が揃ったのでアツイ電撃戦になるでしょう。
サマースプリントシリーズは2006年から始まり今年で8年目になるが、
過去7回中でアイビスサマーダッシュを勝った5頭がサマースプリント王者になっています。
アイビスサマーダッシュを勝つと余裕を持ってローテーションが組めるので、
サマースプリント王者になる確率が高いのです。
昨年のアイビスサマーダッシュを勝ったパドトロワが今年も出走します。
昨年は函館スプリントステークス4着から巻き返してアイビスサマーダッシュを制して、
その後にキーンランドカップを勝ちサマースプリント王者になったが、
今年は初戦の函館スプリントステークスを勝ち勢いをつけての出走になりました。
今年も有力だが昨年は56kで今年は59kなので昨年のような楽な競馬はできないでしょう。
直線競馬はダッシュ力が最も重要です。
今年はハクサンムーン、フォーエバーマークといったスタートが速く、
二の脚も速い韋駄天がいるので59kを背負うパドトロワは現時点で信用していません。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかりと見極めて勝負しましょう。


重賞レースパック受付中 問い合わせ


クイーンステークスの有力馬の1週前時点の調教分析は、
アイムユアーズ、オールザットジャズ、キャトルフィーユ、クィーンズバーンの4頭、
アイビスサマーダッシュの有力馬の1週前時点の調教分析は、
アフォード、パドロロワ、フォーエバーマーク、プリンセスメモリーの4頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日7月21日の23時以降に確認して下さい。


クイーンステークス、アイビスサマーダッシュの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は7月25日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


ホームページ http://t-analysis.net/


重賞レースパック受付中 問い合わせ


クイーンステークスの有力馬マルセリーナの調教分析、
アイビスサマーダッシュの有力馬ハクサンムーンの調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR