今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


2013年勝負レース重賞の成績
回収率135.0% 鉄板軸馬の複勝率58.0%


赤字は勝負レース、好配当的中


4月21日
東京11R フローラステークス 3連複6880円
調教抜群の鉄板軸馬エバーブロッサムが2着
事前公開していた“激アツ馬”ブリュネットが3着
事前公開していた“危険な人気馬”セキショウは“完全消し”


4月13日
阪神11R アンタレスステークス 3連複1110円
調教抜群鉄板軸馬ニホンピロアワーズが2着
デキ落ちの4番人気バーディバーディは“完全消し”


4月7日
阪神9R 忘れな草賞 3連複41160円
調教抜群鉄板軸馬オーキッドレイが3着
相手筆頭の“激アツ馬”9番人気ナンヨーユナが2着


3月31日
中山11R ダービー卿CT 3連複2770円
調教抜群鉄板軸馬ダイワマッジョーレが1着
事前公開の“危険な人気馬”ガルボは“完全消し”


阪神11R 大阪杯 3連複770円
調教抜群鉄板軸馬オルフェーヴルが1着
事前公開の“危険な人気馬”ヴィルシーナは“完全消し”


3月30日
阪神11R コーラルステークス 3連複2330円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤサガスが1着


3月23日
阪神11R 毎日杯 3連複4020円
調教抜群鉄板軸馬キズナが1着
デキ落ちのラブリーデイは“完全消し”


阪神10R 鳴門ステークス 3連複1110円
調教抜群鉄板軸馬サンライズブレットが3着


今週は的中レースがありませんでした。
勝負レースだった京都新聞杯、新潟大賞典がヒモ抜けで、
NHKマイルカップはタテ目になってしまいスミマセンでした。


土曜日の京都新聞杯は軸キズナが完勝したが、
2着ペプチドアマゾンが相手抜けになりヒモ抜けで外してしまいました。
3着だった11番人気のジャイアントリープは相手に入れていたので、
ペプチドアマゾンを買えなかったのは痛恨です。
キズナは好調時のデキではなかったが今年の相手ならば、
9分のデキでも馬券圏内にはくるだろうと見て軸にしました。
キズナと同じ軸候補だったリグヴェーダはまたスタートで後手を踏んでしまい、
最後まで流れに乗れず15着に惨敗しました。
最近よくある軸馬の二者選択に間違いはなかったが、
軸がくると何か1頭が抜けてしまうチグハグな結果になってしまいスミマセンでした。


日曜日の新潟大賞典もヒモ抜けで外してしまいました。
軸ダコールが3着だったが1着のパッションダンスがヒモ抜けになりました。
パッションダンスは最後の相手1頭に入れようか迷ったが、
会員様に事前公開していた“危険な人気馬”ヴェルデグリーンが、
絶好枠の1枠に入ってしまったのでヴェルデグリーンを最後の相手に入れてしまいました。
パッションダンス、ヴェルデグリーンは2頭ともデキは下降気味だったが、
先行馬が少ない中でこの2頭は先行できるのでデキは悪くても展開は向きそうでした。
軸馬の二者選択ではなく今度は相手の選択を間違えてしまいスミマセンでした。


NHKマイルカップは悔しいタテ目の決着になってしまいました。
会員様に事前公開していた“激アツ馬”8番人気のフラムドグロワールが3着になり、
2番目の相手だった10番人気のマイネルホウオウが1着になり、
事前公開していた“危険な人気馬”ゴッドフリートを“完全消し”までは完璧でした。
問題は軸馬でレッドアリオンがまさかの大出遅れで4着ではどうしようもありません。
レッドアリオンと同じく軸候補だったガイヤーズベルトが5着だったので、
掲示板にのった1着~5着はパーフェクトで好配当が手の届く位置にあったのです。
会員様に事前公開していた“激アツ馬”が走ると軸馬が出遅れ、
軸馬の選択が合っていると相手が抜けてしまう最悪の2日間になってしまいスミマセンでした。


来週は安田記念のステップレース京王杯SC、
春の牝馬最強馬決定戦のヴィクトリアマイルです。


京王杯SCは安田記念の重要なステップレースです。
マイル路線はグランプリボスが頭一つ抜けている存在だったが、
最強スプリンターのロードカナロアが安田記念の参戦を表明したので、
マイル路線は一転してロードカナロア一色になりました。
中距離路線からショウナインマイティ、ダークシャドウが参戦して、
香港からエクステンション、グロリアスデイズが来日しそうなので、
安田記念はかなりアツイ戦いになるでしょう。
今年の安田記念の出走のボーダーラインがかなり高くなるので、
賞金不足の馬はこの京王杯SCで賞金を加算できないと出走はできません。
サダムパテックを含めて賞金が足りている数頭を除く馬は後先を考えず、
メイチの仕上げをしてくるはずなのでデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


ヴィクトリアマイルは実績馬、上がり馬が激突するので面白いレースになるでしょう。
3冠牝馬ジェンティルドンナの2着続きだったヴィルシーナ、
昨年末から本格化したハナズゴール、サウンドオブハートといった4歳馬が人気になるが、
マイネイサベル、オールザットジャズの5歳馬が復活してきて、
エリザベス女王杯の覇者6歳レインボーダリアもいるのでアツイ世代対決になります。
この時期の牝馬にはフケがあり調整が難しいので調教を控える馬がたまにいます。
1週間でコロッと変わってしまう時期の牝馬なので、
デキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


春のG1レースパック、重賞レースパック受付中 問い合わせ


京王杯SCの有力馬の1週前時点の調教分析はガルボ、サンカルロ、
シャイニーホーク、ダイワマッジョーレ、トウケイヘイローの5頭、
ヴィクトリアマイルの有力馬の1週前時点の調教分析はオールザットジャズ、サウンドオブハート、
ドナウブルー、ハナズゴール、マイネイサベル、レインボーダリアの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月5日の22時以降に確認して下さい。


京王杯SC、ヴィクトリアマイルの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は5月9日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


ホームページ http://t-analysis.net/


春のG1レースパック、重賞レースパック受付中 問い合わせ


京王杯SCの有力馬サダムパテックの調教分析、
ヴィクトリアマイルの有力馬ヴィルシーナの調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR