今週は6戦5勝の準パーフェクト 回収率は400%

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


2013年勝負レース重賞の成績
回収率199.4% 鉄板軸馬の複勝率60.7%


3月10日
阪神11R フィリーズレビュー 3連複22770円
調教抜群鉄板軸馬メイショウマンボが1着
事前公開の“激アツ馬”11番人気ティズトレメンダスが3着


中京11R トリトンステークス 3連複6070円
調教抜群鉄板軸馬バクシンカーリーが2着


3月9日
中山11R アネモネステークス 3連複870円
調教抜群鉄板軸馬ジーニマジックが2着


中京11R 中日新聞杯 3連複2920円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤタイシが2着
デキ下降のパッションダンスは
“完全消し”


阪神10R うずしおステークス 3連複3390円
調教抜群鉄板軸馬イチオクノホシが3着

3月2日
中山11R オーシャンステークス 3連複3100円
調教抜群鉄板軸馬ダッシャーゴーゴーが2着
事前公開の“激アツ馬”ツルマルレオンが3着

2月23日
阪神11R アーリントンカップ 3連複550円
調教抜群鉄板軸馬カオスモスが2着

2月17日
小倉11R 小倉大賞典 3連複8050円
調教抜群鉄板軸馬ダローネガが3着

2月10日
京都11R 京都記念 3連複3130円
調教抜群鉄板軸馬ベールドインパクトが2着


今週は6戦5勝という準パーフェクトの的中になりました。
外した中山牝馬ステークスは軸馬の二者選択を間違えてしまい、
タテ目になったのが残念でしたが回収率は400%だったので、
ほぼ完璧と言っていいでしょう。


土曜日は3戦全勝でしたが配当が安くて少し不本意でした。
阪神10Rうずしおステークスは軸イチオクノホシが3着になりましたが、
デキ急上昇の“激アツ馬”クッカーニャが5着でエピトリカが4着だったので、
的中しても不完全燃焼になりました。


中日新聞杯は軸アドマイヤタイシが2着になりました。
軸候補はトウカイパラダイス、アドマイヤタイシでしたが、
トウカイパラダイスが前日の金曜日に坂路でラスト1F12.6秒という、
速い時計をだしたのが疑問だったのでアドマイヤタイシを軸にしました。
トウカイパラダイスは3着になったが前日にあのような時計をだすくらいなので、
前日までは馬体重が重くデキはあまり良くなかったはずです。
人気だったパッションダンスは“完全消し”にしました。
内から伸びてきたがデキが良くなかったので最後は弾けず4着でした。
このレースは安い配当になったがこういう混戦のレースでは、
パッションダンスのような“危険な人気馬”の取捨がとても重要なのです。


フィリーズレビューは調教抜群鉄板軸馬メイショウマンボが快勝して、
会員様に事前公開していた“激アツ馬”11番人気のティズトレメンダスが3着にきて、
3連複22770円という好配当が的中できました。
ノーブルコロネットが内から差してきてティズトレメンダスと写真判定になりましたが、
川須が最後まで諦めず一生懸命追ったのでハナ差を制しました。
ノーブルコロネットはノーマークだったので川須様々です。
1番人気のサンブルエミューズは11着に大敗しましたが、
会員様に事前公開で“危険な人気馬”だとお伝えしていました。
好位からズルズル後退していきましたがやはりデキが悪かったのでしょう。
会員様に事前公開していた“激アツ馬”11番人気ティズトレメンダスが3着になり、
“危険な人気馬”1番人気サンブルエミューズが馬群に沈み、
3連複22770円が的中できる今年一番のケチのつけようがない結果になり満足しています。


中山牝馬ステークスは軸馬の二者選択を間違ってしまいタテ目になりました。
木曜日に会員様に事前公開していた“激アツ馬”はダイワズームでしたが、
土曜日に一時的に1番人気になるくらい人気を集めてしまいました。
最終的に3番人気でしたがここまで人気になってしまうのは予想外でした。
軸候補はオールザットジャズだったが大外枠に入ってしまいました。
直前調教でも行きたがっていたのでこの枠は大きなマイナス材料でした。
引っ掛かってしまい行ってしまう可能性があったので、
“激アツ馬”にしていたダイワズームを軸にしましたが、
予想外のハナに行ってしまい5着に敗れてしまいました。
ダイワズームはデキは間違いなく良かったはずなので、
このような小細工せず普段通りの競馬をして欲しかったです。
行ってしまう恐れがある枠に入ったオールザットジャズは折り合って自分の競馬をして3着でした。
余計な事を考えずオールザットジャズを軸にしていれば、
6戦6勝が達成できていたのでこの二者選択のミスは超悔しいです。


中山牝馬ステークスのミスは痛いが今週は準パーフェクトなので満足しています。
今年の勝負レース重賞の回収率が199.4%になったので200%が目前です。
来週も会員様に良い結果がだせるよう最善を尽くすので期待してお待ち下さい。


来週はNHKマイルカップのステップ的なレースのファルコンステークス、
桜花賞の最終便のフラワーカップが土曜日に行われ、
日曜日に春天皇賞の前哨戦の阪神大賞典、
皐月賞のトライアルレースのスプリングステークスが行われます。


ファルコンステークスはNHKマイルカップを占う重要なレースです。
距離は1400mだがタフな中京なのでここで結果をだせば東京マイルの克服は可能です。
昨年の朝日杯の覇者ロゴタイプは皐月賞で結果がでればダービーに向うが、
結果がでなければNHKマイルに路線を変更してくるでしょう。
朝日杯2着のコディーノは皐月賞、ダービーの王道路線なので、
今年の3歳マイル戦線は混沌としていると言っていいでしょう。
ここで高いパフォーマンスをだせばNHKマイルカップの有力候補になるので、
どの馬もメイチの仕上げをして賞金を取りにくるはずです。
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。


フラワーカップは桜花賞の最終切符のレースです。
ここで2着以内に入れば中2週という厳しいローテーションになるが桜花賞へ出走できます。
今週のフィリーズレビューでメイショウマンボが勝ったが、
使い詰めで馬体重が減り続けていて距離も微妙なので桜花賞では伏兵扱いになります。
チューリップ賞、アネモネステークスもレースレベルに疑問があるので、
今年の3歳牝馬戦線は大混戦と言っていいでしょう。
ここで結果をだせば桜花賞有力候補になる可能性があるので、
どの馬も後先考えずメイチの仕上げをして出走してくるはずです。
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。


阪神大賞典で勝負するのは無謀です。
変則3冠馬ゴールドシップがこのレースから始動するが、
負かせるような馬が不在なので低配当になるのは確実です。
ゴールドシップのデキが70%程度でも、
馬券圏内を外す確率は極めて低いので阪神大賞典の提供はしません。
有力馬デスペラード、ベールドインパクトの調教分析はしているので、
勝負したい会員様は参考にして下さい。


スプリングステークスは皐月賞を占う重要なトライアルレースです。
今年の3歳牡馬路線は牝馬と同じでいまだに勢力図が見えてきません。
混沌としているので今年の皐月賞出走のボーダーラインは高くなります。
昨年は900万でも抽選で皐月賞に出走できて、
2年前は1350万、3年前は1200万の賞金があれば出走できました。
今年は3月23日の毎日杯の結果次第になるが、
オープンを勝っている1850万のマイネルホウオウでも現時点で出走が危ういのです。
今のままでは出走が微妙なマイネルホウオウ、アクションスター、
どうしても権利を取りたい900万の2勝馬が出走するのでアツイ戦いになるのは確実です。
賞金が足りているロゴタイプ、タマモベストプレイ、フェイムゲームを除く馬は、
後先を考えずメイチの仕上げをしてくるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


春のG1レースパック、重賞レースパック受付中 問い合わせ


ファルコンステークスの有力馬の一週前時点の調教分析は、
ディアセルヴィス、プレイズエターナル、モグモグパクパク、ワキノブレイブの4頭、
フラワーカップの有力馬の一週前時点の調教分析は、
エバーブロッサム、サクラプレジール、タプローム、ハーモニーフェアの4頭、
阪神大賞典の有力馬の一週前時点の調教分析は、
デスペラード、ベールドインパクトの2頭、
スプリングステークスの有力馬の一週前時点の調教分析は、
アクションスター、タマモベストプレイ、フェイムゲーム、マイネルホウオウの4頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月10日の22時以降に確認して下さい。


ファルコンS、フラワーC、阪神大賞典、スプリングSの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は3月14日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


ホームページ http://t-analysis.net/


春のG1レースパック、重賞レースパック受付中 問い合わせ


ファルコンステークスの有力馬ティーハーフの調教分析、
フラワーカップの有力馬カラフルブラッサムの調教分析、
阪神大賞典の有力馬ゴールドシップの調教分析、
スプリングステークスの有力馬ロゴタイプの調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR