今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


2013年勝負レース重賞の成績
回収率190.5% 鉄板軸馬の複勝率63.2%


2月17日
小倉11R 小倉大賞典 3連複8050円
調教抜群鉄板軸馬ダローネガが3着


2月10日
京都11R 京都記念 3連複3130円
調教抜群鉄板軸馬ベールドインパクトが2着


2月9日
東京11R クイーンカップ 3連複7270円 1260円
調教抜群鉄板軸馬スイートサルサが2着


東京10R 銀蹄ステークス 3連複680円
調教抜群鉄板軸馬スノードラゴンが1着


1月21日
中山11R 京成杯 3連複27420円
調教抜群鉄板軸馬フェイムゲームが1着
事前公開の“激アツ馬”ケイアイチョウサンが3着

事前公開の“危険な人気馬”マイネルマエストロは完全消し


中山10R サンライズステークス 3連複1770円
調教抜群鉄板軸馬プリンセスメモリーが2着



今週は勝負レースだった小倉大賞典の的中のみでした。


ダイヤモンドステークスは鉄板軸馬アドマイヤラクティが完勝したが
2着ジャガーメイル、3着メイショウカドマツがともに相手になく紐抜けになりました。
ジャガーメイル、メイショウカドマツは消せるような調教過程ではないと、
会員様に事前公開していましたが他に調教が良くて買いたい馬がいたので、
2頭とも泣く泣く消してしまいました。
少し欲をだしてしまう買い目にしてしまいスミマセンでした。


小倉大賞典は調教抜群の鉄板軸馬ダローネガが3着になり的中できました。
勝ちにいっていたので早めに仕掛けたせいか最後は脚が上がっていたが、
なんとかマルカボルトの強襲を凌いで3着に残ってくれました。
デキが悪ければもっと早く失速していたはずなので、
やはりデキはかなり良かったのでしょう。


フェブラリーステークスは外してしまいました。
軸馬テスタマッタが伸びかけた所でワンダーアキュートに体当たりされてしまいました。
和田が騎乗停止になるくらいなのでかなり大きな不利を受けてしまったのです。
もし不利がなければテスタマッタの3着はあったかもしれませんが、
2着のエスポワールシチーは相手に入っていなかったので外れていました。
今年の一発目のG1で軸馬がこのような不利を受けてしまい、
後味の悪いレースになってしまいました。


今週の勝負レース重賞は3戦1勝で回収率は178.9%で鉄板軸馬の複勝率は66.7%でした。
フェブラリーステークスは取れませんでしたがトータルでは良い結果が残せました。
勝負レースの重賞は好調なので来週も良い成績を残したいと思います。


来週はNHKマイルカップの前哨戦的なレースのアーリントンカップ、
高松宮記念のステップレースの阪急杯、
安田記念、宝塚記念を占う中距離重賞の中山記念が行われます。


アーリントンカップはNHKマイルカップを占う重要なレースです。
クラシックを目指す馬が何頭かいるでしょうが、
ほとんどはここを使ってニュージーランドTを叩いて本番に向うはずです。
G1に出走できる賞金を持っている馬が少ないので、
ほとんどの馬はここで賞金を加算して余裕をもって本番に向いたいはずです。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


阪急杯は高松宮記念のステップレースです。
昨年末に香港スプリントを制したロードカナロアがこのレースから始動します。
香港スプリントの圧勝が評価され2012年度のワールドサラブレッドランキングの、
ロードカナロアは120という高いレーティングになりました。
カレンチャンが113、キンシャサノキセキが115だったので、
ロードカナロアの120は驚異的な数値の高さです。
香港の名スプリンターだったテイクオーバーターゲットが120なので、
ロードカナロアは世界的なスプリンターへ仲間入りしたのです。
阪急杯は実績がない1400mだが58kならば無様な競馬にはならないでしょう。
しかし、目標がドバイか高松宮記念なので余裕残しで、
中間の調教に疑問があるので取りこぼす可能性はあると見ています。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


中山記念は中距離実績馬が揃いアツイ戦いになりそうです。
出走馬のほとんどはここを使って大阪杯から安田記念か宝塚記念というのが目標のはずです。
宝塚記念にはオルフェーヴル、ジェンティルドンナ、ゴールドシップという高い壁があるが、
何が起こるかわからないのでどの馬もここで賞金を加算して出走したいと考えているでしょう。
人気が割れそうなので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬をしっかり見極めて勝負しましょう


春のG1レースパック、重賞レースパック受付中 問い合わせ


アーリントンカップの有力馬の一週前時点の調教分析は、
コパノリチャード、テイエムイナズマ、ラブリーデイ、レッドアリオンの4頭、
阪急杯の有力馬の一週前時点の調教分析は、
オリービン、サンカルロ、マジンプロスパー、ロードカナロアの4頭、
中山記念の有力馬の一週前時点の調教分析は、
タッチミーノット、ダノンバラード、トーセンレーヴ、ナカヤマナイトの4頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月17日の22時以降に確認して下さい。


アーリントンカップ、阪急杯、中山記念の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月21日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


ホームページ http://t-analysis.net/


春のG1レースパック、重賞レースパック受付中 問い合わせ


アーリントンカップの有力馬カオスモスの調教分析、
阪急杯の有力馬エピセアロームの調教分析、
中山記念の有力馬シルポートの調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR