京都牝馬Sの有力馬ハナズゴールの調教分析

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


・ハナズゴール
栗東坂路  9日 52.1-38.4-26.2-13.6 一杯
栗東坂路 17日 58.5-42.5-28.0-13.4 馬なり


リゲルステークス後も栗東に滞在しているがずっと馬場入りをしないで、
ようやく1月6日に軽くやり9日、17日に栗東坂路で調教をやってきました。
1週前の9日は坂路で単走でやってきました。
1回目のハロー明けから少し時間が経った8時26分の走りだったが、
4F52.1秒という速い時計がでました。
しかし、ラスト2Fが12.6秒、13.6秒と大きく失速しているので、
良い走りだったとは言えません。
前走の直前はラスト2F13.2秒、12.7秒をだしていましたが、
ラスト1Fが最速になるのがベストなので9日の走りは不満なのです。
それにずっと栗東にいるのに1本しかやっていない事も不満です。
直前の17日は坂路で単走馬なりでやってきました。
2回目のハロー明け直後だったが馬場が重く、
馬なりだったので4F58.5秒という時計でした。
折り合いを欠く事なく軽快なフットワークで、
ラスト1Fが最速になるラップがでたが4F58.5秒はあまりにも時計が遅すぎます。
1週前がラスト1F失速で直前が軽い走りなのでデキに疑問があります。
現時点で不安材料はあります。



京都牝馬ステークスの有力馬の調教分析は、
アカンサス、アスカトップレディ、クィーンズバーン、レディアルバローザの4頭、
東海ステークスの有力馬の調教分析は、
グレープブランデー、ソリタリーキング、ハートビートソング、ヤマニンキングリーの4頭、
AJCCの有力馬の調教分析はサトノアポロ、トランスワープ、ルルーシュの3頭、
京成杯の有力馬の調教分析はアクションスター、ノウレッジ、マイネルマエストロの3頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は17日の21時以降にご覧になって下さい。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV  http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


パソコン http://t-analysis.net/  携帯 http://t-analysis.net/mobile/


重賞レースパック受付中 問い合わせ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR