今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


2013年勝負レース重賞の成績
回収率177.4% 鉄板軸馬の複勝率61.5%


1月21日
中山11R 京成杯 3連複27420円
調教抜群鉄板軸馬フェイムゲームが1着
事前公開の“激アツ馬”ケイアイチョウサンが3着

事前公開の“危険な人気馬”マイネルマエストロは完全消し


中山10R サンライズステークス 3連複1770円
調教抜群鉄板軸馬プリンセスメモリーが2着


1月20日
中山11R AJCC 3連複2740円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤラクティが3着


中京11R 東海ステークス 3連複4430円
調教抜群鉄板軸馬グレープブランデーが1着


1月19日
中京12R 寒狭川特別 3連複4000円
調教抜群鉄板軸馬シャドウバンガードが2着



今週は的中がありませんでした。
勝負レースだった2日のすばるステークス、
3日の東京新聞杯を紐抜けで外してしまいスミマセンでした。


土曜日の勝負レースだったすばるステークスは鉄板軸馬アドマイヤロイヤルが2着になり、
事前公開の“危険な人気馬”エアウルフが飛んでくれたが、
3着のシセイオウジが拾えず外してしまいました。
アドバンスウェイ楽に逃げていたのにその後ろにいた馬が早々と止まってしまい
追い込みのシセイオウジが届いてしまいました。
サクラシャイニーがもう少し追い出しを遅らせていればという悔しい結果になりました。
勝負レースを紐抜けで外してしまいスミマセンでした。


日曜日の勝負レースだった東京新聞杯も紐抜けで外してしまいました。
1枠に入ったので人気になってしまったが事前公開の“激アツ馬”ダイワマッジョーレが2着、
調教抜群の鉄板軸馬クラレントが1着でしたが、
3着のトライアンフマーチが拾えず外してしまいました。
人気でデキ落ちだったのはトライアンフマーチとマウントシャスタでした。
2頭とも能力は高くこの相手ならばデキ落ちでも走ってしまう可能性があったので、
どちらか1頭を切る事にしましたが伸びシロがある4歳のマウントシャスタを上に見て、
トランアンフマーチを切ってしまいマウントシャスタを最後の1頭に入れてしまいました。
トライアンフマーチは前走の京都金杯と同じでスローペースを先行して粘り込んだが、
一方のマウントシャスタはスタート後のダッシュがつかず後方のまま流れ込んだだけでした。
切り捨て馬の選択を誤ってしまいスミマセンでした。


今年の勝負レース重賞の回収率は177.4%ありますが紐抜けで5レースも外しています。
“激アツ馬”は結果をだしていて鉄板軸馬の複勝率が61.5%もあるのに、
相手馬の選択ミスが続いています。
鉄板軸馬の選別は間違っていないので来週からもう少し慎重に相手馬の選別をして、
回収率を上げていきたいと思います。


来週は3歳牝馬クラシックの前哨戦のクイーンカップ、
春天皇賞を占う古馬重賞の京都記念、
3歳牡馬クラシックの前哨戦の共同通信杯が行われます。


クイーンカップが行われると春のクラシックが目前という感じがします。
3歳牝馬路線は阪神ジュベナイルFを勝ったローブティサージュが頭一つ抜けだしているが、
他馬を圧倒するような強さはなくコロっと負けてしまう脆さがあります。
今のところズバ抜けた馬がでてきていないので、
昨年のこのレースを勝ったヴィルシーナのように、
ここで高いパフォーマンスをだせばクラシック路線の有力候補になるでしょう。
このレースで賞金加算できれば楽なローテンションが組めるので、
ほとんど馬はメイチの仕上げをして出走してくるはずです。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


京都記念は無事ならばクラシックを取っていたかもしれないジョワドヴィーヴル、
能力はG1級のショウナンマイティが復帰して、
上がり馬の4歳ベールドインパクト、ジャスタウェイ、
実力馬トーセンラーが激突するのでアツイ戦いになるでしょう。
ビートブラック以外は春天皇賞には向わず最大目標は宝塚記念のはずです。
その宝塚記念は怪我、トラブルがなければオルフェーヴル、ジェンティルドンナ、
ゴールドシップの3強初対決になるので他馬のつけ入る隙は少ないです。
しかし、何が起こるかわからないのでほとんどの馬はここで確実に賞金を加算して、
宝塚記念の出走を確定にしたいはずです。
どの馬も勝つ能力は持ち合わせているので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


共同通信杯は3歳牡馬クラシックを占う重要な重賞レースです。
コディーノの力が抜けていると思われていたが朝日杯で完敗してしまいました。
ラジオNIKKEI杯でエピファネイア、京成杯でフェイムゲーム、
若駒ステークスでリヤンドファミユ、若竹賞でダービーフィズが強い勝ち方をしたので、
コディーノ一色から一転して牡馬クラシック戦線は混沌となりました。
今年は札幌2歳ステークスでコディーノの2着だったラウンドワール、
朝日杯で3着のゴットフリート、京成杯で3着のケイアイチョウサン、
父がバゴで血統は地味だが能力が高いマンボネフューが激突するのでアツイ戦いになるでしょう。
今年はデキ一つで着順が大きく替わると見ているので、
デキが急上昇している馬、下降している馬をしっかり見極めて勝負しましょう。


クイーンカップの有力馬の一週前時点の調教分析は、
イリュミナンス、ウキヨノカゼ、スイートサルサの3頭、
京都記念の有力馬の一週前時点の調教分析は、
カポーティスター、ショウナンマイティ、トーセンラー、ベールドインパクトの4頭、
共同通信杯の有力馬の一週前時点の調教分析は、
クロスボウ、ケイアイチョウサン、ゴットフリート、マンボネフューの4頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は、
今日2月3日の22時以降にご覧になって下さい。


クイーンカップ、京都記念、共同通信杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月7日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


パソコン http://t-analysis.net/  携帯 http://t-analysis.net/mobile/


ホームページのデータが飛んでしまい更新が止まっています。
近日中に復旧させますので暫くお待ち下さい。


重賞レースパック受付中 問い合わせ


クイーンカップの有力馬コレクターアイテムの調教分析、
京都記念の有力馬ジャスタウェイの調教分析、
共同通信杯の有力馬ラウンドワールドの調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR