今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


最近の的中レース


1月12日
京都11R 大和ステークス 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが2着


12月29日
大井10R 東京大賞典 3連複390円
調教抜群鉄板軸馬ハタノヴァンクールが2着
事前公開の危険な人気馬“危険な人気馬”エスポワールシチーは完全消し


12月24日
阪神12R ギャラクシーステークス 3連複1670円
調教抜群鉄板軸馬ガンジスが1着
デキ落ち“危険な人気馬”ファリダットは完全消し


阪神11R サンタクロースハンデ 3連複3620円
調教抜群鉄板軸馬ナムラオウドウが3着


12月23日
阪神12R 3連複2020円
調教抜群鉄板軸馬ペガサスヒルズが3着


今週は土曜日の大和ステークスの的中だけになってしまいました。
相手筆頭“激アツ”が結果をだしているレースがあったのに的中ができずスミマセンでした。


フェアリーステークスは鉄板軸馬ウインプリメーラの消極的な競馬にやられてしまい、
日経新春杯は鉄板軸馬トウカイパラダイスが3着でしたが、
カポーティスターが相手に拾えず外してしまいました。
調教の量が少なくカポーティスターのデキはあまり良くなかったはずですが、
内しか伸びない馬場にやられてしまいました。


“激アツ馬”が結果をだしたレースが2つあったが、
2レースとも軸馬はどこにもいない大敗でした。
チグハグな提供をしてしまいスミマセンでした。
この借りは来週の3日開催で取り返してみせます。


来週は京都牝馬ステークス、東海ステークス、AJCC、
そして21日に中止になった京成杯が行われます。


京都牝馬ステークスは実力馬ハナズゴール、レディアルバローザ、
上がり馬サクラクローバー、エーシンメンフィスが激突するのでアツイ戦いになりそうです。
例年ならば昨年のショウリュウムーンのように京都金杯を叩いて使う牝馬が多かったが、
今年は例年より1週繰り上がり京都金杯から中1週になったので、
出走頭数が少なくなったのが少し残念です。
しかし、実力が拮抗していてアツイ戦いになるので、
出走馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


東海ステークスは昨年まで京都1900mダートで5月3週目に行われていたが、
1月3週目にあった平安ステークスと入れ替えになり、
中京ダート1800mで行われるようになりました。
1月27日の根岸ステークス、1月30日の交流G1川崎記念、
そしてこの東海ステークスすべて左回りになった事になります。
JRAは2月17日のフェブラリーステークスのステップレースにしたかったので、
東海ステークスを移動をこの時期に移動させたのでしょう。
ホッコータルマエ、グランドシチーの登録があるが、
2頭とも1月30日の川崎記念に出走できるので回避するでしょう。
強豪2頭が回避すると東海ステークスはレベルが一気に下がってしまい、
オープン特別と同じほどになってしまいます。
デキ一つで着順が大きく変わるほど拮抗しているメンバーになるので、
デキが下がっている馬、急上昇している馬をしっかり見極めて勝負しましょう。


AJCCは有馬記念で結果をだせなかった馬、上がり馬が激突するのでアツイ戦いになります。
有馬記念組でルルーシュ、ナカヤマナイトは見せ場もなく惨敗しました。
しかし、ルルーシュは大外枠で重め残りがあり、
ナカヤマナイトも微妙に距離が長かったのかもしれないので2頭とも巻き返す可能性はありそうです。
上がり馬サトノアポロは昨年の夏はまだ500万下だったのにわずか5戦でオープン入りしました。
福島、新潟、東京、中山と別々のコースで結果をだしていて、
馬体重が増え続けているので一気に本格化したと見ていいでしょう。
他に実力馬トランスワープ、ダノンバラード、アドマイヤラクティが出走するので、
出走頭数は少なくなるが激戦になるでしょう。
各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。


京成杯は21日に出馬投票をやり直して行われる事が決定しました。
1月7日の登録馬は15頭しかいなかったが再登録では8頭も増えて23頭の登録になりました。
ダービーフィズ、リグヴェーダが登録してきたので一気に難しいレースになりました。
14日に出走予定だった馬の調教をしっかりと分析し、
新しく登録してきた馬のデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。


21日は中山5R~12R行われます。
午前中の馬場、時計が判らないのが痛いですが、

荒れそうなレースがあるので21日は会員提供するつもりです。
この日はカウントなしになるので会員様は無料になります。


京都牝馬ステークスの有力馬の一週前時点の調教分析は、
アカンサス、アスカトップレディ、クィーンズバーン、レディアルバローザの4頭、
東海ステークスの有力馬の一週前時点の調教分析はグレープブランデー、
ソリタリーキング、ハートビートソング、ヤマニンキングリーの4頭、
AJCCの有力馬の一週前時点の調教分析は、
サトノアポロ、トランスワープ、ナカヤマナイト、ルルーシュの4頭、
京成杯の有力馬の調教分析はノウレッジ、マイネルマエストロ、ラウンドワールドの3頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は、
今日1月14日の22時以降にご覧になって下さい。


京都牝馬ステークス、東海ステークス、AJCC、京成杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月17日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ

競馬TV http://keiba.tv/m0001345   携帯 001345_r@keiba.tv  へ空メール

まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

携帯 a0001124001@mobile.mag2.com  へ空メール


調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


パソコン http://t-analysis.net/  携帯 http://t-analysis.net/mobile/


重賞レースパック受付中 問い合わせ


京都牝馬ステークスの有力馬ハナズゴールの調教分析、
東海ステークスの有力馬ミラクルレジェンドの調教分析、
AJCCの有力馬ダノンバラードの調教分析、
京成杯の有力馬フラムドグロワールの調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR