FC2ブログ

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


秋のG1コースを受け付け中

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率124.6%

2013年の7月28日から今年の11月5日まで
50ヶ月間の勝負レースの成績 回収率111.1%


11月5日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3020円
調教抜群鉄板軸馬スワーヴリチャードが1着
デキ落ちのプレストウィック、デニムアンドルビーは消し

11月4日
東京10R ノベンバーステークス 3連複10570円
調教抜群鉄板軸馬ルックトゥワイスが2着

11月3日
京都9R 近江特別 3連複6010円
調教抜群鉄板軸馬ナリタエイトが1着

10月29日
京都11R カシオペアステークス 3連複16340円
調教抜群鉄板軸馬アメリカズカップが1着

10月29日
新潟11R ルミエールオータムD 3連複5570円
調教抜群鉄板軸馬アースエンジェルが3着

10月22日
京都10R 桂川ステークス 3連複5580円
調教抜群鉄板軸馬オーヴィレールが3着

10月15日
新潟10R 粟島特別 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ラブリーアモンが2着
相手筆頭の“激アツ馬”レッドアルカナが3着


秋のG1コースの受け付けしています。

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


今週はチャンピオンズカップの前哨戦の武蔵野ステークス、
朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦のデイリー杯2歳ステークス、
中距離ハンデ戦の福島記念、牝馬最強馬決定戦のエリザベス女王杯です。

先週と同じで今週も重賞が4レースあり、
大変だが手抜きをしないで調教分析をします。

武蔵野ステークスはチャンピオンズカップの重要なステップレースです。

出走予定だったゴールドドリームが回避したのが残念だが、
G1実績があるカフジテイク、モーニン、ベストウォーリア、ノンコノユメ、
復活したインカンテーション、フレッシュな3歳のサンライズノヴァ、
サンライズソアが激突するのでアツイ戦いになりそうです。

G1実績馬、重賞の常連馬、フレッシュな3歳が混在する、
難解なメンバー構成なのでデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

デイリー杯2歳ステークスは朝日杯フューチュリティステークスの、
重要なステップレースだが9頭立ての少頭数なりそうです。

昨年も10頭で2年前は14頭だったが3年前は9頭で、
少頭数になっている原因は2歳の重賞を作り過ぎたことです。

2歳戦を充実させたいJRAの意図はわかるが少頭数が増えると、
購買意欲がなくなってしまうのでそろそろ2歳戦の再構築が必要です。

デイリー杯2歳ステークスは新潟2歳ステークスを勝った、
フロンティアが抜けた1番人気になりそうだが、
ディープ産駒のケイアイノーテック、カツジ、
キンカメ産駒のメガリージョン、外国産のジャンダルムも、
フロンティアと同等くらいの大物感があるので少頭数だが難しいレースです。

頭数が少ないので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

福島記念はG1では通用しないB級のオープン馬が揃いました。

来週の18日に京都で2000mのハンデ戦のオープン特別の、
アンドロメダステークスがあるので登録馬が少なくなると思っていたが、
フルゲート以上の19頭も登録してきました。

サンマルティン、マイネルミラノ、ウインブライト、スズカデヴィアス、
フェルメッツァが人気になりそうだがどの馬もコレといった決め手がなく、
いつ走るのか判らないムラがあります。

今年はデキ一つで着順が大きく変わる一長一短のメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

エリザベス女王杯はハイレベルなメンツが揃いました。

昨年は条件馬でも出走できるくらい低レベルだったが、
今年はG1馬が4頭いて秋華賞の上位3頭が出走して、
G2重賞で牡馬を負かしたルージュバック、スマートレイアーがいるので、
近年にないハイレベルになりました。

ミッキークイーン、ディアドラ、ヴィブロス、スマートレイアー、
リスグラシュー、ルージュバックが人気になりそうだが、
実力拮抗なのでオッズの差はほとんどないでしょう。

過去10年は3歳が4勝、2着4回の好成績なので、
秋華賞の上位3頭に注目しなければならないが秋華賞がタフな展開の、
重馬場だったのでレース後にかなりのダメージがあったはずです。

特にディアドラは出遅れて追い込んで勝ち切ったので、
リスグラシュー、モズカッチャンよりダメージが大きかったはずで、
休み明け4戦目になるので前走からの上り目は期待できません。

今年は実績よりもデキの良し悪しが重要になりそうなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

武蔵野ステークスの有力馬の調教分析はインカンテーション、サンライズソア、
サンライズノヴァ、ピオネロ、ベストウォーリア、モーニンの6頭、

デイリー杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はカツジ、
ケイアイノーテック、ジャンダルム、メガリージョンの4頭、

福島記念の有力馬の調教分析はウインブライト、ジョルジュサンク、
スズカデヴィアス、ヒストリカル、フェルメッツァ、マイネルミラノの6頭、

エリザベス女王杯の有力馬の調教分析はヴィブロス、クイーンズリング、
スマートレイアー、ディアドラ、モズカッチャン、リスグラシュー、ルージュバックの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

武蔵野ステークス、デイリー杯2歳ステークス、
福島記念、エリザベス女王杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日11月9日の18時になります。

武蔵野ステークスの有力馬カフジテイク、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬フロンティア、
福島記念の有力馬サンマルティン、
エリザベス女王杯の有力馬ミッキークイーンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR