今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックを受付中

フェブラリーステークスから宝塚記念までの
G1レース12戦と地方交流G1レース数戦の配信になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率146.2%

2013年の7月28日から今年の3月20日まで
43ヶ月間の勝負レースの成績 回収率108.4%


3月19日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複470円
調教抜群鉄板軸馬サトノダイヤモンドが1着

3月12日
阪神11R 勝負レース フィリーズレビュー 3連複2220円
調教抜群鉄板軸馬レーヌミノルが2着

3月11日
中山11R アネモネステークス 3連複2520円
調教抜群鉄板軸馬ライジングリーズンが1着

3月5日
阪神9R 武庫川ステークス 3連複8440円
調教抜群鉄板軸馬デルカイザーが2着

3月4日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬ソウルスターリングが1着
事前公開の“激アツ馬”ミスパンテールが2着

2月25日
中山11R 総武ステークス 3連複2350円
調教抜群鉄板軸馬ピオネロが2着

阪神11R 勝負レース アーリントンカップ 3連複1720円
調教抜群鉄板軸馬ペルシアンナイトが1着
デキ落ちのヴゼットジョリーは“完全消し”


今週の的中は阪神大賞典の安い配当の的中だけになってしまいました。
ファルコンステークスは縦目で外してしまい、
フラワーカップは紐抜けで外してしまいスミマセンでした。

来週はクラシック前哨戦の毎日杯、春天皇賞の前哨戦の日経賞、
ダートハンデ戦のマーチステークス、春のスプリント王決定戦の高松宮記念です。

今週に続き来週も4重賞があり大変だが手抜きしないで調教分析をします。

毎日杯で結果がだせれば皐月賞の出走が可能になるが、
まだ未完成の成長途上の段階で中2週で皐月賞を使うのは無謀です。

人気になるサトノアーサーは距離が伸びて良さそうなので、
皐月賞に出走すると面白いが無茶はできないので、
NHKマイルカップか、ダービーを目標にするでしょう。

サトノアーサーに人気が集中するがアルアイン、クリアザトラック、
ガンサリュート、トラストなので骨っぽいメンツが揃ったので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日経賞は春天皇賞の重要なステップレースです。

来週にG1に昇格した大阪杯にキタサンブラック、マカヒキ、
サトノクラウン、アンビシャス、ヤマカツエースが出走するが、
日経賞も大阪杯に引けを取らないくらいのメンツが揃いました。

最近の日経賞は少頭数になる事が多かったが、
今年はゴールドアクター、ディーマジェスティのG1馬を含めて、
19頭の登録がありフルゲートが確実です。

今年は例年いないレベルが高いメンツになったが、
ほとんどが目標が先にあり余裕残しで出走するので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

マーチステークスはかなり難しいハンデ戦です。

3月15日のダイオライト記念にクリソライト、
3月11日の仁川ステークスでグレイトパールが出走して、
3月30日の名古屋大賞典にオールブラッシュ、モルトベーネが出走予定なので、
マーチステークスは手薄なメンツになりました。

どの馬が1番人気になるのかまったく判らない、
デキ一つで着順が大きく替わるメンツのハンデ戦なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

高松宮記念はG2重賞のような低レベルになりました。

開催が3月になった2000年から昨年まで17年連続で、
前哨戦の阪急杯で3着以内だった馬が必ず1頭はきているが、
今年の阪急杯の勝ち馬が7歳で初の重賞出走だったトーキングドラムで、
オープン特別、重賞で3着以内がなかったヒルノデイバローが2着で、
初めての芝レースだったナガラオリオンが3着だったので、
普通に考えれば今年の阪急杯の好走組は買えません。

同じ前哨戦だったオーシャンステークスではメラグラーナが勝ったが、
相手が弱かったのに勝ち時計が遅く54kの斤量にも恵まれた勝利でした。

レッドファルクス、メラグラーナ、シュウジが人気になりそうだが、
すべてに死角があり大きな実力差はない横一線のメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

毎日杯の有力馬の調教分析はアルアイン、
ガンサリュート、キセキ、クリアザトラック、トラストの5頭

日経賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、シャケトラ、
ツクバアズマオー、ディーマジェスティ、ミライヘノツバサ、レインボーラインの6頭

マーチステークスの有力馬の調教分析はインカンテーション、コスモカナディアン、
ストロングサウザー、センチュリオン、バスタータイプ、ピットボスの6頭

高松宮記念の有力馬の調教分析はセイウンコウセイ、ソルヴェイグ、
トーキングドラム、フィエロ、メラグラーナ、レッツゴードンキ、レッドファルクスの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月20日の23時以降に確認して下さい。

今週が3日間開催だったので毎日杯、日経賞、マーチステークス、高松宮記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は普段の木曜日でなく、
1日ズレて24日の金曜日の18時になります。


毎日杯の有力馬サトノアーサー、
日経賞の有力馬ゴールドアクター、
マーチステークスの有力馬ロンドンタウン、
高松宮記念の有力馬シュウジの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR