今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月26日
東京11R 勝負レース 京都2歳ステークス 3連複2360円
調教抜群鉄板軸馬ベストアプローチが3着

11月20日
京都10R 衣笠特別 3連複4790円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤリードが2着

11月19日
東京11R 勝負レース 東京スポーツ杯2歳ステークス 3連複1100円
調教抜群鉄板軸馬ブレスジャーニーが1着

11月12日
京都11R 勝負レース デイリー杯2歳ステークス 3連複15710円
調教抜群鉄板軸馬ジューヌエコールが1着
事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着

東京11R 勝負レース 武蔵野ステークス 3連複19410円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドドリームが2着

福島10R 三春駒特別 3連複2550円
調教抜群鉄板軸馬エフティスパークルが2着

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着


今週はマラソンレースのステイヤーズステークス、有馬記念の最終便の金鯱賞、
ダート王決定戦のチャンピオンズカップです。

ステイヤーズステークスは昔はここを勝って有馬記念に出走する多くいて、
昨年は1着のアルバートが有馬記念に出走したが11着に負けてしまいました。

3歳、4歳の伸びシロがあるフレッシュな若い馬ならば、
中2週で有馬記念に出走しても勢いでカバーできるが、
最近は高齢馬の出走が多く5歳~7歳が3600mを走った後で、
中2週は厳しいので有馬記念にいく馬が減ってしまいました。

今年はアルゼンチン共和国杯で2着のアルバート、
4着のモンドインテロの関東馬の2頭に人気が集まりそうで、
モンドインテロはここを勝てば有馬記念に行きそうだが、
ほとんどはこのレースが年内の最後の出走になるはずです。

アルバート、モンドインテロの2強ムードだが、
年内の最後で後先を考えずメイチの仕上げをしている馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

金鯱賞は有馬記念の最終便なのでアツイ戦いになりそうです。

来年から大阪杯がG1に昇格するので金鯱賞がステップレースになり、
開催が3月に移動するので有馬記念のステップになるのは今年が最後になります。

2012年の金鯱賞の1着オーシャンブルーが有馬記念で2着、
2013年の3着ウインバリアシオンが有馬記念で2着にきているので、
金鯱賞は有馬記念の重要なステップレースなのです。

ヴォルシェーブ、リアファル、ヤマカツエースは、
今のままでは有馬記念の出走が微妙なのでハードなローテーションになるが、
ここで賞金を加算して有馬記念に出走したいはずです。

メイチの仕上げをして賞金を加算して有馬記念に出走したい馬、
使うレースがないので使ってきた馬が混在しているレースなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

チャンピオンズカップは豪華なメンツだったが、
今日にホッコータルマエが脚部不安で引退が発表され、
タガノトネールが調教中に骨折して予後不良になり、
展開の鍵を握ると思われていた馬が2頭もいなくなりました。

引退が発表されたホッコータルマエは1週前に4F52秒台で、
ラストが2Fとも12秒台の加速ラップをだしていました。
復帰後の2戦でこのような時計をだしていなかったので、
ようやく復調の兆しがでてきてJRAのラストランを、
楽しみにしていただけに引退が残念です。

直前調教の前に脚部不安を見つけ最悪のケースにならなかったので、
今後は産駒の活躍に期待しましょう。

春までコパノリッキー、ノンコノユメ、ホッコータルマエが、
今年のダート界を引っ張っていた存在だったが、
春からアウォーディーが破竹の快進撃が始まり、
JBCクラシックでその3頭を負かしダート界の頂点に君臨しました。

現時点のダート王のアウォーディーの1番人気が確実で、
今の勢いがあればJRAのG1を勝ってもおかしくないが、
前走のJBCクラシックの勝ちだけで信用する事はできません。

コパノリッキーは1600mの南部杯を使った後の2000mなので、
田辺騎手が慎重にレースをしてしまった消極的な騎乗で、
ノンコノユメは去勢して放牧明けでの出走で負かしたG1馬に死角があったのです。

アウォーディーはJBCを勝たないとチャンピオンズカップの出走が微妙だったので、
メイチの仕上げをして人気馬でアウォーディーだけが100%に近いデキだったのです。

連勝中している馬は負けるまで追い続けろと言われているが、
アウォーディーが負けるとしたらチャンピオンズカップだと思います。

JBCでアウォーディーに負けた馬の巻き返しがありそうで、
まだ底を見せていないフレッシュな上り馬が何頭かいるので
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

ホッコータルマエが回避したので調教分析の中にラニを入れました。

ステイヤーズステークスの有力馬の調教分析はカムフィー、
ジャングルクルーズ、タマモベストプレイ、ファタモルガーナ、モンドインテロの5頭、

金鯱賞の有力馬の調教分析はサトノノブレス、シュンドルボン、
トーホウジャッカル、ヤマカツエース、リアファルの5頭、

チャンピオンズカップの有力馬の調教分析はアポロケンタッキー、コパノリッキー、
ゴールドドリーム、サウンドトゥルー、ノンコノユメ、モーニン、ラニの7頭です。

ステイヤーズステークス、金鯱賞、チャンピオンズカップの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日12月1日の18時になります。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日30日の23時以降に確認して下さい。

ステイヤーズステークスの有力馬アルバート、
金鯱賞の有力馬ヴォルシェーブ、
チャンピオンズカップの有力馬アウォーディーの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR