今週の結果、来週の重賞レース

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


パソコン版 http://t-analysis.com/

携帯版 http://t-analysis.com/mobile/

入会希望問い合わせ cyokyo77@yahoo.co.jp


2011年の成績
235戦56勝 均等買い回収率106.2%


2011年勝負レース重賞の成績
86戦31勝 均等買い回収率162.3%
重賞レース鉄板軸馬の複勝率57.0%


2010年7月3日~2011年6月26日までの1年間の成績
312戦90勝 均等買い回収率131.2%


2010年7月3日~2011年6月26日までの勝負レース重賞の成績
121戦40勝 均等買い回収率190.8%


2010年7月3日~2011年6月26日までの勝負レースG1の成績
23戦10勝 均等買い回収率441.6%


最近の的中レース


9月25日
阪神11R 勝負レース 神戸新聞杯 3連複510円
調教抜群鉄板軸馬ウインバリアシオンが2着


9月19日
札幌12R 3連複16710円
調教抜群鉄板軸馬タイタンが2着
調教抜群相手2番目9番人気メルヴェイユドールが3着


9月11日
阪神11R 勝負レース セントウルステークス 3連複3080円
調教抜群鉄板軸馬ダッシャーゴーゴーが3着
事前公開の“危険な人気馬”テイエムオオタカ、

4番人気サンカルロは“完全消し”


9月3日
新潟12R 3連複9530円
調教抜群鉄板軸馬ヤサカシャイニーが1着
調教抜群相手筆頭11番人気アポロノカンザシが2着


8月14日
小倉11R 勝負レース 北九州記念 3連複4830円
調教抜群鉄板軸馬エーシンリジルが2着
事前公開“激アツ馬”相手筆頭の8番人気トウカイミステリーが1着


8月7日
函館11R 勝負レース 函館2歳ステークス 3連複7140円
調教抜群鉄板軸馬ファインチョイスが1着
調教抜群の相手2番目アイムユアーズが2着


7月23日
函館11R 勝負レース TVh杯 3連複4000円
調教抜群鉄板軸馬レジェトウショウが1着
事前公開“激アツ馬”相手筆頭の7番人気アラマサローズが3着
事前公開の危険な人気馬“完全消し”サクラベルは惨敗


7月17日
新潟11R 勝負レース アイビスSD 3連複11870円
調教抜群鉄板軸馬エーブダッチマンが2着
事前公開“激アツ馬”11番人気アポロフェニックスが3着
危険な人気馬“完全消し”2番人気ヘッドライナーは惨敗



今週の的中は勝負レースだった神戸新聞杯のみでした。
鉄板軸馬がしっかり走り調教抜群の人気薄も走っているのに、
デキが良くなかったはずの馬が1頭走って紐抜けを連発してしまい、
スミマセンでした。


一発目は土曜日の阪神12Rでした。
調教が抜群の鉄板軸馬だった6番人気のエーラゴーデオは2着でしたが、
3着だったメイショウセトウチが拾えませんでした。
メイショウセトウチは調教をほとんどやっていなくて、
昇級戦で初の1600mだったので買い材料がありませんでした。


二発目はちょっと悔しすぎます。
調教が抜群の鉄板軸馬だった4番人気のゼンノベラージオが快勝して、
調教抜群で相手筆頭だった“激アツ馬”8番人気のクラッチヒットが3着にきたが、
2着だったガンドックが拾えませんでした。
ガンドックは前走より調教を強化していたので相手に入れてもおかしくない馬でしたが、
前走が大敗だったので同じ逃げ馬のウエスタンハピネスを相手に入れてしまいました。
レースはウエスタンハピネスは控えてしまい16着大敗で、
一方のガンドックはハナを主張して2着。
ハナを切るか切らないかで明暗がくっきり出てしまいました。
トウカイレジーナ、シルクファルシオンのデキ落ちを見抜き“完全消し”にしていたのに、
ガンドックが紐抜けで3連複32330円を取り損ねたのは痛すぎます。


三発目は勝負レースだった札幌11RのSTV賞です。
調教が抜群の鉄板軸馬だった4番人気のタガノザイオンが2着にきたが、
1着だったヴィクトリアローズが拾えませんでした。
中間は馬なりの軽い調教しかしていなかったのでデキ落ちと判断してしまいました。


的中した神戸新聞杯は的中できましたがカタイ配当になってしまいました。
鉄板軸馬だったウインバリアシオンは2着でした。
オルフェーヴルを徹底的にマークしながら追走していたが、
坂を上がった所で突き放されてしまいオルフェーヴルから0.4秒遅れになりました。
このような展開での0.4秒差は決定的な着差です。
距離延長はウインバリアシオンの方に分があるが、
オルフェーヴルを菊花賞で負かすには更なる成長が必要です。
馬体重にかなり余裕があったので菊花賞までもっとハードに鍛えれば、
ウインバリアシオンにチャンスはでてくると見ています。


今週は紐抜けが多く悔しい外し方を連発しましたが、
6番人気や4番人気の鉄板軸馬がきっちり結果をだしてくれました。
好配当と不的中が紙一重だったので来週には必ず帳尻を合わせてみせます。


来週は土曜日にダート重賞シリウスステークス、
札幌で2歳重賞レース札幌2歳ステークス、
そして日曜日に秋のG1初戦のスプリンターズステークスが行われます。

シリウスステークスはジャパンカップダートのステップ的なレースですが出走馬が少なくなりました。
9月19日にエルムステークスがあり、9月23日に船橋で日本テレビ盃、
10月4日に金沢で白山大賞典、10月10日に南部杯があるので、
ダート有力馬が分散してしまったのでやむを得ません。
頭数が少ないハンデ戦になりそうなので、
出走馬のデキの良し悪しをしっかりと見極めて勝負しましょう。


札幌2歳ステークスはアツイ戦いになりそうです。
今年の2歳馬で超大物の出現はありませんがこのレースには、
ゴールドシップ、グランデッツァ、マカハ、
ベストディール、マイネルロブストといった好素質馬が揃いました。
年末の朝日杯への出走を確実にしたいためにメイチの仕上げをしている馬、
来年のクラシックを目指すために無理をさせない調教をしている馬を、
中間の調整からしっかりと見極めて勝負しましょう。


スプリンターズステークもアツイ戦いになります。
前哨戦のセントウルステークスで香港馬ラッキーナイン、グリーンバーディーが好走しましたが、
その2頭より格上のロケットマンが加わるので、
日本馬にとってかなり脅威で厄介な存在になります。
ロケットマンの戦歴を見るとこの馬でイケルだろうと思っている方が多いでしょう。
しかし、日本にきてからまだ1度も時計をだしていないのでデキに問題があると見ています。
ロケットマンは右回りで左回りほどの素晴らしい結果がでていませんが、
それは右脚に古傷がありコーナーを回る時に右脚に負担がかかってしまうからです。
1分7秒前半の速い時計決着になるので道中のコーナリングはとても重要です。
右回りに不安がありデキにも問題があるので、
ロケットマンが評判倒れになる事もありえると見ています。


調教分析競馬は芝短距離の古馬重賞の成績がかなり良いです。
高松宮記念で“激アツ馬”11番人気アーバニティが3着になり3連複33730円
函館スプリントステークスで3連複950円、
アイビスSDで“激アツ馬”11番人気アポロフェニックスが3着になり3連複11870円
北九州記念で“激アツ馬”トウカイミステリーが1着になり3連複4830円
セントウルステークスで3連複3080円を的中させています。
高松宮記念以降の古馬芝短距離重賞を外したのはCBC賞、
キーンランドカップの2鞍しかありません。

春のスプリント王決定戦高松宮記念は完璧の的中でした。
事前公開していた鉄板軸馬サンカルロが2着、
同じく事前公開していた調教抜群の“激アツ馬”11番人気のアーバニティが3着、
そして“危険な人気馬”レッドスパーダを切り捨てて3連複33730円を的中させました。
スプリンターズステークスでもサンカルロのような鉄板軸馬、
アーバニティのようなデキが急上昇している人気薄の“激アツ馬”
レッドスパーダのような“危険な人気馬”を見つけだします。
芝短距離の調教分析はほぼ完璧なので、
スプリンターズステークスでも良い結果がついてくるはずです。
会員の皆様は期待してお待ち下さい。


会員様限定のスプリンターズステークスの有力馬の一週前時点の調教分析は、
カレンチャン、サンカルロ、ダッシャーゴーゴー、フィフスペトルの4頭、
シリウスステークスの有力馬の一週前時点の調教分析は、
キングスエンブレム、タガノロックオン、タナトスの3頭です。
現時点のデキの良し悪しを分かりやすく解説しています。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は、
今日の22時以降にご覧になって下さい。


スプリンターズS、シリウスSの有力馬の一週前時点の調教分析は、

今日25日の21時以降にパスワードからログインして閲覧してください  コチラからログイン


スプリンターズステークス、シリウスステークス、札幌2歳ステークス、
勝負レースの危険な人気馬、激アツ馬の会員の皆様への事前公開は、
9月29日木曜日の18時になります。


スプリンターズステークスの有力馬エーシンヴァーゴウ、

シリウスステークスの有力馬フサイチセブンの一週前時点の調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR