今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月22日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率102.8%


5月22日
東京11R 勝負レース オークス 3連複2070円
調教抜群鉄板軸馬チェッキーノが2着
危険な人気馬アットザシーサイドは“完全消し”


今週はオークスの的中はできたが平安ステークスは紐抜けで外し、
他にも紐抜けや縦目があり良い結果はだせませんでした。

平安ステークスは鉄板軸馬アスカノロマンが楽勝したが、
3着クリソライトが消しだったので紐抜けになりました。

アスカノロマンは久しぶりにハナを切る競馬をしたが、
4角手前で2番手のクリノスターオーが手綱を押しているのに、
持ったままで直線に向いて直線半ばでも手応えが衰えず、
2着クリノスターオーに0.8秒差をつけ楽勝しました。

58kを背負っていたのにこのような差をつけて楽勝したので、
アスカノロマンは完全に本格化したと言っていいでしょう。

オークスは鉄板軸馬チェッキーノが2着になり的中できました。

前半5Fが59.8秒でそこそこ流れたので、
チェッキーノは中団より後ろの14、15番手になったが、
向正面でシンハライトが真横にいたのでレースはしやすかったはずです。

直線に向くと大外にだしシンハライトと同じ33.5秒の末脚で、
追い込んできたがシンハライトと通った進路の差でクビ差届かず、
2着になってしまいました。

2着に負けてしまったがシンハライトと走った距離がまったく違い、
同じ33.5秒の上りだったので負けたが内容はチェッキーノの方が上でした。

チェッキーノの全兄のコディーノと違い確実に良い末脚が使えるので、
無事に夏を越して成長していけばまだまだ強くなるでしょう。

来週はハンデ重賞の目黒記念、日本ダービーです。

目黒記念は今年で130回目で歴史、伝統があるG2重賞だが、
ローカル重賞と間違えそうなくらいの低レベルのメンツになりました。

重賞の実績がある馬は何頭かいるが近走で活躍しているのは、
マリアライト、タッチングスピーチ、ヒットザターゲットの3頭だけで、
この3頭がいなければローカルのG3重賞のようなメンツです。

マリアライト、タッチングスピーチの牝馬2頭が人気になるくらいで
実力差がほとんどなくデキ一つで着順が替わりそうなメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日本ダービーはアツイ戦いになりそうです。

皐月賞でディーマジェスティが前評判が高かった3強を負かして勝ったが、
マカヒキは届かないような位置から最速上りで2着にきて、
サトノダイヤモンドは80%くらいのデキだったが3着にきて、
3強の一角のリオンディーズは降着になったが、
上位人気馬はそこそこの結果をだしました。

マカヒキ、サトノダイヤモンドは当初から目標がダービーで、
今回はメイチの仕上げで出走するので必ず巻き返してくるでしょう。

他にも皐月賞をパスして京都新聞杯を圧勝したスマートオーディン、
青葉賞でレースレコードと0.1秒差の2分24秒2で勝ったヴァンキッシュラン、
NHKマイルで2着のロードクエストも無謀な強行軍だが出走します。

日本ダービーの王道路線は皐月賞だが今年は別路線のレベルが高いので、
皐月賞の上位組が日本ダービーでもくると決めつける事はできません。

3歳牡馬の頂点のレースなので出走馬すべて後先を考えず、
メイチの仕上げて出走してくるがデキの良し悪しはあるので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

目黒記念の有力馬の調教分析はクリプトグラム、スーパームーン、
タッチングスピーチ、ヒットザターゲット、モンドインテロ、レコンダイトの6頭です。

日本ダービーの有力馬の調教分析はヴァンキッシュラン、エアスピネル、
サトノダイヤモンド、スマートオーディン、マカヒキ、リオンディーズ、
レッドエルディスト、ロードクエストの8頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月22日の23時以降に確認して下さい。

目黒記念、日本ダービーの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は5月26日の18時になります。

目黒記念の有力馬マリアライト、
日本ダービーの有力馬ディーマジェスティの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR