今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月15日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率103.0%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着


京王杯スプリングカップは鉄板軸馬オメガヴェンデッタが6着で、
馬券対象から外れてしまいました。

サクラゴスペルが逃げる展開になりオメガヴェンデッタは好位の3番手で、
ラスト2Fで先頭に立つが後方からサトノアラジン、サンライズメジャーが、
3F32.4秒の速い上りで追い込んできてオメガヴェンデッタをマークしていた、
ロサギガンティアが3着に上がって展開はスローペースだったが、
先行馬が残れない追い込み、差しが上位を独占する結果になってしまいました。

ヴィクトリアマイルは鉄板軸馬クイーンズリングが8着に負けました。
3~4角の中間では隣のストレイトガール、斜め後ろにショウナンパンドラがいて、
位置取りは良かったが4角手前でストレイトガールに離されてしまい、
直線に向くとショウナンパンドラに外から被されてしまい、
何もする事ができず最後は流れ込むだけになってしまいました。

軸馬はミッキークイーンとクイーンズリングの二択で、
もしミッキークイーンを軸にしていてもストレイトガールまで、
印が回らなかったので的中させるのは無理でした。

来週はダート重賞の平安ステークス、
3歳牝馬クラシック2戦目のオークスです。

平安ステークスはアンアタレスステークスの上位入線組に、
クリノスターオー、アムールブリエ、トラキチシャチョウが加わっただけの、
新鮮味がないメンツになりました。

ダート馬の春の目標は6月29日の帝王賞だがJRAの出走枠が7頭しかなく、
かしわ記念を勝ったコパノリッキー、4着ノンコノユメ、5着サウンドトゥルー、
他にホッコータルマエと平安ステークスに出走するアウォーディー、クリソライトが、
出走を表明しているので現状で出走枠の6頭が埋まり残りは1枠になっています。

今のままでは出走が微妙なアスカノロマン、ロワジャルダン、クリノスターオーは、
ここで1着にならないと帝王賞の残りの1枠に入れないので、
メイチの仕上げで出走してくるでしょう。

叩き台の馬、メイチの仕上げをしてくる馬、使うレースがないので出走する馬が、
混在しているので中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

オークスはメジャーエンブレムがNHKマイルカップに回ったので、
ジュエラー、シンハライト、チェッキーノの3強対決が注目されていたが、
ジュエラーの骨折が判明したのでシンハライト、チェッキーノの2強対決になりました。

シンハライト、チェッキーノは2頭とも3勝、2着1回で連対率は100%で、
末脚がしっかりしている所も同じだが今まで戦ってきたメンツを考えると、
現状ではシンハライトの方が少し上でしょう。

シンハライト、チェッキーノの2強から離れた2番手グループには、
アットザシーサイド、エンジェルフェイス、ロッテンマイヤー、フロンテアクイーン、
ジェラシー、デンコウアンジュがいるが横一線で大きな実力差はありません。

2強と2番手グループの間に大きな差があるが、
最近のオークスで1番人気、2番人気が1着、2着だったのは、
2番人気ヌーヴォレコルトが1着で1番人気ハープスターが2着だった、
2014年しかないのでオークスは人気通りの結果にはならないのです。

シンハライト、チェッキーノの2頭が抜けている存在だが、
波乱が起こりやすいレースなので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

平安ステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、アムールブリエ、
クリソライト、クリノスターオー、ドコフクカゼ、ロワジャルダンの6頭です。

オークスの有力馬の調教分析はアットザシーサイド、エンジェルフェイス、ジェラシー、
チェッキーノ、デンコウアンジュ、フロンテアクイーン、ロッテンマイヤーの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月15日の23時以降に確認して下さい。

平安ステークス、オークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は5月19日の18時になります。

平安ステークスの有力馬アウォーディー、
オークスの有力馬シンハライトの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR