今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月8日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率103.6%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着


今週は京都新聞杯、NHKマイルカップを縦目で外してしまい、
土曜日は福島12Rで相手筆頭の“激アツ馬”が1着にきたが軸馬が飛んで、
プリンシパルステークスで2着馬を紐抜けで外してしまい、
日曜日の京都11Rが最悪で相手筆頭の“激アツ馬”メイショウライナーと、
鉄板軸馬マルヨバクシンが首の上げ下げの3着争いをしてしまい、
マルヨバクシンが4着になりこのレースも縦目になりました。

土日で3頭も相手筆頭の“激アツ馬”が結果をだしたのに、
的中を逃してしまう情けない配信をしてしまいスミマセンでした。

京都新聞杯は最悪の縦目になってしまいました。

会員様に事前公開していた“激アツ馬”アグネスフォルテが2着だったが、
鉄板軸馬のブラックスピネルがゴール手前でロイカバードに交わされ、
4着になってしまい的中を逃してしまいました。

新潟大賞典は鉄板と言えるような軸馬がいなくて、
押しだされてショウナンバッハ、シャイニープリンスが候補だと、
会員様に事前公開で伝えました。

新潟は差しが届いていたのでショウナンバッハを軸馬にして、
買い目を組んだが普段より前に行った影響があったのか、
直線半ばで脚が止まってしまい勝ち馬から1秒も遅れてしまう、
11着に大敗してしまいました。
鉄板と言えるようなデキではなかったが、
なぜここまでの大敗になったのか判りません。

NHKマイルカップは鉄板軸馬の二者選択を間違えてしまい、
最悪の縦目の結果になってしまいました。

事前公開で会員様に軸候補はロードクエスト、トウショウドラフタだと伝えて、
土曜日、日曜日の芝レースを見ると最後方からの大外一気は厳しく、
ロードクエストの陣営が最後方から行くというコメントが載っていたので、
二者選択でトウショウドラフタを選んでしまい軸馬にしました。

穴をあけたレインボーラインは調教が上々で2頭目の相手に抜擢していて、
ロードクエストが軸ならば3連複11190円が的中できていたのに、
軸馬にしたトウショウドラフトは前が詰まる不利を何度も受けてしまい、
5着になり複勝圏内を外してしまいました。

最近の池添騎手が好調なので同じくらい良い状態ならば、
池添騎手のロードクエストを軸馬にするべきだったと後悔しています。
縦目で万馬券を外してしまいスミマセンでした。

来週は安田記念の重要なステップレースの京王杯スプリングカップ、
春の牝馬最強馬決定戦のヴィクトリアマイルです。

京王杯スプリングカップは安田記念の重要な前哨戦なので、
多くの有力馬が登録してきてアツイ戦いになるでしょう。

先日の香港チャンピオンズマイルを制して連勝が6まで伸びた、
モーリスが安田記念か宝塚記念のどちらかに出走する予定で、
ドゥラメンテが宝塚記念の出走を表明しているので、
モーリスが安田記念でなく宝塚記念ならば超豪華なメンツになります。

今年の安田記念はモーリスの出否で勢力図が大きく変わり、
もし回避ならばリアルスティールと香港馬に人気が集まる事になり、
リアルスティールはマイルの出走が初めてになるので、
安田記念の出走馬はリアルスティールならば負かせると考えるでしょう。

京王杯スプリングカップに出走するロサギガンティアは賞金が足りているが、
安田記念の前に賞金が半減される4歳のダッシングブレイズ、ヴェルステルキング、
アンタラジーは1着になり優先出走権を取るしかありません。

叩き台の馬、優先出走権を取りたい馬が混在しているので、
各出走馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

今年のヴィクトリアマイルは出走馬の質が高い豪華なメンツになりました。

昨年は久しぶりのマイル戦だったヌーヴォレコルトが1番人気になり、
2番人気がマイル実績がないディアデラマドレ、
3番人気がレッドリヴェールになるくらいの低レベルだったので、
12番人気ケイアイエレガント、18番人気ミナレットが2着、3着にきて、
3連単が2000万になる大波乱になりました。

今年は2冠馬ミッキークイーン、昨年の勝ち馬ストレイトガール、
マイル戦が初めてになるが昨年のジャパンカップを勝ったショウナンパンドラがいて、
追い込みから逃げに脚質転換して重賞を連勝中のスマートレイアー、
上り馬のシュンドルボン、クイーンズリング、
牡馬を負かして重賞を勝ったマジックタイム、能力はG1級のルージュバック、
1年5ヶ月の長期休み明けになるが2歳女王ショウナンアデラがいて、
昨年より出走馬のレベル、質は高くなりました。

今年は1番人気から7番人気まで単勝が1000円以内になるくらい、
印が何個あっても足りない実力が拮抗したメンツになったので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

京王杯スプリングカップの有力馬の調教分析はヴェルステルキング、エイシンスパルタン、
オメガヴェンデッタ、クラリティスカイ、サトノアラジン、ダッシングブレイズの6頭です。

ヴィクトリアマイルの有力馬の調教分析はクイーンズリング、シャルール、
シュンドルボン、ショウナンパンドラ、ストレイトガール、スマートレイアー、
マジックタイム、ルージュバックの8頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月8日の23時以降に確認して下さい。

京王杯スプリングカップ、ヴィクトリアマイルの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は5月12日の18時になります。

京王杯スプリングカップの有力馬ロサギガンティア、
ヴィクトリアマイルの有力馬ミッキークイーンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR