今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月24日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率105.9%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

今週は土曜日の京都11Rで相手筆頭の“激アツ馬”が3着で、
3連複5940円が的中できたが的中はこの1レースだけで、
紐抜けが2レースありました。

福島牝馬ステークスは鉄板と言えるような軸馬がいませんと、
事前の木曜日に会員様に伝えて押しだされてリーサルウェポンを軸にしたが、
前残りのスローペースになってしまい後方待機のリーサルウェポンは、
何もできず10着に負けてしまいました。
出走馬のデキの良し悪しが関係なく前にいないと、
勝ち負けできない展開になった事が誤算でした。

マイラーズカップは鉄板軸馬フィエロが大外から差してきたが、
4着に上がるのが精いっぱいでした。

逃げ馬が不在だったが前半5Fが57.0秒で速いペースになり、
後方待機だったフィエロの脚ならば届きそうな展開だったが、
外からの差し馬が全滅で内々を立ち回った3頭が上位を独占しました。
土曜日は京都は外差しが届いていたがこのレースはイン差しになり、
馬場に泣いた結果になってしまいました。

フローラステークスは悔しい情けない結果になってしまいました。

木曜日に事前公開していた“激アツ馬”アウェイクが、
鉄板軸馬フロンテアクイーンとクビの上げ下げの3着争いをしてしまい、
アウェイクが3着になり大穴をあけてしまいました。

フロンテアクイーンが3着に残っていてもチェッキーノが消しだったので、
アウェイク、フロンテアクイーンどちらが3着になっていても、
的中ができなかったのです。

“激アツ馬”アウェイクの状態の良さを見抜いていたのに、
的中ができずスミマセンでした。

来週はダービートライアルの青葉賞、
古馬最強ステイヤー決定戦の春天皇賞です。

青葉賞はダービーの重要なトライアルレースです。

皐月賞でディーマジェスティが強い勝ち方をしてダービーの最有力で、
マカヒキは2着、サトノダイヤモンドは3着だったが、
2頭とも広いコース向きで次はメイチの仕上げをしてくるので、
東京2400mの舞台ならば必ず巻き返してくるでしょう。

皐月賞の上位3頭がかなり強いが青葉賞に能力はG1級のプロディガルサン、
負けなしのレーヴァテイン、アルカサルがいてもし高いパフォーマンスを出し、
権利を取ればダービーで有力候補に浮上するでしょう。

まだ底を見せていない能力が高そうな馬が何頭かいるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

春天皇賞は有馬記念の1着~3着に実力馬トーホウジャッカル、
上り馬のシュヴァルグラン、タンタアレグリアがいて豪華なメンツになりました。

2009年以降の過去7年は1番人気が馬券圏内から飛んで大波乱になっているが、
今年はステイヤーらしいステイヤーのゴールドアクター、サウンズオブアースがいて、
人気馬がすべて崩れて大波乱になることはなさそうです。

しかし、春天皇賞はデキが良い伏兵馬が必ず穴をあけ、
昨年も“激アツ馬”で10番人気のカレンミロティックが3着にきました。

ゴールドアクター、サウンズオブアース、キタサンブラックが人気になるが、
3頭すべて同じような先行脚質で牽制しあえば伏兵馬の台頭がありそうなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見極めて勝負しましょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はアルカサル、ヴァンキッシュラン、
マイネルハニー、メートルダール、レッドエルディスト、レーヴァテインの6頭、

春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、ゴールドアクター、サウンズオブアース、
シュヴァルグラン、タンタアレグリア、トーホウジャッカル、フェイムゲームの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月24日の23時以降に確認して下さい。

青葉賞、春天皇賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は4月28日の18時になります。

青葉賞の有力馬プロディガルサン
春天皇賞の有力馬キタサンブラックの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR