今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月3日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率108.9%


4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着

3月20日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複810円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤデウスが3着


今週は大阪杯の的中を含めて3本の的中になりました。

大阪杯は鉄板軸馬ショウナンパンドラが好位から差してきて3着に上がり的中できました。
馬体重が14kも増えていたが太目感はまったくなく、
馬体に厚みがでて明らかにパワーアップしていたので、
56kを背負っていたのに持ったままで追走できたのでしょう。
次走はヴィクトリアマイルになり昨年は8着に大敗したが、
パワーアップした今ならば昨年のような結果にならないでしょう。

ダービー卿チャレンジトロフィーは鉄板軸馬キャンベルジュニアが、
1枠1番に入ったのでハナを切る競馬をしてしまい、
坂を上がり切った所で脚が止まり8着に沈んでしまいました。
スタート次第でハナに行く事を想定していたが、
キャンベルジュニアと同じ軸馬候補だったロゴタイプが積極的な競馬をして、
早めに潰しにきた事が誤算でした。

来週はヴィクトリアマイルの重要なステップレースの阪神牝馬ステークス、
NHKマイルカップのステップレースのニュージーランドトロフィー、
牝馬クラシック初戦の桜花賞です。

阪神牝馬ステークスはヴィクトリアマイルの重要なステップレースです。

昨年までは阪神内回り1400mだったが今年から外回り1600mになり、
ヴィクトリアマイルの前哨戦に相応しいレースになりました。
昨年までの内回り1400mならばミッキークイーン、ストレイトガールなどは、
出走しなかったはずなので距離延長して外回りにしたのは大正解です。

京都牝馬ステークスを勝ったクイーンズリング、
中山牝馬ステークスの1着シュンドルボン、2着ルージュバック、
間に合うのか微妙だが2歳女王のショウナンアデラのヴィクトリアマイルの、
直行が決定していてそれに阪神牝馬ステークス組が加わるので、
今年のヴィクトリアマイルは超豪華なメンツになります。

阪神牝馬ステークスの人気馬のほとんどは賞金が足りていて、
メイチの仕上げで出走する馬はほとんどいないはずなので、
中間の調教から仕上がり具合をしっかり見極めて勝負しましょう。

ニュージーランドトロフィーはNHKマイルのステップレースだが、
3歳マイル路線は低調なレベルなのでニュージーランドトロフィーは混戦です。

アーリントンカップの上位2頭にようやく2勝目をあげたアストラエンブレム、
距離短縮で持ち味がでたサーブルオールが加わり横一線のメンツになので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

桜花賞は2歳女王メジャーエンブレムが1番人気になるが、
チューリップ賞の1着シンハライト、ハナ差の2着ジュエラーを含めた、
3頭が中心になって馬券が売れるでしょう。

完成度の高さだけならばメジャーエンブレムが抜けた存在で、
ライバルのシンハライト、ジュエラーの2頭は追い込みの脚質なので、
好位からの抜けだしができるメジャーエンブレムに展開が向きそうです。

しかし、桜花賞は圧倒的に差し、追い込みが有利で昨年は超スローだったので、
レッツゴードンキが逃げ切ったが逃げ、先行馬は苦戦しているので、
メジャーエンブレムで鉄板と言い切る事はできません。

過去の桜花賞で単勝100円台の1番人気馬は崩れていないが、
先行脚質が断然の人気を集めるのは異例なので、
メジャーエンブレムの能力の高さが抜けているのは承知しているが、
何が起こるかわからない3歳牝馬なので各馬のデキの良し悪しを、
しっかり見極めて勝負しましょう。

阪神牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアンドリエッテ、ウインプリメーラ、
ストレイトガール、ミッキークイーン、レッドリヴェールの5頭、

ニュージーランドトロフィーの有力馬の調教分析はサーブルオール、
ショウナンライズ、ダンツプリウス、ボールライトニング、レインボーラインの5頭、

桜花賞の有力馬の調教分析はアットザシーサイド、ジュエラー、ソルヴェイグ、
デンコウアンジュ、メジャーエンブレム、ラベンダーヴァレイ、レッドアヴェンセの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月3日の23時以降に確認して下さい。

阪神牝馬ステークス、ニュージーランドトロフィー、桜花賞の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は4月7日の18時になります。

阪神牝馬ステークスの有力馬スマートレイアー、
ニュージーランドトロフィーの有力馬アストラエンブレム、
桜花賞の有力馬シンハライトの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR