今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月13日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率111.1%


3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”

2月21日
京都10R 3連複4120円
調教抜群鉄板軸馬トウカイセンスが2着

2月20日
東京9R 3連複2380円
調教抜群鉄板軸馬ジュンヴァルカンが2着
“危険な人気馬”リンクスは“完全消し”

2月14日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複10020円
調教抜群鉄板軸馬メートルダールが3着
事前公開の“激アツ馬”ディーマジェスティが1着


今週は的中レースがありませんでした。
相手筆頭の“激アツ馬”が2頭も結果をだしたのに、
鉄板軸馬が飛んでしまい的中できずスミマセンでした。

中日新聞杯は会員様に事前公開した“激アツ馬”ファントムライトが、
先行して2着に粘ったが鉄板軸馬クルーガーが見せ場を作る事なく、
6着になってしまいました。
クルーガーは坂を上がり切ってからエンジンがかかって、
3着争いには加わったが道中の位置取りが後ろ過ぎました。
大外枠だったが前に行ける脚があるのでスタートからだして行って、
外の7番手くらいの位置にはいて欲しかったがスローペースなのに、
4角13番手ではどうしようもありませんでした。

フィリーズレビューは鉄板軸馬クードラパンがまったく想定していなかった、
最後方からの競馬をやってしまい何もできずに終わってしまいました。
厩舎から後方から差す指示を田辺騎手が受けていたのかもしれないが、
速い上りが使える馬ではないのになぜあのような競馬をしたのかわかりません。
前日に中山で同じトライアルのアネモネステークスがあったのに、
パスしてフィリーズレビューに出走したのに、
なぜあのような後方待機をしたのか厩舎に聞いてみたいです。

中山牝馬ステークスは鉄板軸馬アースライズが中途半端な競馬をして、
脚を余して8着に負けてしまいました。
道中の流れがスローで残り4Fから急に11秒台になったが、
ラップが速くなった時に最内にいたので流れに乗れず、
良い脚が使えたのは着順が決まってからで時すでに遅しでした。

来週は3日連続開催で土曜日にファルコンステークス、
日曜日に阪神大賞典、スプリンターズステークス、
月曜日にフラワーカップが行われます。

3日間の連続開催になるが通常通りの提供になり。
3日目の21日は無料配信になります。

ファルコンステークスはNHKマイルカップの重要なステップレースです。

今年の3歳牡馬クラシック路線はハイレベルだが、
短距離、マイル組は傑出馬がいなくて層が薄くレベルは高くありません。

2月27日にマイル戦のアーリントンカップがあったが、
1着~8着まで0.2秒差の大接戦で上位と下位に大きな差はなく、
展開一つで着順が替わっていたくらいのレベルが低いレースでした。

ファルコンステークスも実力が拮抗した横一線のメンツで、
デキ一つで着順が大きく替わりそうなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

阪神大賞典は登録頭数が少ないが実力が拮抗したメンツになりました。

G1馬トーホウジャッカルが復帰するが虚弱体質で強い調教ができず、
アドマイヤデウスが日経賞の相手が強いので前倒しして出走してくるが、
シュヴァルグラン、タンタアレグリアと同じで折り合いに難があり距離が微妙で、
カレンミロティックは8歳で上り目が薄いので絶対視できる堅軸馬がいません。

頭数が少なくなりそうだがデキ一つで着順が替わる混戦なので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

スプリンターズステークスはクラシックを占う重要な前哨戦です。

弥生賞でマカヒキが勝ちサトノダイヤモンドとの全勝対決が注目されているが、
まだ能力が未知数のドレッドノータスも無敗馬で、
2歳王者のロードクエストがスプリングステークスも出走するので、
スプリングステークスの結果次第でクラシック路線の力関係が変わるかもしれません。

ミッキーロケット、マウントロブソンといった能力が高い馬もいて、
皐月賞を目指すアツイ戦いになるのは確実なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

フラワーカップは31頭の登録があるが出走が確定しているのは2頭だけで、
抽選待ちが29頭もいて重賞でなく500万特別と思った方が良さそうです。

重賞なので桜花賞の最終便だがここで賞金加算しても、
中2週で本番に向かう事になるので結果がでても無理しないで、
目標をオークスに切り替えてくるでしょう。

出走馬のほとんどが1勝馬の戦いになり横一線のメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。

ファルコンステークスの有力馬の調教分析はトウショウドラフタ、
ブレイブスマッシュ、ペイシャフェリシタ、ラズールリッキー、レッドラウダの5頭、
阪神大賞典の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、カムフィー、
カレンミロティック、タンタアレグリア、トーホウジャッカルの5頭、
スプリングステークスの有力馬の調教分析はハレルヤボーイ、
プランスシャルマン、マウントロブソン、ミッキーロケット、ロードクエストの5頭、
フラワーカップの有力馬の調教分析はゴッドカリビアン、
シャクンタラー、パールコード、ラブリーアモン、ルフォールの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月13日の23時以降に確認して下さい。

ファルコンステークス、阪神大賞典、スプリングステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月17日の18時になります。

フラワーカップが21日の月曜日で出走馬の最終調教が3月17日になるので、
フラワーカップの危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は、
17日の木曜日でなく18日の金曜日の18時になります。


ファルコンステークスの有力馬シュウジ、
阪神大賞典の有力馬シュヴァルグラン、
スプリンターズステークスの有力馬ドレッドノータス、
フラワーカップの有力馬コルコバードの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR