今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月6日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率112.1%


3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”

2月21日
京都10R 3連複4120円
調教抜群鉄板軸馬トウカイセンスが2着

2月20日
東京9R 3連複2380円
調教抜群鉄板軸馬ジュンヴァルカンが2着
“危険な人気馬”リンクスは“完全消し”

2月14日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複10020円
調教抜群鉄板軸馬メートルダールが3着
事前公開の“激アツ馬”ディーマジェスティが1着


今週は相手筆頭の“激アツ馬”が2頭も馬券圏内にきたが、
そのレースで軸馬が飛んでしまい他にも相手抜けや、
ハナ差で的中を逃す事があり的中できたのは超安い配当の弥生賞だけになりました。

チューリップ賞は鉄板軸馬ジュエラーがシンハライトと同じ、
上り3F33.0秒の末脚で差してきて2着になったが、
内から抜けて3着に上がったラベンダーヴァレイを軽視したので、
紐抜けになってしまいました。

ラベンダーヴァレイは1週前のCWトラックの調教は良かったが、
前走で減った馬体重減を戻すために直前を控えたので、
相手に入れる事ができず軽視してしまいました。

オーシャンステークスは鉄板軸馬ゴールドペガサスが、
勝負所で行き場がなくなり何もできず14着に惨敗しました。
シュタルケ騎手がテン乗りで大事に乗り過ぎた感じで、
積極的な競馬をしていれば違う結果になっていたでしょう。

弥生賞は鉄板軸馬マカヒキが横綱相撲で突き抜けました。
エアスピネルの直前の調教が緩かったので飛んで欲しかったが、
能力の高さで3着に残ってしまい低配当になってしまいました。

マカヒキに騎乗していたルメール騎手は本番でサトノダイヤモンドに乗るので、
乗り替わりになるがマカヒキの爆発力を知っているので、
ルメール騎手が皐月賞でどのような戦法をするのか楽しみになりました。

来週は春の中京開催の名物レースの中日新聞杯、
桜花賞トライアルレースのフィリーズレビュー、
ヴィクトリアマイルのステップレースの中山牝馬ステークスです。

中日新聞杯はG3ハンデ戦なので一流馬の出走はないが、
アルバートドック、ブライトエンブレム、クルーガー、ケツァルテナンゴ、
アングライフェンといった次世代を担う勢いがある4歳馬が多く、
アツイ戦いになりそうです。

中距離馬の春の目標は宝塚記念で昔は早めに夏休みに入る馬が多く、
超一流馬の出走が少なかったが最近は宝塚記念を使った後に休養に入り、
札幌記念を使うか秋天皇賞に直行するのがトレンドになり、
超一流馬の出走が増えたので重賞を1つ勝っているくらいでは、
除外されるようになりました。

中日新聞杯に出走するフレッシュな4歳もここで賞金を加算しても、
宝塚記念の出走はほぼ無理なのでほとんどは先の目標がなく、
後先を考えずメイチで出走してくるはずなので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

フィリーズレビューは桜花賞の重要なトライアルレースだが、
今週のチューリップ賞が豪華なメンツだったので手薄になりました。

最近のフィリーズレビューで3着以内に入って桜花賞の出走権を取っても、
桜花賞で結果をだした馬がほとんどいなくて、
最近では2012年のアイムユアーズしかいません。
昨年の1着クイーンズリングが桜花賞で3番人気になったが4着、
2013年の1着メイショウマンボが4番人気で10着に大敗しているので、
最近はフィリーズレビューの存在意義が薄くなっています。

阪神1400mは内回りで外回りの1600mの桜花賞と、
コース設定がまったく違うので結果が直結しないが、
桜花賞はクラシックの華なのでどうしても出走したい馬は、
メイチの仕上げで権利を取りにくるでしょう。

デキ一つで着順が大きく替わるくらいのメンツなので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。

中山牝馬ステークスは難解なハンデ戦です。

このレースで引退して有終の美を飾りたい馬が何頭かいるが、
今年はルージュバック、シングウィズジョイ、アースライズ、
キャットコインなどの若い4歳馬の出走が多く、
ほとんどはヴィクトリアマイルを最大の目標にしているはずです。

重賞勝ちがある4歳は重いハンデになり目標が先にあるので、
中間の調教からメイチなのか叩き台なのかを見極めて勝負しましょう。

中日新聞杯の有力馬の調教分析はアルバートドック、クルーガー、
ケツァルテナンゴ、ショウナンバッハ、バウンスシャッセ、ブライトエンブレムの6頭、
フィリーズレビューの有力馬の調教分析はカトルラポール、
キャンディバローズ、クードラパン、ナタリーバローズ、メイショウスイヅキの5頭、
中山牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアースライズ、キャットコイン、
シュンドルボン、ノボリディアーナ、ルージュバック、レイヌドネージュの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月6日の23時以降に確認して下さい。

中日新聞杯、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月10日の18時になります。

中日新聞杯の有力馬サトノノブレス、
フィリーズレビューの有力馬アットザシーサイド、
中山牝馬ステークスの有力馬シングウィズジョイの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR