今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の2月28日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率113.0%


2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”

2月21日
京都10R 3連複4120円
調教抜群鉄板軸馬トウカイセンスが2着

2月20日
東京9R 3連複2380円
調教抜群鉄板軸馬ジュンヴァルカンが2着
“危険な人気馬”リンクスは“完全消し”

2月14日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複10020円
調教抜群鉄板軸馬メートルダールが3着
事前公開の“激アツ馬”ディーマジェスティが1着


今週は勝負レースの阪急杯、中山記念の的中ができ、
6戦3勝だったがアーリントンカップを僅差で外してしまい、
満足できるような結果にはなりませんでした。

アーリントンカップは会員様に木曜日に事前公開していた、
“激アツ馬”レオナルドを鉄板軸馬にして提供したが、
僅差の4着になってしまい痛恨の縦目になってしまいました。
2着のダンツプリウスは事前公開していた軸馬候補で、
軸をレオナルドにしたのでダンツプリウスは相手筆頭になり、
ロワアブソリューも買い目に入れていたがレオナルドが残っていれば、
3連複11790円が的中できていたので悔しい縦目になりました。

阪急杯は鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着にきて、
事前公開していた“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着になり的中できました。
ブラヴィッシモは確定した木曜日の時点で新聞の印が薄く、
8番人気くらいを想定していたが開幕週の2枠3番に入り、
人気が上がってしまい5番人気になってしまいました。

会員様にブラヴィッシモを事前公開したのは木曜日で、
当日に5番人気になるとはまったく想定していませんでした。
ブラヴィッシモのデキの良さを事前に見抜いて結果を出し、
的中できたが低配当になってしまい少し残念でした。

中山記念は鉄板軸馬リアルスティールが3着にきて的中できたが、
ドゥラメンテ、アンビシャスが1着、2着で平穏な結果になりました。
リアルスティールはベスト距離の1800mで同期の2頭に先着されたので、
成長が止まってしまったのかもしれません。

来週は桜花賞トライアルレースのチューリップ賞、
高松宮記念のステップレースのオーシャンステークス、
今年の3歳牡馬クラシックを占う重要な前哨戦の弥生賞です。

チューリップ賞は牝馬クラシックで活躍しそうな能力が高い馬が揃いました。

チューリップ賞に出走するジュエラー、レッドアヴァンセ、
シンハライトは例年ならば桜花賞の有力候補です。、
今年はメジャーエンブレムという傑出した強い馬がいるので、
大関クラスの2番手グループの存在になっているが、
桜花賞は圧倒的に差し馬が有利なレースで、
メジャーエンブレムで仕方ないと諦めている厩舎はないはずです。

人気になるレッドアヴァンセ、シンハライトは賞金を持っていて、
メイチの仕上げで出走する事はなくジュエラーは賞金が微妙なので、
ここで結果を出さないと桜花賞の出走ができなくなってしまいます。

ジュエラーのように後先を考えずメイチの仕上げで、
桜花賞の出走権利を取りにきる馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

オーシャンステークスは高松宮記念のステップレースで、
1着馬に高松宮記念の優先出走権が与えられるが、
今の短距離路線の層の薄さを露呈する低レベルのメンツの戦いになりました。

G1実績があるスノードラゴン、ハクサンムーンはピークが過ぎてしまい
唯一の新星は4歳のアルビアーノだが1200m戦は初めてになるので、
走ってみないと適性があるのかないのかわかりません。

今年は実力が拮抗していてデキ一つで着順が替わるくらいのメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

弥生賞は今年の牡馬クラシック路線を占う重要なトライアルレースです。

共同通信杯でクラシック候補のハートレー、スマートオーディンが惨敗して、
きさらぎ賞を圧勝したサトノダイヤモンドがクラシックの最有力だが、
トライアルに出走しないで皐月賞に直行する異例のローテーションなので、
今年の3歳牡馬クラシックがどうなるのかわかりません。

3月20日のスプリングステークスにロードクエスト、トレッドノータス、
ロジクライ、サトノキングダム、ジークカイザーが出走するが、
リオンディーズ、エアスピネル、マカヒキの方が能力が高いので、
弥生賞の結果である程度のクラシックの勢力図が見えてきます。

弥生賞の出走頭数は少ないがレベルが高いレースになるので、
中間の調教から各馬の状態の良し悪しを見極めて勝負しましょう。

チューリップ賞の有力馬の調教分析はアドマイヤリード、ウインファビラス、
シンハライト、デンコウアンジュ、ブランボヌール、レッドアヴァンセの6頭、
オーシャンステークスの有力馬の調教分析はアルビアーノ、エイシンブルズアイ、
ゴールドペガサス、スノードラゴン、ネロ、ワキノブレイブの6頭、
弥生賞の有力馬の調教分析はヴィガーエッジ、エアスピネル、
タイセイサミット、マカヒキの4頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月28日の23時以降に確認して下さい。

チューリップ賞、オーシャンステークス、弥生賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は3月3日の18時になります。

チューリップ賞の有力馬ジュエラー、
オーシャンステークスの有力馬ハクサンムーン、
弥生賞の有力馬リオンディーズの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR