今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の2月14日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率114.4%


2月14日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複10020円
調教抜群鉄板軸馬メートルダールが3着
事前公開の“激アツ馬”ディーマジェスティが1着

2月13日
東京9R 3連複5180円
調教抜群鉄板軸馬ヴァフラームが3着

1月30日
東京11R 3連複990円
調教抜群鉄板軸馬ケツァルテナンゴが1着

1月24日
中京11R 勝負レース 東海ステークス 3連複1120円
調教抜群鉄板軸馬アスカノロマンが1着

1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。


2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。

今週はヴィクトリアマイル、高松宮記念のステップレースの京都牝馬ステークス、
春天皇賞を目標にしているステイヤーが激突するダイヤモンドステークス、
冬の小倉の名物レースの小倉大賞典、
今年のJRAのG1レース初戦のフェブラリーステークスです。

G1レースがある週に4レースも重賞をやるのは勘弁して欲しいが、
手抜きを一切しないで有力馬の調教分析をやっています。

京都牝馬ステークスは今年から開催時期が2月3週目に変更され、
京都1600mから1400mに距離が短縮され行われます。

来週の2月28日に阪急杯があるが高松宮記念のステップレースで、
持ち賞金があるミッキーアイル、レッツゴードンキなどが出走して、
賞金不足の牝馬は除外されるので京都牝馬ステークスを、
1400mに距離短縮したのは大賛成です。

このレースで賞金加算して高松宮記念に向かいたい馬、
ヴィクトリアマイルの叩き台で出走する馬、
一稼ぎして繁殖に上がる馬がいてそれぞれの思惑が違うメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

ダイヤモンドステークスは昨年末のステイヤーズステークスの出走組に、
このレースを連覇しているフェイムゲーム、
長距離ならば崩れないホッコーブレーヴ、カムフィー、
フレッシュな4歳モンドインテロ、タンタアレグリアが激突するので、
アツイ戦いになりそうです。

ステイヤーズステークス組の最先着はカムフィーだが、
5着ネオブラックダイヤまで0.3秒しかなく、
この小差ならばハンデ、枠順、展開などで埋まるので、
ステイヤーズステークスで僅差で負けた馬の巻き返しがありそうです。

今年は人気が割れそうな横一線のメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

小倉大賞典は今年で記念の50回目になる冬の小倉の名物レースです。

蛯名騎手がJRA全10場重賞制覇の偉業を達成するために、
同日のフェブラリーステークスに騎乗しないでマイネルフロストで参戦します。
蛯名騎手の小倉の重賞挑戦は今回で7回目になるが、
マイネルフロストならば達成できるかもしれません。

馬券抜きならば蛯名騎手のマイネルフロストを応援したいが、
小倉実績があるコスモソーンパーク、ベルーフ、ダコール、
小回り向きのアルバートドックがいて一筋縄ではいかないメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

今年のフェブラリーステークスは混戦のメンツになりました。

ホッコータルマエにドバイの招待状が届いていないが正式に回避が発表され、
東京大賞典を勝ちG1馬になったサウンドトゥルーも出走しないので、
春のダート王決定戦とは言えない寂しいメンツになりました。

ノンコノユメ、コパノリッキーが押しだされて人気になるが、
デビューから最速タイの6戦目でダート重賞を制したモーニン、
モーニンと同じ馬主の実力馬のベストウォーリア、
昨年のJBCレディースでサンビスタを子供扱いしたホワイトフーガ、
東海ステークスを勝った上り馬アスカノロマンがいるので、
今年の出走馬に能力差はほとんどなく実力は横一線で拮抗しています。

デキ一つで着順が替わるくらいのメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

京都牝馬ステークスの有力馬の調教分析はウキヨノカゼ、ウリウリ、
クイーンズリング、リーサルウェポン、レッドオーヴァルの5頭、
ダイヤモンドステークスの有力馬の調教分析はカムフィー、タンタアレグリア、
トゥインクル、フェイムゲーム、ホッコーブレーヴ、モンドインテロの6頭、
小倉大賞典の有力馬の調教分析はアルバートドック、コスモソーンパーク、
ダコール、マイネルフロスト、レッドアリオンの5頭、
フェブラリーステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、ノンコノユメ、
ベストウォーリア、ホワイトフーガ、モーニン、モンドクラッセ、ロワジャルダンの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月17日の23時以降に確認して下さい。

京都牝馬S、ダイヤモンドS、小倉大賞典、フェブラリーSの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日2月18日の18時になります。

京都牝馬ステークスの有力馬ウインプリメーラ、
ダイヤモンドステークスの有力馬ファタモルガーナ、
小倉大賞典の有力馬ベルーフ、
フェブラリーステークスの有力馬コパノリッキーの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR