今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの早割りを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。

早割りは1月31日から2月12日までになるので、
入会希望の方はお早めの手続きをお願いします。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の2月7日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率113.3%


1月30日
東京11R 3連複990円
調教抜群鉄板軸馬ケツァルテナンゴが1着

1月24日
中京11R 勝負レース 東海ステークス 3連複1120円
調教抜群鉄板軸馬アスカノロマンが1着

1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着


春のG1パックの早割りを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。


2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。

早割りは1月31日から2月12日までになるので、
入会希望の方はお早めの手続きをお願いします。

今週は的中レースがありませんでした。
相手抜けが2鞍あり鉄板軸馬がハナ差で4着に負けたり、
相手筆頭の“激アツ馬”が2頭も馬券対象にきたのに、
そのレースが的中できずスミマセンでした。

きさらぎ賞は鉄板軸馬ロワアブソリューから、
3連複フォーメーション5点の買い目にしたが、
スタートから折り合いを欠いてしまいノガロにも絡まれて、
4角手前で早々と失速してしまいました。
ロワアブソリューは1戦1勝でレース経験の浅さを不安視していたが、
その不安がでてしまう残念な結果になってしまいました。

東京新聞杯は会員様に事前公開していた“激アツ馬”マイネルアウラートが、
2番手から先行して3着に残ったが肝心の鉄板軸馬グランシルクが10着で、
逃げ切ったスマートレイアーを消していたので的中を逃してしまいました。
鉄板軸馬グランシルクの池添騎手は直前調教に騎乗して癖を掴んでいたはずなのに、
何もしない消極的な騎乗をやってしまった事が一番残念でした。

来週は桜花賞の重要なステップレースのクイーンカップ、
伝統ある中距離重賞の京都記念、
3歳牡馬クラシックを占う重要なステップレースの共同通信杯です。

クイーンカップの最近は出世レースになっています。

昨年の2着ミッキークイーンがオークス、秋華賞を勝ち、
2012年の1着ヴィルシーナ、2011年の1着ホエールキャプチャが、
同年のG1レースで結果をだしているのでトライアルレースではないが、
今年の3歳牝馬クラシックを占う重要な重賞なのです。

今年は阪神ジュベナイルフィリーズを圧勝した女王メジャーエンブレムが、
単勝100円台後半になるくらいの抜けた1番人気になりそうです。

クイーンカップは別定戦なので重賞勝ち馬は1k増になり、
他馬より重い55kになるので通常ならば同斤量のチューリップ賞、
フィリーズレビューといったトライアルレースに出走するが、
メジャーエンブレムはクイーンカップからの始動を選択しました。

阪神マイルは阪神ジュベナイルフィリーズで勝っているので、
桜花賞の勝ちは確信していてその先のオークスを見据えているので、
55kの斤量になるが東京コースの重賞に出走するのでしょう。

メジャーエンブレムと他馬の能力差、実力差はかなりあるが、
80%くらいのデキで出走してくるのが確実で何が起こるかわからないので、
各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

京都記念は今年で109回目になる伝統ある重賞です。

超一流の馬はいないが日経新春杯後を圧勝したレーヴミストラル、
中山金杯を勝ち重賞連勝中のヤマカツエース、
昨秋はデキが悪くて結果がだせなかったが4歳トップクラスのサトノクラウン、
牡馬相手になるが爆発力がある4歳牝馬タッチングスピーチが激突するので、
アツイ戦いになるでしょう。

登録馬のほとんどは春天皇賞は距離が長く使わない予定で、
ここを叩いて大阪杯、安田記念を使い宝塚記念が最終目標のはずです。
後先を考えずメイチの仕上げて出走してくる馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

共同通信杯は今年のクラシック路線を占う重要なステップレースです。

以前の共同通信杯は単なる3歳重賞だったが2012年から重要性が増して、
2012年の1着ゴールドシップ、2着ディープブリランテ、
2014年の1着イスラボニータが同年のクラシックを制して、
昨年の1着リアルスティールは皐月賞、菊花賞で2着、
2着ドゥラメンテは皐月賞、ダービーを勝ち2冠馬になりました。

今年もクラシック路線で活躍するハートレー、スマートオーディン、
まだ底を見せていないイモータル、メートルダールが出走します。
今日のきさらぎ賞でサトノダイヤモンドが強烈なパフォーマンスで勝ったので、
混戦だった3歳牡馬路線で頭一つ抜けだし共同通信杯の結果次第で、
今年の牡馬クラシックの勢力分布が少しは見えてくるでしょう。

ハートレー、スマートオーディンの爆発力は強烈だが、
2頭とも粗削りで能力、実力が抜けていると思っていないので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

クイーンカップの有力馬の調教分析はエクラミレネール、サプルマインド、
ダイワドレッサー、ビービーバーレル、フロンテアクイーンの5頭、
京都記念の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、サトノクラウン、
ショウナンバッハ、タッチングスピーチ、ヒストリカル、レーヴミストラルの6頭、
共同通信杯の有力馬の調教分析はイモータル、ディーマジェスティ、
ハートレー、メートルダール、リスペクトアースの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月7日の23時以降に確認して下さい。

クイーンカップ、京都記念、共同通信杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月11日の18時になります。

クイーンカップの有力馬メジャーエンブレム、
京都記念の有力馬ヤマカツエース、
共同通信杯の有力馬スマートオーディンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR