今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月17日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率115.0%


1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”


今週は相手筆頭の“激アツ馬”が3頭も走ったが、
6戦2勝になってしまい大きな配当の的中がありませんでした。

愛知杯の鉄板軸馬はシュンドルボンだったが坂を上がり切った所で、
脚が止まってしまい8着になってしまいました。
人気を背負っていて外枠だったので大野騎手は早め早めに動いたが、
道中のペースが速かったのでゴール30m手前で脚が止まってしまいました。
1着バウンスシャッセ、2着リーサルウェポンは2頭とも消しだったので、
このレースを調教の良し悪しから的中させるのは難しかったです。

京成杯は事前公開の“激アツ馬”ケルフロイデが2着にきたが、
鉄板軸馬マイネルラフレシアが10着に大敗してしまいました。
スタート後にオンザロックスに体当たりされ位置取りが悪くなったが、
ペースが緩かったのに柴田大騎手はまったく抵抗しないで、
最初から最後まで10番手の位置取りで10着になってしまいました。
不利を受けて位置取りが悪くなってしまった事は仕方ないが、
レースに参加せず何もしないで終わらせた事に腹が立っています。

日経新春杯は鉄板軸馬プロモントーリオが6着になり縦目になりました。
4角入り口で内にいたシュヴァルグランと接触して外に振られたが、
大きな不利ではなく伸びそうで伸びなかったので、
まだ重賞を勝てるくらいの力がないのでしょう。

来週はフェブラリーステークスのステップレースの東海ステークス、
中距離重賞のAJCCです。

東海ステークスは1着馬にフェブラリーステークスの、
優先出走権が与えられる重要な前哨戦です。

昨年末の東京大賞典を勝ち新ダート王に君臨したサウンドトゥルー、
7歳になり全盛期の力はないが堅実に走るホッコータルマエは、
1月27日の交流G1川崎記念に出走するので、
東海ステークスに超一流ダート馬はいないが、
骨折がなければG1を勝っていたかもしれないインカンテーション、
チャンピオンズカップで上位争いに加わったロワジャルダン、
まだ底を見せていないモンドクラッセが激突するのでアツイ戦いになりそうです。

実績の最上位はインカンテーションだが骨折明けで戻ってきたのが、
12月23日で調教の本数が少なくフェブラリーステークスが大目標なので、
他馬にもつけ入る隙はありそうです。

実績馬、上り馬が混在している難しいメンツなので、、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

AJCCは今週の日経新春杯と同じで低調なメンツになりました。

長期休養明けの実力馬ショウナンマイティが復帰するが、
昨秋の2戦の成績が悪く成長に疑問があるサトノラーゼン、
7歳でこれ以上の上がり目が期待できないディサイファ、
中山金杯で2着だったが決め手がないマイネルフロストくらいしか、
重賞実績がある馬がいません。

昨年はゴールドシップが参戦して盛り上がったが、
今年は目玉になるような上り馬、フレッシュな馬がいないので、
デキ一つで着順が替わりそうです。

低調なメンツなので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

東海ステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、インカンテーション、
ストロングサウザー、モンドクラッセ、ローマンレジェンドの5頭、
AJCCの有力馬の調教分析はショウナンマイティ、スズカデヴィアス、
スーパームーン、ディサイファ、マイネルフロスト、ライズトゥフェイムの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月17日の23時以降に確認して下さい。

東海ステークス、AJCCの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月21日の18時になります。

東海ステークスの有力馬ロワジャルダン、
AJCCの有力馬サトノラーゼンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR