今週の結果、来週の重賞レース

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす


パソコン版 http://t-analysis.com/

携帯版 http://t-analysis.com/mobile/

入会希望問い合わせ cyokyo77@yahoo.co.jp


2011年の成績
241戦58勝 均等買い回収率104.2%


2011年勝負レース重賞の成績
89戦32勝 均等買い回収率158.1%
重賞レース鉄板軸馬の複勝率56.2%


2011年G1レースの成績
12戦6勝 均等買い回収率492.5%
鉄板軸馬の複勝率75.0%


2010年7月3日~2011年6月26日までの1年間の成績
312戦90勝 均等買い回収率131.2%


2010年7月3日~2011年6月26日までの勝負レース重賞の成績
121戦40勝 均等買い回収率190.8%


2010年7月3日~2011年6月26日までの勝負レースG1の成績
23戦10勝 均等買い回収率441.6%


最近の的中レース


10月2日
阪神9R 兵庫特別 3連複900円
調教抜群鉄板軸馬ギュスターヴクライが3着
デキ落ちの“危険な人気馬”3番人気マイネルシュトルムは“完全消し”


10月1日
札幌11R 勝負レース 札幌2歳ステークス 3連複890円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドシップが2着
事前公開の“危険な人気馬”の3番人気ベストディールは“完全消し”


9月25日
阪神11R 勝負レース 神戸新聞杯 3連複510円
調教抜群鉄板軸馬ウインバリアシオンが2着


9月19日
札幌12R 3連複16710円
調教抜群鉄板軸馬タイタンが2着
調教抜群相手2番目9番人気メルヴェイユドールが3着


9月11日
阪神11R 勝負レース セントウルステークス 3連複3080円
調教抜群鉄板軸馬ダッシャーゴーゴーが3着
事前公開の“危険な人気馬”テイエムオオタカ、

4番人気サンカルロは“完全消し”


9月3日
新潟12R 3連複9530円
調教抜群鉄板軸馬ヤサカシャイニーが1着
調教抜群相手筆頭11番人気アポロノカンザシが2着


8月14日
小倉11R 勝負レース 北九州記念 3連複4830円
調教抜群鉄板軸馬エーシンリジルが2着
事前公開“激アツ馬”相手筆頭の8番人気トウカイミステリーが1着


8月7日
函館11R 勝負レース 函館2歳ステークス 3連複7140円
調教抜群鉄板軸馬ファインチョイスが1着
調教抜群の相手2番目アイムユアーズが2着



今週の的中は勝負レースだった札幌2歳ステークス、
日曜日の阪神9R兵庫特別の2レースでした。
2レースとも“危険な人気馬”をバッサリ切り捨てましたが、
全然荒れなくて安い配当になってしまいました。
スプリンターズステークスは荒れましたが、
最近の重賞レースはほとんど荒れず面白みに欠けます。


札幌2歳ステークスは鉄板軸馬ゴールドシップが2着になり、
事前公開していた“危険な人気馬”3番人気のベストディールをバッサリ切り捨てたが、
1番人気のグランデッツアが快勝してしまい安い配当になってしまいました。
グランデッツアはトビが大きいので道悪は苦労するだろうと見ていたが、
蹄に水掻きがついているようなほどの軽快なフットワークで走り着差以上に強い競馬をしました。
マルセリーナの半弟ですが姉以上の高い能力の持ち主です。


シリウスステークスはヤマニンキングリーが初ダートで楽勝してしまいました。
脚質、血統的にダートも走れる下地はありましたが、
直前調教があまりにも動かなかったのでデキ落ちと判断してしまいました。


秋のG1第一弾スプリンターズステークスも外してしまいました。
会員の皆様に事前公開していた木曜日時点では、
ロケットマンを軸にするつもりは全くなかったのですが、
30日の調教を見てしまい事前公開を変更して軸馬をロケットマンにしました。
今まで来日した外国馬で金曜日にビシッと速い時計をだす調教をやった馬はいませんでした。
馬体重が太かったわけではないのにここまでやるのですから、
このレースへの執着、意気込みはかなりあったはずです。
スタート前から事前公開していた“激アツ馬”ビービーガルダンが放馬して、
いきなりケチがついてしまい嫌な予感がしていました。
ロケットマンは4着に敗れましたが敗因は福永と池添のロケットマン潰しでした。
ロケットマンが4角手前で抜けだす脚があまりなかったのもあるが、
福永が外からプレッシャーをかけ絶対に外にだしませんでした。
エーシンヴァーゴウに先に行かれてからロケットマンは外にだすが、
次は池添のカレンチャンが外からロケットマンを内に封じ込めプレッシャーをかけました。
福永と池添が事前に打ち合わせでもしていたかのような見事な連携プレーでした。
2着に残ったパドトロワは内から差してきたラッキーナインの進路を妨害して、
審議の対象になりましたが降着も制裁もありませんでした。
パトロールフィルムを見る限りパドトロワはかなりラチ沿いまで斜行していました。
昨年のこのレースで降着になったダッシャーゴーゴーと同じくらいの斜行でしたが、
パドトロワがなぜ降着にならなかったのか当方にはわかりません。
降着になりロケットマンが3着に繰り上がっていても不的中だったので、
どうでもいい事なのですがちょっと納得できない事由でした。


秋のG1初戦を外してしまいスミマセンでした。
まだ始まったばかりなので来週は必ず挽回します。
会員の皆様は期待してお待ち下さい。


来週は日曜日に秋の天皇賞のステップレース毎日王冠、京都大賞典、
そして祭日の月曜日に東京競馬場で南部杯が行われます。


毎日王冠は秋天皇賞の重要なステップレースです。
G1常連馬の出走はないが高レベルの馬が多く出走するのでアツイ戦いになります。
ここで高いパフォーマンスをださないと本番ではいいレースができないので、
どの馬もそこそこの仕上げをして出走してくるはずです。
休み明けの馬が多いので中間の調教、調整をしっかりと分析し、
デキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。


京都大賞典は秋天皇賞、ジャパンカップのステップレースですが、
登録馬が9頭しかない寂しいメンバー構成になりました。
回避馬がでてくるはずなので最終的には7頭立てになるでしょう。
この頭数ではさすがに勝負できません。
勝負はしませんが有力馬の調教分析はしますので参考にして下さい。


南部杯はトランセンド、エスポワールシチーが初めて激突します。
2頭ともジャパンカップダートもフェブラリーステークスも制していて、
同じ先行脚質なのでこの2頭の対決に注目が集まります。
現役最強ダート馬と前王者が雌雄を決するのでアツイ戦いになる事が必至です。
今年の春のフェブラリーステークスは鉄板軸馬バーディーバーディが3着になり、
3連複3200円を的中させました。
高松宮記念を的中させたが今週のスプリンターズステークスは外してしまったので、
春秋の短距離G1の的中ができませんでした。
南部杯では必ず春秋ダートG1的中を達成してみせますので、
会員の皆様は期待してお待ち下さい。


来週はまた3日間競馬になりますが、
先月の3日間開催と同じで月曜日の提供は無料になります。


会員様限定の南部杯の有力馬の一週前時点の調教分析は、
エスポワールシチー、ダノンカモン、トランセンド、ランフォルセの4頭、
毎日王冠の有力馬の一週前時点の調教分析は、
シルポート、ダークシャドウ、ミッキードリームの3頭です。
現時点のデキの良し悪しを分かりやすく解説しています。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は、
今日の22時以降にご覧になって下さい。

南部杯、毎日王冠の有力馬の一週前時点の調教分析は、

今日2日の22時以降にパスワードからログインして閲覧してください  コチラからログイン


南部杯、毎日王冠、勝負レースの危険な人気馬、
激アツ馬の会員の皆様への事前公開は10月6日木曜日の18時になります。


南部杯の有力馬オーロマイスター、

毎日王冠の有力馬ダノンヨーヨーの一週前時点の調教分析は少々お待ち下さい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR