今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1パックを受付中です。
年末の有馬記念までのG1レース11戦と指定交流G1レースを、
数鞍は配信するので合計で13、14戦くらいになります。


昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の秋G1レースも調教分析をしっかりして、
良い成績を残したいと思います。

秋のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の7月28日から今年の11月8日までの
27ヶ月間の勝負レースの成績 回収率116.1%


11月8日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3990円
デキ落ちの2番人気プロモントーリオは“完全消し”

11月7日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複6690円
事前公開の“激アツ馬”で鉄板軸馬のアドマイヤモラールが2着

11月1日
東京10R 3連複3580円
調教抜群鉄板軸馬ダッシングブレイズが1着

10月31日
京都11R 勝負レース スワンステークス 3連複2710円
事前公開の“激アツ馬”で鉄板軸馬オメガヴェンデッタが3着

10月25日
東京9R 3連複2530円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンライズが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”デアリングエッジは“完全消し”

10月24日
新潟10R 3連複2100円
調教抜群鉄板軸馬チャパラが2着

今週は紐抜けが2鞍あったが勝負レースの京王杯2歳ステークス、
アルゼンチン共和国杯が的中できました。

京王杯2歳ステークスは会員様に事前公開していた、
“激アツ馬”のアドマイヤモラールを鉄板軸馬にして提供しました。
木曜日の事前公開でこのレースに鉄板と言えるような軸馬はいませんと、
会員様に伝えていたが先週のスワンステークスのオメガヴェンデッタと同じで、
“激アツ馬”アドマイヤモラールを軸にしました。

前半3Fが36.5秒の超スローペースになって、
ほとんどの馬が折り合いを欠いてしまい向正面でアドマイヤモラールも、
頭を上げて引っかかってしまったがデキが良かったので、
坂を上がってからもう一伸びして2着にきてくれました。
アドマイヤモラールは距離が伸びても良さそうなので、
無事に成長していけばクラシック路線でも活躍できそうです。

ファンタジーステークスは鉄板軸馬ワントゥワンが良い脚で差してきたが、
先行していた3頭が残ってしまい惜しい4着になってしまいました。
馬体重が14kも増えていたが調教を強化しての増加で、
太め感はまったくなくフックラした馬体になってしました。
出走中で最速の33.1秒の脚を使っても届かない結果になったが、
2歳牝馬では屈指の末脚があるので来年が楽しみになりました。

アルゼンチン共和国杯は鉄板軸馬ゴールドアクターが勝ち的中できました。
朝から雨がかなり降って重馬場になったが順当な結果になりました。
木曜日の事前公開で軸馬候補はメイショウカドマツ、ゴールドアクター、
レーヴミストラルの3頭でこの中から鉄板軸馬を選びますと、
会員様に伝えたがこの3頭が1着~3着になったのです。
配当は安かったがデキ落ちの2番人気のプロモントーリオを“完全消し”にして、
軸馬候補の3頭で決まったので満足できる的中になりました。

来週はチャンピオンズカップのステップレースの武蔵野ステークス、
朝日杯フューチュリティステークスのステップレースのデイリー杯2歳ステークス、
ローカルハンデ戦の福島記念、牝馬最強馬決定戦のエリザベス女王杯です。
今週も重賞が4鞍あり大変だが手抜きは一切しないで調教分析をします。

武蔵野ステークスはチャンピオンズカップの重要なステップレースだが、
3歳ダートの頂点に立ったノンコノユメ、5月デビューから4戦4勝のモーニン、
影が薄くなったが実力があるゴールデンバローズの3歳馬対決になりそうです。

ノンコノユメはJBCクラシックに出走できていたのに、
回避して名を捨てて実を取りにきました。
JBCより相手はかなり楽だが同世代のモーニン、ゴールデンバローズより、
3kも重い58kを背負わされ1週前調教が悪かったので、
現時点で鉄板とは言えません。

負けなしの4連勝中のモーニンの前走は初めてのダート1600mだったが、
勝ち時計が1分35秒7で2着に0.4秒差をつける楽勝でした。
勝ちっぷりの良さは重賞でも通用しそうなパフォーマンスだったが、
ノンコノユメと同じで1週前がピリッとしなかったので信用できません。

3歳馬が強いレースだがノンコノユメ、モーニンのデキに疑問があるので、
デキの良し悪しを見極めて相手を選び勝負しましょう。

デイリー杯2歳ステークスは実績が抜けているシュウジに人気が集中しそうです。

シュウジの前走の小倉2歳ステークスは適距離でなかったが、
他馬との絶対能力の差が如実にでて楽勝しました。
京都は初めてになるが速い時計勝負になっても対応できるスピードがあり、
距離も問題ないのでデキさえ悪くなければ4連勝が濃厚です。

登録馬が17頭いるが黄菊賞とダブル登録しているのが6頭いて、
最終的に10頭くらいの少頭数になりそうでシュウジの一本被りが確実なので、
デイリー杯2歳ステークスで勝負する事はできません。
会員様への配信はしないが有力馬の数頭の調教分析はやっているので、
勝負したい方は参考にして下さい。


福島記念はG1では通用しないB級オープン馬が揃いました。
11月21日に同じ中距離ハンデ戦のアンドロメダステークスがあり、
12月5日に中京で金鯱賞があるので出走馬が少なくなると思っていたが、
登録馬が20頭もいました。

本命視できる馬が不在でデキ一つで着順が大きく変わるメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

エリザベス女王杯はミッキークイーン、ショウナンパンドラが、
牡馬相手の王道路線に出走する事になりヌーヴォレコルト、ラキシスがいなければ、
牝馬最強馬決定戦とは思えないくらいの低レベルのメンツになりました。

実績だけならばヌーヴォレコルト、ラキシスが抜けている存在だが、
ヌーヴォレコルトは早熟だったのか4歳以降に目に見えた成長力がなく、
ラキシスは今年になってから馬体重の増減が激しく、
牡馬相手に大きく負けていないが昨年のような末脚が使えなくなっています。

今のヌーヴォレコルト、ラキシスならばタッチングスピーチ、
クイーンズリングでも通用しそうだが2頭とも追い込み脚質で安定感がなく、
ルージュバックは一頓挫ありの休み明けなので3歳馬も期待薄です。

今年のエリザベス女王杯はデキ一つで着順が替わるメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

武蔵野ステークスの有力馬の調教分析はグレープブランデー、ゴールデンバローズ、
タガノトネール、チャーリーブレイヴ、モーニンの5頭、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬の調教分析は、
ウォーターミリオン、エアスピネル、ナイトオブナイツの3頭、
福島記念の有力馬の調教分析はステラウインド、ファントムライト、
フラアンジェリコ、マイネルミラノ、メイショウスザンナの5頭、
エリザベス女王杯の有力馬の調教分析はクイーンズリング、スマートレイアー、
タッチングスピーチ、ヌーヴォレコルト、ノボリディアーナ、ルージュバックの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月8日の23時以降に確認して下さい。

武蔵野ステークスの有力馬ノンコノユメ、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬シュウジ、
福島記念の有力馬ミトラ、
エリザベス女王杯の有力馬ラキシスの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

武蔵野ステークス、福島記念、エリザベス女王杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は11月12日の18時になります。
デイリー杯2歳ステークスの配信はしません。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR