今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1パックを受付中です。
年末の有馬記念までのG1レース11戦と、
JBCや東京大賞典の指定交流G1レースを、
数鞍は配信するので合計で13、14戦くらいになります。


昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の秋G1レースも調教分析をしっかりして、
良い成績を残したいと思います。

秋のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の7月28日から今年の11月1日までの
27ヶ月間の勝負レースの成績 回収率114.8%


11月1日
東京10R 3連複3580円
調教抜群鉄板軸馬ダッシングブレイズが1着

10月31日
京都11R 勝負レース スワンステークス 3連複2710円
事前公開の“激アツ馬”で鉄板軸馬オメガヴェンデッタが3着

10月25日
東京9R 3連複2530円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンライズが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”デアリングエッジは“完全消し”

10月24日
新潟10R 3連複2100円
調教抜群鉄板軸馬チャパラが2着

10月12日
京都9R 3連複1310円
調教抜群鉄板軸馬ダイリュウキセキが3着

10月11日
京都9R 3連複2340円
調教抜群鉄板軸馬ウインミレーユが1着

10月10日
東京11R 勝負レース サウジアラビアRC 3連複780円
調教抜群鉄板軸馬イモータルが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”リセエンヌは“完全消し”


今週は6戦2勝で勝負レースのスワンステークスの的中があったが、
秋天皇賞で悔しい外し方をしてしまい不甲斐ない結果になりました。

スワンステークスは事前公開の“激アツ馬”オメガヴェンデッタを軸にしたが、
大外から追い込んで3着になり的中できました。
木曜日の時点で“激アツ馬”オメガヴェンデッタの人気が読みにくかったので、
会員様には人気になれば軸にするかもしれませんと事前に伝えました。
当日は岩田人気なのか想定以上の4番人気になってしまったので、
オメガヴェンデッタを軸にして会員様に提供しました。

オメガヴェンデッタはスタートは良かったが岩田騎手が後ろに下げてしまい、
これで届くのかと心配していたが大外から追い込み3着に届きました。
今までにないような競馬をしてビックリしたが的中できたので良かったです。

アルテミスステークスは鉄板軸馬メジャーエンブレムが2着に粘ったが、
デンコウアンジュ、クロコスミアがノーマークだったので外しました。
メジャーエンブレムが押し切っていい展開で大外一気で突き抜けた、
デンコウアンジュはかなり強い競馬をしました。
まだ気性が押さなくフラフラしながらの追走で突き抜けるのですから、
この馬の潜在能力はかなり高いです。
ハナを切るつもりがなかったのに残ったメジャーエンブレムも好評価できるが、
デンコウアンジュの強さだけが目立ってしまうレースになってしまいました。

秋天皇賞は事前公開していた“激アツ馬”ステファノスが2着だったが、
鉄板軸馬アンビシャスが伸びを欠いて5着に負けてしまいました。

毎日王冠と違いアンビシャスのスタートは良かったが、
エイシンヒカリが2番手になりクラレントが逃げる想定外の展開になり、
前半4F48.6秒、5F60.6秒の超スローペースになってしまい、
アンビシャスは折り合いを欠いて道中は頭を上げて引っかかってしまいました。

直線入り口で大外にだして伸びそうな形になったが、
道中で引っかかったロスが響いて坂の途中から伸びを欠いてしまいました。
共同通信杯以降で前半5F60.6秒の超スローペースは初めてだったので、
経験のあるなしが最後にでてしまったのでしょう。

“激アツ馬”ステファノスが結果をだしたのに的中できずスミマセンでした。

来週は秋のG1シリーズの小休止でG1はなく、
朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦の京王杯2歳ステークス、
阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦のファンタジーステークス、
長距離ハンデ戦のアルゼンチン共和国杯、
チャンピオンズカップのステップレースのみやこステークスが行われます。
久しぶりに重賞が4レースもあるが手抜きしないで調教分析をします。

京王杯2歳ステークスは朝日杯フューチュリティステークスを目指す、
2歳馬が集結したが昨年から朝日杯が阪神に移行されたので、
2歳有力馬のシュウジ、エアスピネルは14日のデイリー杯2歳ステークス、
プロディカルサン、ロスカボスは23日の東京スポーツ杯に出走予定なので、
京王杯2歳ステークスは手薄なメンツになりました。

デキ一つで着順が大きく替わるメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

ファンタジーステークスは阪神ジュベナイルフィリーズのステップレースです。
昨年と2013年の阪神ジュベナイルフィリーズは、
ファンタジーステークスの上位組は本番で結果をだせなかったが、
2009年から2012年までの4年間は上位組が、
本番でも結果をだしていたので重要な前哨戦なのです。

素質馬が多く出走したアルテミスステークスが今週にあったが、
2戦2勝の負けなしのブランボヌール、
牡馬相手のオープン戦を勝ったメイショウスイヅキ、
クラシック候補のシルバーステートに勝ったアドマイヤリードが出走するので、
ファンタジーステークスもレベルが高いレースになりました。

素質馬が多く出走するので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

みやこステークスはチャンピオンズカップの重要なステップレースです。
トップクラスは11月3日のJBCクラシックに出走するので、
みやこステークスは第二グループのメンツになり、
登録が12頭だけで最終的に10頭立てになりそうです。

チャンピオンズカップの前哨戦だがこの少頭数では勝負できないので、
みやこステークスは配信しません。
有力馬の調教分析はやっているので勝負したい会員様は参考にして下さい。


アルゼンチン共和国杯は今年で53回の伝統あるG2重賞だが、
今年はローカルハンデ戦のような弱メンツになりました。

昔はスクリーンヒーローがこのレースを勝ち次走のジャパンカップも制し、
トーセンジョーダン、トレイルブレイザーが勝ってその後に出世したが、
今年は先々が楽しみな馬が少なくゴールドアクター、レーヴミストラルしかいません。

ゴールドアクターに人気が集まるが前2走は相手がかなり弱く、
菊花賞で3着だが2着サウンズオブアースから、
0.6秒も離されているので成績はたいした事ないのです。

デキ一つで着順が入れ替わりそうなメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

京王杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はオデュッセウス、サイモンゼーレ、
ボーダレス、ボールライトニング、モーゼスの5頭、
ファンタジーステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤリード、ウインミレーユ、
ピュアコンチェルト、メイショウスイヅキ、ワントゥワンの5頭、
みやこステークスの有力馬の調教分析はクリノスターオー、
ソロル、モンドクラッセ、ローマンレジェンドの4頭、
アルゼンチン共和国杯の有力馬の調教分析はサトノノブレス、ヒラボクディープ、
マイネルフロスト、レコンダイト、レーヴミストラルの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月1日の23時以降に確認して下さい。

京王杯2歳ステークスの有力馬シャドウアプローチ、
ファンタジーステークスの有力馬ブランボヌール、
みやこステークスの有力馬ダノンリバティ、
アルゼンチン共和国杯の有力馬ゴールドアクターの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

京王杯2歳ステークス、ファンタジーステークス、アルゼンチン共和国杯の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は11月5日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR