危険馬を消して神戸新聞杯、オールカマーを完全的中

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1パックの早割りを開始しました。
早割りの締め切りは9月30日までになります。
年末の有馬記念までのG1レース11戦と、
JBCや東京大賞典の指定交流G1レースを、
数鞍は配信するので合計で13、14戦くらいになります。


昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の秋G1レースも調教分析をしっかりして、
良い成績を残したいと思います。

秋のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の7月28日から今年の9月27日までの
26ヶ月間の勝負レースの成績 回収率118.3%


9月27日
中山11R 勝負レース オールカマー 3連複5030円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”マリアライト、サトノノブレスは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 神戸新聞杯 3連複5170円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”キロハナ、マッサビエルは“完全消し”

9月21日
中山9R 3連複2210円
調教抜群鉄板軸馬ベストドリームが3着

9月20日
中山9R 3連複1110円
調教抜群鉄板軸馬ウインオリアートが1着

9月19日
阪神12R 3連複13250円
調教抜群鉄板軸馬ハニードントが3着

中山9R 3連複2940円
調教抜群鉄板軸馬メイショウメイゲツが3着

先週から秋のG1パックの早割りを開始しましたが、
多数の申し込みがあり当方の調教分析に期待されている方が、
大勢いらっしゃる事を改めて知ることになりました。
早割りの締め切りは9月30日なので、
まだ手続きをされていない方はお早めにお願いします。


年末の有馬記念までのG1レース11戦と、
JBCや東京大賞典の指定交流G1レースを、
数鞍は配信するので合計で13、14戦くらいになります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の秋G1レースも調教分析を入念にして好成績を残したいと思います。

今週の的中は勝負レースの神戸新聞杯、オールカマーの2レースでした。

神戸新聞杯の軸馬候補はリアルスティール、トーセンバジルだったが、
昨日、今日の阪神の馬場を判断してリアルスティールを鉄板軸馬にしました。
リアルスティールは断然の1番人気で人気馬を消さないと儲からないので、
“危険な人気馬”キロハナ、マッサビエルを“完全消し”にしたが、
2頭ともやはりデキが悪かったのか見せ場なく13着、14着に大敗しました。

“激アツ馬”バイガエシがトーセンバジルに交わされ4着に沈んだ事は残念だが、
会員様にデキ落ちで危険だと伝えていた人気のキロハナ、マッサビエルを、
“完全消し”にしたので内容のある的中になりました。

オールカマーは鉄板軸馬ショウナンパンドラが豪快に突き抜け優勝しました。
2枠3番に入ったので宝塚記念、秋華賞のように内差しをすると思っていたが、
池添騎手は4角で外にだし1頭だけ次元の違う末脚で快勝しました。
強い牡馬が少なかったが混合戦で横綱相撲で楽勝したので、
ショウナンパンドラは一皮むけ完全に本格化したと言っていいでしょう。
次走の予定はエリザベス女王杯だったがこのような競馬ができたので、
王道路線の秋天皇賞にいって強い牡馬と戦って欲しいです。

神戸新聞杯と同じでオールカマーでもデキ落ちの“危険な人気馬”マリアライト、
サトノノブレスを“完全消し”にしたが2頭とも見せ場なく惨敗しました。
先週に万馬券を的中させ神戸新聞杯、オールカマーを的中させ、
調子はうなぎ登りで“危険な人気馬”の見極めもできているので、
来週から始まる秋のG1シリーズが楽しみになりました。

来週はチャンピオンズカップを目指すダート馬が揃ったシリウスステークス、
秋のG1シリーズ初戦のスプリンターズステークスです。

毎年そうだがシリウスステークスは手薄なメンツになります。
10月6日に金沢で白山大賞典、10月7日に船橋で日本テレビ杯、
10月12日に盛岡で南部杯があるのでダート実力馬が分散するのです。

シリウスステークスの1着賞金は3500万円だが、
日本テレビ杯は3200万円、南部杯は4500万円あり、
シリウスステークスはハンデ戦で重賞実績がある馬は重いハンデになるので、
地方交流重賞に流れてしまうのは当然です。

12月のチャンピオンズカップに外国馬の参戦があるのか、
現時点では判らないがダートで覚醒した上り馬のダノンリバティ、
ランウェイワルツなどはここで賞金を加算できないと出走できません。

出走馬のほとんどはメイチの仕上げをして賞金加算したいはずなので、
デキが上昇している馬、下降している馬をしっかり見極めて勝負しましょう。

スプリンターズステークスは混戦なのでアツイ戦いになるでしょう。

春の高松宮記念は上り馬が少ないメンツだったが、
不振から抜けだしたベルカント、1200m戦で新境地を見つけたウリウリ、
春までノーマークの存在だったウキヨノカゼ、アクティブミノルといった、
底を見せていない新星が現れたので高松宮記念よりレベルは上がりました。

上り馬のビッグアーサー、ベステゲシェンクが除外になってしまった事が残念だが、
実績上位のハクサンムーンが前哨戦のセントウルステークスで惨敗してしまい、
コパノリチャードは今年の3戦すべて馬券の対象から外れて、
高松宮記念で2着のミッキーアイルは安田記念からの直行なので、
新旧の世代交代が起こるかもしれません。
しかし、トリッキーなコースの中山は勢いだけでは勝てないので、
近走は不振だが経験豊富な実績馬の巻き返しもありそうです。

デキ一つで着順が大きく替わりそうなメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

シリウスステークスの有力馬の調教分析はアウォーディー、ナムラビクター、
ニホンピロアワーズ、マルカプレジオ、ランウェイワルツの5頭、
スプリンターズステークスの有力馬の調教分析はアクティブミノル、ウリウリ、
コパノリチャード、ストレイトガール、ティーハーフ、ハクサンムーン、ベルカントの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日9月27日の23時以降に確認して下さい。

シリウスステークスの有力馬ダノンリバティ、
スプリンターズステークスの有力馬ミッキーアイルの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

シリウスステークス、スプリンターズステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は10月1日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR