今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の7月28日から今年の8月23日までの
25ヶ月間の勝負レースの成績 回収率120.2%


8月23日
小倉11R 勝負レース 北九州記念 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬ビッグアーサーが2着

8月1日
札幌12R 3連複9860円
調教抜群鉄板軸馬ラルプデュエズが2着

7月26日
福島12R 3連複12090円
調教抜群鉄板軸馬ダイワベスパーが1着

函館11R 勝負レース 函館2歳ステークス 3連複9610円
調教抜群鉄板軸馬ブランボヌールが1着
事前公開の“危険な人気馬”オデュッセウスは“完全消し”

7月18日
福島12R 3連複3970円
調教抜群鉄板軸馬レインボーラヴラヴが3着


6月は24戦9勝 回収率165.6%

7月は24戦6勝 回収率115.3%


今週は勝負レースの北九州記念の的中だけになりました。
先週と同じで相手筆頭の“激アツ馬”が結果をだしたのに、
軸馬が不発で好配当の的中できずスミマセンでした。

札幌記念は鉄板軸馬ラストインパクトが6着に沈んでしまいました。
軸候補はラストインパクト、ディサイファの2頭だけで、
2択ミスでラストインパクトを軸にしてしまいディサイファが勝ったが、
ヒットザターゲット、ダービーフィズを消していたので、
ディサイファを鉄板軸馬にしても的中できませんでした。

ラストインパクトは過去最高の馬体重の500kだったので、
追ってから弾けなかったのだろうが前2走と違い前に行けて、
自分から仕掛けて前を捕まえにいく競馬ができたのは収穫なので、
次走の京都大賞典では良い結果がでるでしょう。

北九州記念は鉄板軸馬ビッグアーサーが2着になり的中できました。
ビッグアーサーはベルカントに0.2秒離されてしまう2着で、
初めて負けてしまったが展開のアヤで力負けではなく上々の内容でした。
ニザエモンとメイショウツガルがハナ争いをして速い展開になったが、
この2頭以外は流れが落ち着いて4角入り口で、
ベルカントに勝って下さいという隊列になってしまいました。
ビッグアーサーは外からベルルミエールが差してきたのに突き放して、
交わされず2着を死守してベルカントに詰め寄ったので、
5連勝してオープン入りしたのはマグレではない事を証明しました。
今のままではスプリンターズステークスの出走は微妙だが、
流れが速くなる中山は合いそうなので出走できれば天下を取るかもしれません。

来週はサマースプリント5戦目のキーンランドカップ、
2歳マイル重賞の新潟2歳ステークスです。

キーンランドカップは函館スプリントステークスで、
豪快な追い込みを決めて楽勝したティーハーフ、
函館スプリントは不利があり何もできなかったローブティサージュ、
UHB賞で最速上りを使い結果をだしたレッドオーヴァル、
上り馬オメガヴェンデッタ、エポワスが激突するのでアツイ戦いになりそうです。

今日の北九州記念でベルカントが勝ちポイントが20点になったので、
ティーハーフは勝って10点を取らないと厳しくなりました。
目標はスプリンターズステークスだがサマースプリント王を取るために、
後先を考えずメイチの仕上げで出走してくるでしょう。

上り馬オメガヴェンデッタ、エポワスも今のままでは、
スプリンターズステークスの出走が微妙な賞金なので、
ティーハーフと同じで全力でこのレースを取りにくるはずです。

目標は違うがメイチの仕上げをして出走する馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

新潟2歳ステークスは大物が不在で出走馬の質は低いです。

未勝利戦を好時計で勝ちクラシック候補のシルバーステートを、
新馬戦で負かしたアドマイヤリードが出走予定だったが、
7月末に肺炎を患ってしまい回避が発表されました。
肺炎はすぐに治り出走できない状態ではないが、
来年で引退を迎える松田博厩舎の最後の大物で、
ハープスターと同じくらい期待している素質馬なので、
新潟2歳ステークスを無理して使わず休ませました。

今年の新潟2歳ステークスは例年より質が低いメンツになったが、
新馬戦の勝ちっぷりが良かったロードクエスト、ヒプノティストがいて、
前日のダリア賞より速い時計で勝ったプリンシパルスターもいるので、
アツイ戦いになるのは確実です。

実力差がほとんどない混戦なので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

キーンランドカップの有力馬の調教分析はエポワス、オメガヴェンデッタ、
レッドオーヴァル、レンイングランド、ローブティサージュの5頭、
新潟2歳ステークスの有力馬の調教分析はウインミレーユ、カネノイロ、
ヒプノティスト、プリンシパルスター、ペルソナリテ、ルグランフリソンの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日8月23日の23時以降に確認して下さい。

キーンランドカップの有力馬ティーハーフ、
新潟2歳ステークスの有力馬ロードクエストの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

キーンランドカップ、新潟2歳ステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は8月27日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR