今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の7月28日から今年の8月2日までの
24ヶ月間の勝負レースの成績 回収率122.2%


8月1日
札幌12R 3連複9860円
調教抜群鉄板軸馬ラルプデュエズが2着

7月26日
福島12R 3連複12090円
調教抜群鉄板軸馬ダイワベスパーが1着

函館11R 勝負レース 函館2歳ステークス 3連複9610円
調教抜群鉄板軸馬ブランボヌールが1着
事前公開の“危険な人気馬”オデュッセウスは“完全消し”

7月18日
福島12R 3連複3970円
調教抜群鉄板軸馬レインボーラヴラヴが3着

7月12日
中京11R 勝負レース プロキオンステークス 3連複10480円
調教抜群鉄板軸馬で“激アツ馬”のキョウワダッフィーが3着
事前公開の“危険な人気馬”ワイドバッハは“完全消し”

函館11R 3連複2960円
調教抜群鉄板軸馬ヒラボクプリンスが2着

6月は24戦9勝 回収率165.6%

7月は24戦6勝 回収率115.3%


今週はアイビスサマーダッシュを外して6戦1勝だったが、
土曜日の札幌12Rで3連複9860円が的中できたのでプラス回収できました。

土曜日の札幌12Rは的中できたが超惜しい結果で、
11番人気のディープストーリーがハナ、ハナ差の5着でした。
3着に上がっていれば3連複44870円が的中できていたので、
紙一重で好配当が逃げてしまいました。

アイビスサマーダッシュは鉄板軸馬レンイングランドが8着に負けてしまいました。
レンイングランドは好スタートからいい感じで先行して、
弾けそうな勢いがあったがゴールの50mくらい手前から失速してしまいました。
輸送があったのに馬体重が14kも増えてしまい、
馬体重増の影響があったのかもしれないが、
デキは良かったはずなので明確な敗因が判らない結果になってしまいました。

来週はサマー2000の3戦目の小倉記念、
3歳ダート重賞のレパードステークスです。

小倉記念は手薄なメンツになりました。
サマー2000の1戦目の七夕賞の勝ち馬グランデッツァは休養に入り、
2着ステラウインドは4戦目の札幌記念に向かい、
2戦目の函館記念の勝ち馬ダービーフィズも札幌記念なので、
小倉記念は条件馬でも出走できるくらいのメンツになってしまいました。

実績上位はメイショウナルトだが57kのハンデだった七夕賞で、
マデイラに先着される4着だったので夏馬だが昨年の勢いはありません。
過去の実績だけのオープン馬がほとんどなので、
3歳のベルーフ、勢いがあるウインプリメーラ、
格下の1600万下のマローブルー、アズマシャトルが人気になるが、
どの馬も小倉が初めてで小回り向きではないので信頼性は低いです。

デキ一つで着順が替わりそうなメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

レパードステークスは小倉記念と違い凄いメンツになりました。

3歳ダートの実力馬はユニコーンステークスやジャパンダートダービーを使い、
秋まで休養するのが普通だがジャパンダートダービーで2着のクロスクリーガー、
ユニコーンステークスは惨敗だったがゴールデンバローズ、
2着ノボバカラ、3着アルタイルが出走します。
今年で7年目で歴史が浅いが今年のような実力馬が揃ったのは、
トランセンド、シルクメビウス、スーニが出走した初年度以来になります。

強豪が多いがクロスクリーガー、ゴールデンバローズの2強に人気が集中するでしょう。
2頭ともノンコノユメに完敗していて現時点で3歳ダートでNO.2の存在だが、
天敵がいないので今後のためにこのレースで賞金を加算したいはずです。

クロスクリーガーはジャパンダートダービーでノンコノユメに0.5秒差、
ゴールデンバローズはユニコーンステークスでに0.8秒差をつけられました。
距離、競馬場は違うがこの差を見るとクロスクリーガーの方が上だが、
2月のヒヤシンスステークスでゴールデンバローズはクロスクリーガーに、
0.6秒差をつけて圧勝しているので2頭の能力差はほとんどないでしょう。

しかし、2頭とも不安材料があります。
クロスクリーガーはユニコーンステークスをパスして、
ジャパンダートダービーでピークがくるように仕上がていたので上り目は薄く、
ゴールデンバローズはユニコーンステークスの惨敗が不可解で、
放牧から戻ってきてすぐに時計がだせず、
1週前もピリッとしなかったのでデキに疑問があります。

年内にオープン入りしそうな実力馬エクストラゴールドを破って、
古馬1000万下を勝ち上がったカラパナビーチがいて、
距離が伸びて良さそうなアルタイル、ノボバカラという実力馬もいるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

小倉記念の有力馬の調教分析はアズマシャトル、ウインプリメーラ、
パッションダンス、マローブルー、メイショウナルトの5頭、
レパードステークスの有力馬の調教分析はアルタイル、カラパナビーチ、
ゴールデンバローズ、ディアドムス、ノボバカラ、ライドオンウインドの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日8月2日の23時以降に確認して下さい。

小倉記念の有力馬ベルーフ、
レパードステークスの有力馬クロスクリーガーの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

小倉記念、レパードステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は8月6日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR