今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の7月28日から今年の6月28日までの
23ヶ月間の勝負レースの成績 回収率120.1%


6月28日
阪神9R 3連複7400円
調教抜群鉄板軸馬ヴィクタームライムが1着

6月27日
函館11R 3連複1900円
調教抜群鉄板軸馬ソロルが3着

6月14日
東京11R 勝負レース エプソムカップ 3連複790円
調教抜群鉄板軸馬エイシンヒカリが1着

阪神9R 三田特別 3連複1780円
調教抜群鉄板軸馬シホウが2着

6月13日
阪神12R 3連複5730円
調教抜群鉄板軸馬トーセンデュークが1着

6月7日
東京12R 三浦特別 3連複3450円
調教抜群鉄板軸馬ハコダテナイトが3着

東京10R 由比ヶ浜特別 3連複23280円
調教抜群鉄板軸馬アイラインが1着
相手筆頭の“激アツ馬”クリノタカラチャンが3着

6月は24戦9勝 回収率165.6%

今週は土曜日に函館11R、日曜日に阪神9Rを的中させ
なんとか回収率は100%超えになったが、
宝塚記念で悔しい外し方をしたのであまり喜べません。

宝塚記念は事前公開していた“激アツ馬”デニムアンドルビーが2着だったが、
軸馬のラキシスが勝負所からまったく弾けず的中を逃してしまいました。

宝塚記念に鉄板と言える馬がいないと会員様に事前に伝えました。
軸馬候補はラキシスが最有力で次点がゴールドシップでした。
ラキシスは木曜日の時点で馬体重が14kも増えていて、
当日がまた増えていれば軸にしないかもしれないと会員様に伝えたが、
当日は前走から10k増でできました。
この馬体重を見て次点のゴールドシップを繰り上げて軸にするか迷いましたが、
やっぱり当日の調教で格下馬に先着できなかった事が不満だったので、
馬体重増は大きなマイナスだがラキシスを軸にしました。

ゴールドシップはデキがどうのこうのよりレースをしなかったが、
ラキシスはスローペースなのに前に行けなかったので、
やはり馬体重増の影響があったのでしょう。

事前公開の“激アツ馬”だった10番人気デニムアンドルビーが2着で、
“危険な人気馬”ヌーヴォレコルトをバッサリ切り捨てたのは正しかったのに、
ラキシスが走ってくれない結果になってしまいスミマセンでした。

今週で今年の半分が終わったが6月は万馬券の的中が2本あり、
回収率は165.6%と大きくプラスにでき、
良い形で上半期を締めくくる事ができました。
7月以降の下半期も良い成績がだせるよう、
しっかり調教分析をして会員様に良い提供をしていきます。

来週はサマースプリント2戦目のCBC賞、
3歳ハンデ戦のラジオNIKKEI賞です。

先日の函館スプリントステークスは別定戦だったので、
コパノリチャードが58k、アンバルブライベンが56kの重い斤量になったが、
サマースプリント2戦目のCBC賞はハンデ戦なので、
よほどの実績がない限り重いハンデになる馬はいません。

実績上位はウリウリ、レッドオーヴァルの牝馬で人気になるでしょう。
ウリウリ、レッドオーヴァルは過去の実績を考えると、
2頭ともハンデは重くても55.5kなので斤量泣きする事はないでしょう。
重賞で崩れなくなったサドンストームがトップハンデになりそうだが、
重くても57kなので斤量は問題ありません。

上記の3頭が有力だがまだ短距離で底を見せていない、
上り馬のベステゲシェンク、ダンスディレクターがいて、
軽ハンデ確実の3歳ジャストドゥイングがいて一筋縄ではいかないメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

ラジオNIKKEI賞はアツイ戦いになりそうです。
最近のこのレースにバリバリのオープン馬の出走はあまりなかったが、
今年はアンビシャス、アッシュゴールドが登録してきました。
アンビシャスは57k、アッシュゴールドは56kの重いハンデになりそうで、
小回り向きの脚質ではないのでこの2頭の実績が抜けているが、
オープン実績がない軽ハンデの格下馬にも勝機はありそうです。

格下馬では堀厩舎の秘密兵器キャンベルジュニア、レアリスタに注目が集まります。
同厩舎に大物のドゥラメンテ、サトノクラウンがクラッシック路線にいて、
キャンベルジュニアは南半球産の遅産まれで、
レアリスタは体質が弱くてデビューが遅れたが、
2戦2勝の負けなしで素質は一級品なので、
小回り向きではないが不気味な存在です。

ハンデ戦デキ一つで着順が入れ替わると見ているので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

CBC賞の有力馬の調教分析はウリウリ、ジャストドゥイング、
ダンスディレクター、ベステゲシェンク、レッドオーヴァルの5頭、
ラジオNIKKEI賞の有力馬の調教分析はアッシュゴールド、キャンベルジュニア、
ストリートキャップ、ナヴィオン、ミュゼゴースト、レアリスタの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日6月28日の23時以降に確認して下さい。

CBC賞の有力馬サドンストーム、
ラジオNIKKEI賞の有力馬アンビシャスの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

CBC賞、ラジオNIKKEI賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は7月2日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR