今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の5月17日までの
21ヶ月間の勝負レースの成績 回収率125.0%


5月16日
東京11R 勝負レース 京王杯スプリングカップ 3連複16010円
調教抜群鉄板軸馬サクラゴスペルが1着
デキ落ちのクラリティシチーは“完全消し”

5月2日
東京11R 勝負レース 青葉賞 3連複2920円
調教抜群鉄板軸馬タンタアレグリアが2着

4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

今週は勝負レースだった京王杯スプリングカップの的中だけでした。
紐抜けが1レースあり縦目が3レースあり、
相手の抜擢は間違っていなかったが軸馬の選別が間違っていました。

日曜日の京都10Rを的中できなかった事に悔いが残ります。
相手筆頭の“激アツ馬”シングウィズジョイが1着で、
同じくデキが良くて2頭目の相手だったマジックシャトルが3着だったが、
軸馬ムーンエクスプレスが沈んでしまい縦目になってしまいました。
日曜日の新潟11Rでも“激アツ馬”シルクブルックリンが3着だったが、
軸馬レッドオーラムが5着になり縦目になりました。
京王杯スプリングカップで万馬券が取れたが悔いが残る2日間でした。

京王杯スプリングカップは鉄板軸馬サクラゴスペルが1着になり、
3連複16010円の好配当を的中させました。
2着のヴァンセンヌも会員様に事前に伝えていた軸馬候補で、
3着のオメガヴェンデッタはデキが良く2頭目の相手で、
デキ落ちのクラリティシチーは“完全消し”にしていたので、
当方の調教分析がほぼ完璧だった気持ちの良い的中になりました。

ヴィクトリアマイルは鉄板軸馬レッドリヴェールが4着で外してしまいました。
もしレッドリヴェールが3着に上がっていても、
ストレイトガール、ケイアイエレガントが抜けだったので的中できませんでした。
それにしても大逃げのミナレットがなぜ粘り切ったのか理解不能です。
調教で目立った動きはしていなかったのに、
なぜあのようなハイラップで飛ばして残れたのかいまだに判りません。

来週はダート重賞の平安ステークス、優駿牝馬オークスです。

平安ステークスは6月24日の大井の帝王賞を目指すダート巧者が揃いました。
帝王賞のJRAの出走枠は6頭です。
コパノリッキーが骨折で休養中でベストウォーリアは回避が濃厚なので、
現時点の帝王賞の出走が確定しているのはホッコータルマエ、ワンダーアキュート、
ローマンレジェンドの3頭でソリタリーキング、インカンテーションが、
出走を表明するとクリノスターオー、ナムラビクターは微妙になり、
アジアエクスプレスは賞金が半減になるので今のままでは出走は不可能です。
賞金を掴みたい馬と出走するレースがなく出てくる馬が混在しているので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

オークスは確固たる主役がいないのでアツイ戦いになりそうです。
3歳牝馬路線はルージュバックの前評判が高くて、
桜花賞、オークスの2冠を制して秋は凱旋門賞という、
壮大なプランがでていたが初戦の桜花賞で9着に負けてしまいました。
ペースの遅さに泣いたのはあるが大敗だったので、
3歳牝馬路線は一転して群雄割拠の混戦になりました。
オークスでもルージュバック1番人気になりそうだが、
桜花賞後にミニ放牧にだされ戻ってきたのが5月12日で、
調教をやったのは5月16日の1本しかありません。
14日に初時計をだしその後は17日にやり、
直前を入れて3本やるのが普通なのに、
初時計が16日なので2本の調教だけで出走する事になります。
このような生ぬるい調教過程でG1を勝った馬は記憶にないので、
負ければ調教師はボロカスの非難を浴びる事になるでしょう。
デキ一つで着順が入れ替わると見ているので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

平安ステークスの有力馬の調教分析はアジアエクスプレス、クリノスターオー、
ナムラビクター、マイネルクロップ、ローマンレジェンドの5頭、
オークスの有力馬の調教分析はクルミナル、ココロノアイ、シングウィズジョイ、
ディアマイダーリン、マキシマムドバリ、ルージュバック、レッツゴードンキの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月17日の23時以降に確認して下さい。

平安ステークスの有力馬インカンテーション、
オークスの有力馬ミッキークイーンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

平安ステークス、オークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は5月21日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR